ライフ

さいとう・たかを氏の最後の肉声「ゴルゴの世界でコロナは描かない」

53年間走り続けた

53年間走り続けたさいとう・たかをさん

 日本の最長寿劇画『ゴルゴ13』作者のさいとう・たかをさんが亡くなった(享年84)。7月には単行本201巻が発売され、「最も発行巻数が多い単一漫画シリーズ」としてギネス世界記録に認定された同作は、湾岸戦争やイラク戦争など現実の時事問題を作品に反映させてきたが、さいとうさんが最後まで悩んだのが「コロナを描くかどうか」だった。

 本誌・週刊ポスト(2021年3月26日号)で、コロナと表現様式についてさいとうさんはこう語っていた。

〈『ゴルゴ13』ではキャラクターの喜怒哀楽を「目」で語らせていますから、デューク東郷がマスク姿になって口元の動きに変化がなくなったとしても問題はありません。彼に追い詰められたキャラクターの心の乱れや恐れも同様なので、マスクをするかどうかによって作品の魅力が落ちるとは思っていません。

 ですが、ゴルゴの世界にコロナを反映させるつもりはありません。

 劇画の世界観に「リアリティ」をどの程度持ち込むかは、作家それぞれの考え方だと思います。私個人としては、世の中に振り回されすぎずに読者と向き合いながら、今まで通りに淡々と創作していくつもりです〉

 また、さいとうさんはこの時、劇画に求められる倫理観についても持論を述べた。

〈最近はタバコを吸うシーンを描くことなどに対して「倫理的によろしくない」という風潮もあります。今後こうした動きが行きすぎて、「マスクをしていない姿を描くとはけしからん」などとなることには反対です。私は倫理観というのは誰かが押しつけるものではないと思っています。読む人に夢を与えるのが劇画の役割だと考えているので、『ゴルゴ13』を世間の目ばかり気にした作品にはしたくはないのです〉

『ゴルゴ13』は、今後もさいとう・プロダクションや脚本スタッフなどが協力し、連載を継続することが発表された。

 独自の美学を貫く孤高の狙撃手・ゴルゴ13の活躍がこれからも楽しみだ。

※週刊ポスト2021年10月15・22日号

関連キーワード

関連記事

トピックス