ライフ

八ヶ岳南麓天文台の「FM電波」地震予測 流れ星観測からスタートした

「FM電波」地震予測を発信する天文研究者の串田嘉男氏(写真/本人提供)

「FM電波」地震予測を発信する天文研究者の串田嘉男氏(写真/本人提供)

 もし地震がくることを事前に知ることができたら──そんな国民の願いを実現しようと日々奮闘する在野の研究者がいる。

 国内初の複数の周期彗星(一定の周期で太陽に近づく彗星)発見を果たし、1985年には山梨県北巨摩郡(現・北杜市)に日本初の民間の公開天文台「八ヶ岳南麓天文台」を開設した天文研究者・串田嘉男氏が地震予測を始めたのは「流れ星の観測」がきっかけだった。

「1993年夏に、FM電波を利用して流れ星をモニタリングする『流星電波観測』でペルセウス座流星群を観測していたら、通常とは異なる変動を発見しました。その数日後に北海道の奥尻島でM7.8の北海道南西沖地震が発生し、『あの変動は地震の予兆だったのでは』と直感したんです。

 その後、1995年1月の阪神・淡路大震災、同年5月27日の北サハリン地震(M7.6)の際も、地震の発生前に特徴的な変動を観測し、大地震の予兆を捉えることができました。そこで『地震は予測できるもの』と確信して、以降26年間、精力的に研究を続けています」(串田氏)

 現在、串田氏は極めて微弱な電波の変動も捉えることができるように調整したアナログ式のFM受信機を使用し、地震発生前に起きる変化をモニターしている。

「八ヶ岳南麓天文台にある18機の観測装置のほか、遠隔操作できる無人観測装置を秋田県横手市内に6機、高知県須崎市内に8機所有しています。

 それらを使って全国50局以上のFM放送局の電波を受信し、変動をモニタリングすることで予測の精度を高めています」(同前)

 受信機が捉えた電波の変動は、デジタル記録計で「線」(基線)として記録される。

「通常の基線は一定幅の動きを記録しますが、地震前兆の変動では、線にうねりや櫛歯状の突出変動などが現われます。こうした基線の変動をもとに、過去の例との比較や数式に当てはめるなどして地震の規模を推定しています。

 また、地震の前兆となる電波を発信した各地のFM放送局の位置と電波出力などから発生場所を推定し、変動の時間的変化などから、発生時期を導き出しています」(同前)

関連キーワード

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン