芸能

水川あさみ ベッキー、近藤春菜とコラボ計画「独立後も強い絆」

水川

ベッキー、近藤春菜と強い絆

 明石家さんま(66才)やマツコ・デラックス(48才)の暴走をなだめたり、鋭いツッコミを入れたり──仕切りと盛り上げの巧みさに、関係者の間からは「やっぱりスゴい!」と再評価する声が上がった。

 9月26日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)。さんまとマツコ、さらにゲストの木村拓哉(48才)という超大物を相手に、番組の進行を任されたのがハリセンボンの近藤春菜(38才)だった。

 2020年は「女性タレントのテレビ番組出演本数」(ニホンモニターが調査)で1位に輝いた春菜だが、この一年で彼女を取り巻く環境は大きく変わった。

 2019年末までに、デビュー以来所属していた吉本興業とエージェント契約に移行。個人事業主として吉本から仕事を請け負う形となったが、2021年に入ってレギュラー番組が減少するなど、不遇続き。フワちゃん(27才)や3時のヒロインなど、旬の女芸人たちの台頭もあり、2021年上半期は前述の「テレビ番組出演本数」が上位5位にも入らず、急降下してしまったのだ。

「そんな春菜さんが心の支えにしているのが、プライベートでも親交のある女優の水川あさみさん(38才)です。水川さんは2016年に所属事務所から独立した、いわばフリーの先輩で、独立後もドラマや舞台のオファーが途切れていない。春菜さんは仕事上の悩みも全部水川さんに相談しているとか」(春菜の知人)

 いま、水川の周辺ではある計画が進行中なのだという。

「水川さんを中心に、春菜さん、ベッキーさん(37才)らがコラボする計画が進んでいるようなんです。既にベッキーさんと関わりが深い事務所と春菜さんが“提携している”という報道もされていましたが、かねてから仲が良かった3人が新たに行動を共にする機会があるかもしれません」(芸能関係者)

 ベッキーといえば、この8月に23年間在籍したサンミュージックを突然退所、業務提携関係となって話題を呼んだ。

「不倫騒動の後も事務所はベッキーさんのために奔走していました。やっと仕事が増えてきたタイミングでの退所ですからね……。周囲では驚きの声が上がりました」(別の芸能関係者)

 その陰にも水川の存在があったと噂されている。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
福岡国際マラソンでは早大、エスビー時代を通じて優勝4度(写真は1983年/時事通信フォト)
瀬古利彦、恩師・中村清監督との衝撃の出会い「砂を掴み、むしゃむしゃと食べ始めた」
週刊ポスト
プロレス総選挙
今回は「プロレス総選挙」 なぜテレ朝は『○○総選挙』を放送し続けるのか
NEWSポストセブン
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン