近藤春菜一覧

【近藤春菜】に関するニュースを集めたページです。

水川あさみ ベッキー、近藤春菜とコラボ計画「独立後も強い絆」
水川あさみ ベッキー、近藤春菜とコラボ計画「独立後も強い絆」
 明石家さんま(66才)やマツコ・デラックス(48才)の暴走をなだめたり、鋭いツッコミを入れたり──仕切りと盛り上げの巧みさに、関係者の間からは「やっぱりスゴい!」と再評価する声が上がった。 9月26日放送の『週刊さんまとマツコ』(TBS系)。さんまとマツコ、さらにゲストの木村拓哉(48才)という超大物を相手に、番組の進行を任されたのがハリセンボンの近藤春菜(38才)だった。 2020年は「女性タレントのテレビ番組出演本数」(ニホンモニターが調査)で1位に輝いた春菜だが、この一年で彼女を取り巻く環境は大きく変わった。 2019年末までに、デビュー以来所属していた吉本興業とエージェント契約に移行。個人事業主として吉本から仕事を請け負う形となったが、2021年に入ってレギュラー番組が減少するなど、不遇続き。フワちゃん(27才)や3時のヒロインなど、旬の女芸人たちの台頭もあり、2021年上半期は前述の「テレビ番組出演本数」が上位5位にも入らず、急降下してしまったのだ。「そんな春菜さんが心の支えにしているのが、プライベートでも親交のある女優の水川あさみさん(38才)です。水川さんは2016年に所属事務所から独立した、いわばフリーの先輩で、独立後もドラマや舞台のオファーが途切れていない。春菜さんは仕事上の悩みも全部水川さんに相談しているとか」(春菜の知人) いま、水川の周辺ではある計画が進行中なのだという。「水川さんを中心に、春菜さん、ベッキーさん(37才)らがコラボする計画が進んでいるようなんです。既にベッキーさんと関わりが深い事務所と春菜さんが“提携している”という報道もされていましたが、かねてから仲が良かった3人が新たに行動を共にする機会があるかもしれません」(芸能関係者) ベッキーといえば、この8月に23年間在籍したサンミュージックを突然退所、業務提携関係となって話題を呼んだ。「不倫騒動の後も事務所はベッキーさんのために奔走していました。やっと仕事が増えてきたタイミングでの退所ですからね……。周囲では驚きの声が上がりました」(別の芸能関係者) その陰にも水川の存在があったと噂されている。「ベッキーさんが不倫報道で大バッシングを浴びていたときも、水川さんが中心になって、“励ます会”を催すなど、彼女を支え続けました。今回の独立も水川さんに助言を求めていたのかもしれません。 水川さんは同性から頼られるタイプ。自宅に友人を招いて手料理をふるまうことも多く、特に春菜さんは彼女のつくる料理のおいしさに感動していました。業界の事情にも詳しく、面倒見がいいので、みんな“水川さんと一緒に仕事がしたい”と思ってしまうんですよね」(前出・芸能関係者) それぞれ環境が変わっても、絆の強さは変わらないようだ。※女性セブン2021年10月14日号
2021.10.06 07:00
女性セブン
吉本興業との契約終了で加藤浩次のテレビ露出はどう変わる?
2つの新番組開始前に動いた『スッキリ』、エンタメ強度アップで対抗へ
 この春、各局の朝の情報番組がリニューアルされる予定だが、それよりも前に企画内容に“変化”があるのが『スッキリ』(日本テレビ系)だ。2月以降、エンタメコーナーを量産しているのだ。その狙いとは? コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。 * * * このところ、ハリセンボン・近藤春菜さんと水卜麻美アナの番組卒業、岩田絵里奈アナの抜てき、加藤浩次さんと吉本興業のエージェント契約終了など、何かと話題に挙がることの多い『スッキリ』(日本テレビ)。 出演者関連のキャッチーなニュースの裏で、ジワジワとエンタメ特集が強化されていることに気づかされます。下記、2~3月に放送された主なエンタメ特集を挙げていきましょう。 まず2月は、1日(月)俳優・戸塚純貴インタビュー、2日(火)MAMAMOOが韓国からリモート生出演、4日(木)18歳の新世代注目シンガー・崎山蒼志スタジオライブ、8日(月)Z世代ネクストブレイクアーティストのNOAとAyumu Imazu地上波初インタビュー、9日(火)ジョシュ・グローバンがアメリカからリモート生出演&パフォーマンス、11日(木)秦基博スタジオライブ、15日(月)ピアノ×ものまねで話題のまなまるスタジオライブ、16日(火)ダニエル・ラドクリフにウエンツ瑛士がリモートインタビュー、17日(水)加藤浩次×松坂桃李、はじめての本音対談SP、18日(木)星野源ソロ10周年SPインタビュー、19日(金)SixTONESスタジオライブ、22日(月)世界的インスタグラマーの子役・COCOが演技初挑戦、23日(火)星野源ソロ10周年SPインタビュー第2弾、韓国人俳優キム・ジェヒョン、スタジオ生出演、25日(木)ボカロP&歌い手特集。須田景凪とadoのスペシャルインタビューを放送。 2月に『スッキリ』が放送された計20日間でエンタメ特集がなかったのは、3日(水)、5日(金)、10日(水)、12日(金)、24日(水)、26日(金)の6日間だけでした。 3月に入るとエンタメ特集はさらにヒートアップ。1日(月)お笑いだけじゃない演歌第7世代特集、2日(火)SHINeeとアン・マリーが最新曲を日本のテレビ初披露、3日(水)J.Y.Park緊急インタビュー(NiziUの新曲トーク)、4日(木)Novelbrightスタジオライブ、5日(金)ファン歴18年の犬山紙子夫妻によるハロプロプレゼン、8日(月)ヒューマンビートボクサー・SO-SO特集、9日(火)グラミー賞直前SP。主要3部門ノミネートのデュア・リパ に単独インタビュー、11日(木)近藤春菜×工藤静香SP対談を放送。 放送がなかったのは、震災絡みの特集を組んだ10日(水)のみでした。また、3月4日の「差し入れの日」には、「人気俳優たちに聞く現場の絶品差し入れ」という特集が組まれ、菅野美穂さん、浜辺美波さん、竹内涼真さん、中条あやみさん、松下奈緒さんらが登場。グルメを中心に、このようなタレントやアーティストの登場するコーナーも目立ちます。 このほかにも、毎日9時50分前後から放送されている“天の声(山里亮太)”によるレギュラーエンタメコーナー「クイズッス」も健在。『スッキリ』のエンタメコーナーは、すでに情報番組のレベルを超えるほどの充実ぶりを見せていますが、なぜここまでこだわって強化しているのでしょうか。新番組スタート前の先制パンチに 昨春、視聴率調査がリニューアルされたことで、民放各局は商品購買行動が盛んでスポンサー受けのいい10~40代に向けた番組制作をはじめています。ただ日本テレビは例外で、他局に先がける形で10~40代に向けた番組制作を2010年代から進めていました。だから『スッキリ』はエンタメを筆頭に若年層や若い主婦向けのコーナーが多かったのです。 また、昨秋には「今、バズっている人、注目のニューカマーを紹介する」というコンセプトの『BUZZ-P』というコーナーを新設してエンタメ強度がアップ。さらに、冒頭に挙げた最近のエンタメコーナー量産は「もう一段階ギアを上げた」という印象があります。 エンタメ特集の内容に注目してみると、ネット上の流行に敏感であるほか、韓国アーティストの登場頻度が高いなど、10~20代の行動や嗜好に合わせたものが多く、「ウチはここまでやりますよ」という他局への先制パンチの意味合いがあるのかもしれません。長年、朝は若年層が「特に見たい番組がない」と不満をこぼす時間帯であり、日本テレビと『スッキリ』はその解消に向けて動いているようにも見えるのです。 さらに、もう1つ忘れてはいけないのが他局の動き。今春、『とくダネ!』に代わって『めざまし8』(フジテレビ系)、『グッとラック!』に代わって『ラヴィット!』がスタートします。 それぞれMCを務める谷原章介さん、麒麟・川島明さんは、ともに穏やかな印象と美声で女性からの好感度が高いだけに、『とくダネ!』『グッとラック!』以上に視聴者層がかぶりかねないライバル。『スッキリ』も同じ時期にMCの入れ替えがありますが、その前に「エンタメならウチ」と先手を打つ形で視聴者にアピールしているように見えるのです。 近江友里恵アナに代わって鈴木奈穂子アナがMCに就任する『あさイチ』(NHK)も含めて今春は8時台の番組が大きく動き、新たな局面に突入。『めざまし8』『ラヴィット!』『あさイチ』、どれもエンタメを扱う番組だけに、『スッキリ』が先行して差別化を図る理由がわかるのではないでしょうか。Nizi Projectに次ぐオーディション放送へ 最後に『スッキリ』のエンタメ強度アップを語る上で、もう1つ忘れてはいけないトピックスを紹介しておきましょう。 現在、番組公式ツイッターのトップには、3月1日のあるツイートが固定されています。それは、「【スッキリ新企画始動】2020年、Nizi Projectを応援してきたスッキリが2021年、新たな『オーディション企画』を始めます。世界を目指すボーイズグループ発掘オーディション 4月から放送スタート!内容などの続報は近日発表します」というツイート。『スッキリ』は昨春から昨夏にかけて『Nizi Project』を重点的に放送して若年層の視聴者を開拓したほか、エンタメフリークからの支持を獲得しました。この成功体験が現在のエンタメ強度アップにつながり、また新たなビッグプロジェクトに発展していくようなのです。 4月には新たなコメンテーターたちも起用されるようですが、その中にエンタメ関連の人材がいるかもしれませんし、『スッキリ』が新たな扉を開くことで、朝の情報番組を活性化させていくのではないでしょうか。【木村隆志】コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月30本前後のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演し、番組への情報提供も行っている。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。
2021.03.15 07:00
NEWSポストセブン
インスタグラマーとしても活躍
テレビ・CM出演数 朝の情報番組MCとインスタグラマー強し
 2019年も多くの芸能人たちがテレビの世界で大活躍をした。番組出演本数による『テレビ番組出演ランキング』(ニホンモニター調べ、2019年1~11月)によると、1位は国分太一、2位は設楽統、3位は博多大吉、4位は近藤春菜、5位は新井恵理那という結果になっている。 上位5人に共通しているのは、全員が朝の情報番組に出演しているということだ。WEBメディア評論家の落合正和さんは、朝の情報番組効果についてこう分析する。「朝はテレビを時計がわりにする人が多く、目に触れやすいため認知度が上がる。毎日見ていると好感度も上がる。すると人気が出て、別番組に起用される。そういったいいスパイラルが生じるのです」 このランキングには2019年らしさも感じると落合さんは言う。「2019年は台風や地震など自然災害が頻発しました。特にそうした時は、今回ランクインした人たちのような毒気のない、明るくさわやかなタイプが人気となります」 一方、『CM起用本数ランキング』(ニホンモニター調べ、2019年1~11月)では、16社の渡辺直美(32才)がトップ。続いて、12社の有村架純、広瀬すず、齋藤飛鳥、白石麻衣が2位だった。 1位の渡辺直美のインスタグラムのフォロワー数は約900万人で、国内屈指。芸能人の2位はローラ(29才)で、約600万人だという(2019年12月14日現在)。「芸能人インスタグラマーは『今日はCMの撮影でした』と投稿したり、新しいCMが公開になった時にその衣装を着た写真を投稿したり、CMに関する情報を積極的に載せます。そのため、スポンサーは認知度において相乗効果を狙えます。渡辺直美さんはとてつもない拡散力を持っています」(落合さん) 一人勝ちの状況は当分続きそうだ。※女性セブン2020年1月2・9日号 
2019.12.26 07:00
女性セブン
断った人たち(時事通信フォト)
桜を見る会と芸能人、ぼやく出席者と断って株あげた人々
「憲政史上最長の総理」となった安倍首相が国民に栄耀栄華を見せつけてきたのが盛大な「桜を見る会」だ。大勢の文化人、芸能人、タレント、アスリートが出席して花を添えたが、その“新宿御苑の花見”が各界に混乱を巻き起こしている。 政治家とタレントはどちらも名前を売ってナンボの世界。総理は「桜を見る会」に著名人を招待して話題づくりに利用し、呼ばれた側は「総理の招待」をステイタスアップに利用する。だから著名人は原則ノーギャラで出席してきたのだ。 だが、桜を見る会に批判が強まると、「参加したらイメージダウン」と見られるようになった。 各局の情報番組では桜を見る会に出席経験のあるタレントがまるで“針のむしろ”に座らされているように暗い顔で出演。『スッキリ』(日本テレビ系)では、お笑いコンビ「ハリセンボン」の近藤春菜が、「(招待状の)裏に安倍晋三と書かれて『すごいな』と思ったが、われわれもなんで呼んでいただいたんだろうねって思いながら……」と経緯を説明すると、父で俳優の高橋英樹とともに出席したことがあるフリーアナウンサーの高橋真麻は、「芸能人がいるエリアって食べ物も飲み物も置いていない」と明かした上で、「こっちのほうが朝から着付けして、メークしてお金がかかっている」と、苦笑い。“ボランティア”だったことを強調した。『サンデージャポン』(TBS系)でも、安倍首相主催の桜を見る会に2回出席して「懐柔された」と批判されたことがある爆笑問題の太田光がこう“ブチ切れ”て見せた。「直前に『安倍のバカヤロー』ってラジオで言ったんですよ。その時は安倍シンパの連中からギャアギャア言われて、その何日か後に桜を見る会行ってツーショットやったら、今度は安倍を許さないって方からギャアギャア言われて。オレ、本当に反社と総理大臣とだけは一緒に写真写るのはやめようと思ったくらい」◆「なぜあいつが呼ばれた」 対照的なのが桜を見る会を「欠席」したタレントだ。いまや芸能界では「安倍総理の招待を断わった」というのがステータスとなりつつある。 まだこの問題が発覚する前の今年4月、お笑いコンビ「千原兄弟」の千原ジュニアが、「桜を見る会みたいなんに今年も声かけてもうたんですけど、知らんおっさんと見たないわ、って断わったんです」と語っていたことが、ネットなどで評価され、“媚びない芸人”と株を上げた。『バイキング』(フジテレビ系)では、MCの坂上忍が一度出席したときの印象をこう語った。「これって政権与党のファンクラブの集いなの? ってちょっと思っちゃった。そうするとボクらの立ち位置って花を添える、悪く言ったら客寄せパンダみたいなもんで。(次の年は)お断わりしたんです」『おぎやはぎの「ブス」テレビ』(AbemaTV)でもこの話題に。お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼が、「俺たち招待状来たことないよな?」と問いかけると、相方の小木博明は「一回、お断わりしてるよ」と語り、「政治家NG」と不敵に笑って見せた。 タレントの石原良純も招待状をもらったが、「仕事で行ってない」(フジテレビ系『ワイドナショー』)と明かしている。 なんとコンサートで“出席拒否”を宣言したのが歌手の松山千春だ。全国ツアーの東京公演(11月13日)で、「桜を見る会の招待状は届いてますが、一度も出席したことはありません。総理主催は構わないけど、(総理の地元の)山口県の知り合いばかり集めてもなぁ」※週刊ポスト2019年12月6日号
2019.11.25 16:00
週刊ポスト
これまで松本との間には大きな溝が…
ナイナイ岡村隆史 松本人志との会談を求めたことの衝撃
 雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)、ロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)らが、所属する吉本興業を通さず仕事をしてギャラを受け取る「闇営業」を行ったことから始まった吉本問題。 7月20日に宮迫と亮が会見し、吉本の岡本昭彦社長(52才)から「俺にはお前ら全員をクビにする力がある」などのパワハラ発言を受けたことを暴露すると、世間の関心は闇営業から「吉本興業という会社」そのものに移った。 まず吉本問題の核心をえぐり出したのは『スッキリ』(日本テレビ系)でMCを務める極楽とんぼの加藤浩次(50才)だった。 共にダウンタウン・松本人志(55才)のマネジャーも務め、松本派といわれる大崎洋会長(66才)と岡本社長のワンマン体制を否定し、こう発言した。「大崎さん、岡本さん、この2人をみんなが怖がっている」「松本さんにとっては(大崎さんと岡本さんは)ずっと一緒にやってきた同志だと思う。(中略)でも今の岡本社長、そして大崎会長の体制が続くんだったら、ぼくは吉本興業を辞める」 一連の経営陣批判は「加藤の乱」と呼ばれ、一気に緊張が高まった。「表面的には経営陣vs加藤浩次に見えましたが、その背景には根深い問題がある。つまり吉本の主流派vs非主流派。もっといえば、松本軍団vsナインティナイン・岡村隆史さん(49才)率いるめちゃイケ軍団という対立構図があるともいえます」(芸能関係者) 加藤の味方は多い。「銀座7丁目劇場」で下積み時代を過ごした芸人たち、そして大阪出身ではない後輩芸人たちだ。「加藤派というのがあるとしたら、ロンブーの2人をはじめ、同じく北海道出身のタカアンドトシや平成ノブシコブシの吉村崇(39才)、『スッキリ』で共演するハリセンボン近藤春菜(36才)などがいます。 でもいちばんの味方は岡村さんでしょう。デビュー当初こそライバルで意識し合っていたこともあるけど、『めちゃイケ』での共演を経て、お互いそんなことを口に出すタイプではないですが、今では親友の域に達していると思いますよ」(テレビ局関係者) 騒動渦中の7月20日、加藤はキングコングの梶原雄太(38才)が運営するYouTubeチャンネル『カジサックの部屋』にゲスト出演し、岡村との関係を明かしていた。 1996年に『めちゃイケ』が始まった当初、番組はあくまでナイナイ中心で、極楽とんぼの出番はごく一部だったという。「なんで岡村ばっかり」というジレンマを抱える毎日だったが岡村の仕事に対する態度を見て評価が変わったという。「若い頃の加藤さんは芸人風に徹夜で遊んで二日酔いのまま現場に向かっていたそうです。すると、どんな場面でも必ず一生懸命な岡村さんがいる。誰よりも必死にボケて、毎回いちばん必死な岡村さんを見て、加藤さんも現場に対する考えが変わったと語っていました。この時期にこのタイミングで岡村さんのことを“とんでもなくカッコイイ”と公言したのですから、加藤さんと岡村さんがしっかりつながっているという意思表示に感じられました」(前出・芸能関係者)◆会見後すぐにさんまに相談 加藤の発言を受けたのか、7月25日に放送されたラジオ『岡村隆史のオールナイトニッポン』(ニッポン放送)で、岡村は番組開始から30分にわたって一連の騒動に言及した。そこでは、会見の前日に宮迫から連絡があって「(相方の)蛍原(徹・51才)を頼む」と告げられたことや、会見後に明石家さんま(64才)に電話で相談したことが明かされた。 岡村の動きを吉本関係者は複雑な思いで見ていたという。「長らく松本派と見られていた宮迫さんですが、会見前にいちばん大切な相方を頼むと電話した相手は岡村さんなんだと…。その岡村さんがいの一番に相談したのはさんまさん。岡村さんは真面目で寡黙な性格で知られ、一時はメンタルを患って芸能活動を休んだほどですが、今回の件では自ら周囲に連絡をとるなど積極的に動いていた。それでもやっぱり松本さんには連絡をとれなかったんでしょう。本当に吉本大分裂の危機だと感じました」(吉本関係者) これまで岡村と松本の間には深く大きな溝があった。「ナイナイがデビューしたのは、ダウンタウンの全盛期。当時はダウンタウンに認められることが、スターへの近道でした。実際、今田耕司さん(53才)や東野幸治さん(51才)、ココリコらはダウンタウンとの共演をきっかけにして人気者になりました。彼らは松本さんには頭が上がらないはずです」(前出・吉本関係者) 松本の影響力に加え、吉本経営陣の大崎・岡本のラインは過去に数々の軋轢を生んだ。「吉本における松本さんの存在感は別格です。吉本幹部が松本さんに忖度することは珍しくない。以前、タカアンドトシが日本武道館で単独ライブをしようとしたら、『武道館でライブをやったのは松本さんだけだから』との理由で上層部がストップをかけた話は有名です」(前出・吉本関係者) その松本に“睨まれた”のが、岡村だった。「東京に出てブレークしたナイナイに松本さんは厳しかった。1994年に発売された松本さんの著書『遺書』の中でも『ナインティナインはダウンタウンのチンカス』と酷評されています。岡村さんは、それから松本さんを怖がり、避けるようになりました」(前出・吉本関係者)「岡村もしゃべりたいと言ってくれている」。7月28日に放送された『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、松本は岡村から“会談”を持ちかけられたことを明かした。これまでの経緯があったからこそ、岡村が松本とのコンタクトを求めたことに、衝撃を受ける関係者も多かった。※女性セブン2019年8月15日号
2019.08.02 16:00
女性セブン
7月22日に会見を開いた吉本の岡本社長(撮影/木村圭司)
吉本興業 かつては暴力団と切れない関係、スキを狙う反社
「おまえら、テープ回してないやろな」「ほんなら全員連帯責任でクビにするからな」「おれにはおまえら全員クビにする力がある」 7月20日、雨上がり決死隊の宮迫博之(49才)が謝罪会見で、吉本興業の岡本昭彦社長(52才)のパワハラ発言を暴露すると、それまでの「闇営業」問題はどこかへ吹っ飛んでいき、関心は一気に「吉本興業という会社」へと移る。 21日、ダウンタウンの松本人志(55才)が『ワイドナショー』(フジテレビ系)の緊急生放送を敢行。その前夜、岡本社長と大崎洋・吉本興業ホールディングス会長(65才)と協議し、「芸人ファースト」を訴えたことを明かした。まるで“救世主”の登場だった。 22日の午後、松本に促される形で岡本社長は5時間30分に及ぶ記者会見に臨む。会見序盤、宮迫やロンドンブーツ1号2号の田村亮(47才)への処分撤回の表明と、突然涙ぐんだ場面が、ささやかなクライマックスだった。懸案のパワハラ発言は「場を和ませるための冗談」だったと説明。以下、社長の会見を受けての吉本所属の芸人たちの声だ。「記者会見としては非常に残念。覚悟も含めて準備不足」(千原ジュニア)「すごく情けない。ご自身の状況、立場をまったく理解していない。みなさんに申し訳ない」(トレンディエンジェルの斎藤司)「地獄スゴロク 全員傷まみれ&信頼関係ぐちゃぐちゃ&タイムロス&恥部大放出でふりだしに戻る 大マイナスやん…」(NON STYLEの石田明)「なんか言い訳っぽい」(たむらけんじ)「血の通った発言を聞きたいんです。どう変わるんですか?」(とろサーモンの久保田かずのぶ) 吉本の外部からの評価もおおかた、「なんのためにやったのかわからない会見だった」(マツコ・デラックス)、「保身に回っている。最悪の記者会見」(立川志らく)、「何だこの記者会見! 質問に対して答えになっていない」(研ナオコ)というものだ。 岡本社長の会見は闇営業に端を発した吉本騒動の火に油を注いだ。さらに、吉本興業の“火薬庫”にまで引火、爆発させてしまうことになる。 あきれた吉本問題の核心――それをえぐり出したのは、これもまた吉本所属の芸人である、極楽とんぼの加藤浩次(50才)だ。自身がMCを務める『スッキリ』(日本テレビ系)で22日、こう憤った。「大崎さん、岡本さん、この2人をみんな恐がっている。(中略)松本さんに意見するのは、本当につらくてしんどいんですけど、(岡本社長は)松本さんのマネジャーではなく、会社のトップで社員の家族もいる。そして若手芸人の家族、生活がそこにあるんです(中略)今の岡本社長、そして大崎会長の体制が続くんだったら、ぼくは吉本興業を辞める」 隣で聞いていたハリセンボンの近藤春菜(36才)が流した滂沱の涙が、その言葉が持つ“闇の深さ”を伝えていた。◆反社会的勢力がスキを狙っている そもそも「闇営業」とは、会社を通さず、タレント個人が仕事を受けて、ギャラを受け取る行為を指した。それだけならば会社がタレントを指導するなり、明確なルールを作るなりすれば済む話なのだが、今回炎上を招いたのは宮迫や田村らの闇営業先が「反社会的勢力」だったからだ。 そこにさらに、会社最高幹部によるコワモテの圧力発言が発覚。そんな“ダーティーな印象”が幾重にも重なって、「社会に強い影響力を持つ吉本興業は、どういう会社なのか」と関心を集めたわけだ。 吉本興業は1912(明治45)年、吉本吉兵衛・せい夫妻の寄席経営に始まる。当時はテレビはもちろんラジオさえ普及していない。芸人が活躍していたのは、観客を集め催事を行う「興行」。吉本は創業間もなく寄席を次々に買収し、わずか10年で上方演芸界を掌握する存在になった。「芸能・興行の世界は、会場の手配や警備、チケット販売、タレントの確保や権利関係の整理などさまざまな面で、かつては『暴力団』と切っても切れない関係でした。 たとえば、日本最大の暴力団組織・山口組の二代目組長は、吉本興業の社長(当時)からタレントの権利トラブルの仲裁を相談されて解決に尽力。その際に相手組織から恨みを買って襲撃され、その傷がもとで死去しています。 また1968年には、山口組の三代目組長と一緒にレコード会社の乗っ取り事件を起こし、逮捕されたこともある」(芸能ジャーナリスト) 1987年には間寛平(70才)や坂田利夫(77才)が暴力団組長の誕生日パーティーに出席していたことが発覚。1995年にも横山やすしさん(享年51)が暴力団幹部と兄弟盃を交わす写真が報じられた。近年では2011年、島田紳助さん(63才)と暴力団会長らとの交際が明らかになり、島田さんが引退、表舞台から姿を消したことは記憶に新しい。 暴力団との交際がタブーの時代になっても、過去には親密だった経緯があり、いつも反社会的勢力は吉本芸人に近づこうと狙っている。今回の闇営業問題では、人気芸人が一瞬のスキを突かれた──そんな見方もできるだろう。※女性セブン2019年8月8日号
2019.07.25 07:00
女性セブン
吉本に対して不信感を露わにしたハリセンボンの近藤春菜(時事通信フォト)
吉本辛辣批判 ハリセンボン春菜に事務所幹部が面談要請
 雨上がり決死隊・宮迫博之とロンドンブーツ1号2号・田村亮の会見で急展開を見せた「闇営業」問題。2人は所属事務所・吉本興業への感謝を繰り返し述べつつ、一方で「会見を止められた」と圧力があったと主張し、事務所への不信感を語った。 これを受け、ダウンタウンの松本人志は「後輩芸人達は不安よな。松本 動きます。」とツイッターに投稿。宮迫会見が開かれた20日夜に吉本興業の大崎洋会長や岡本昭彦社長と緊急会談を行い、急遽生放送となった21日の『ワイドナショー』(フジテレビ系)でも、事務所への不信感を露わにした。同番組の中では、闇営業で宮迫らが金銭を受け取っていたことを知らされた際に、会社側から「静観します」と言われたことを告白。さらに「その時に『だったら俺、吉本におれへんかもしれないわ』と言ったの。『吉本興業にはいたくないかも』って言いました。こんな会社じゃだめやと思うから」と述べ、退社を示唆するコメントをしたと明かした。 松本が言う通り、こうした中で不安と不満が増大しているのが、約6000人の所属タレントたちである。「闇営業問題は宮迫だけでなく、吉本の契約の問題や対応のまずさなども大きかった。さらに2人を涙の会見に追い込んだ会社の対応には、他の芸人たちも納得できないという感情を抱いています」(芸能記者) その中で注目を集めているのが、事務所への厳しい姿勢を取っているハリセンボンの近藤春菜だ。 吉本はコンプライアンス遵守の再徹底を図ると「決意表明」を発表。大崎会長が新聞各紙の取材に応じ、反社会勢力との関係断絶などを求める「共同確認書」を所属タレントと交わすことを明らかにしていた。一方でほとんどのタレントと文書での契約を交わしていない点については、今後も口頭の契約を継続する方針であることを宣言していた。 7月14日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)では、MCを務める春菜がこれらの対応や大崎会長のインタビューについて、厳しい口調で疑問を呈した。「口頭だったとしても、芸人も納得してお互い同意していないと契約って結ばれないと思うんですよね。それに関して吉本興業はどういう考えであなたとこういう風に契約しますっていうことを、私は口頭でも聞いた覚えはないですし、会社にはいくら入ってあなたは取り分としてこうですとか、他の問題に関しても何もないですね」「会長のおっしゃっていることと、芸人みんなの中での相違がすごくて、これで納得してる芸人っていないんじゃないかなって思います」 同じく吉本所属の番組MC・加藤浩次も同調しながら、 笑いのない“身内批判”は3分以上に及んだ。 中堅芸人という立場の春菜による発言には、吉本でも緊張が走ったという。吉本関係者はこう話す。「春菜からの批判は内部でも話題になっていました。そこで経営幹部の一人が、春菜に会いに来て面談したんです。どう思っているのかの聞き取りだったようです。その幹部はダウンタウンはじめ芸人たちからの信頼が厚いので、話しやすくて適任と思われたのでしょう」 どんな話し合いがもたれたのか。宮迫らの会見を受け、吉本興業の岡本社長は、22日に自ら会見すると明らかにしているが、それでスッキリ解決となるだろうか。
2019.07.21 16:00
NEWSポストセブン
中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」
中居正広、ピリつく警官を笑顔にするさすがの「仕切り力」
 翌日は都心でも積雪の予報が出されていた。足早に家路につく人が多く、いつもより人通りが少ない。2月8日の夜。寒空とは対照的に、都内某所にある居酒屋は芸能人たちの熱気でむせ返っていた。「午後9時くらいかな。中居さんやお笑い芸人さんたちが10人ぐらいで入ってきたんです。奥の座敷に座ったんですが、さすがにみんなすごいおしゃべりで(笑い)。座敷の外にまで声が響いていました。特に中居さんはすでにお酒が入っていたのか、陽気な様子で話していました。あの特徴ある声で『おれ、ハイボールね』と注文する声が聞こえた時は、テレビと同じだ!と感動しました(笑い)」(居合わせた客) メンバーは中居正広(46才)のほか、陣内智則(44才)、ザキヤマことアンタッチャブルの山崎弘也(43才)、おぎやはぎの矢作兼(47才)、タカアンドトシのトシ(42才)、ハリセンボンの近藤春菜(35才)ら、人気芸人たちだったという。「このメンバーは中居さんがメインMCを務める『ナカイの窓』(日本テレビ系)の出演者たちです。『ナカイの窓』は3月いっぱいでの打ち切りが決まったと報じられていますが、その打ち上げだったとか。深夜帯(午後11時59分放送)で視聴率は7%程度はあったし、その数字はほかの番組と比べてもそれほど悪くはありません。テレビ業界関係者からは『なぜ?』といぶかる声も上がっています」(テレビ関係者) 突然の打ち切りと関係があるのだろうか。この夜の飲み会では、テレビでは言えないような本音トークが飛び交っていたという。「特に盛り上がっていたのは、ギャラに関する話でした。中居さんが陣内さんに“(取り分は)事務所が9で芸人が1なんだろう?”と聞いたら、陣内さんが“それは違います。上の立場になれば、案件によって、かなりもらえるんですよ”と熱心に説明していました。それを聞いた中居さんは“なんだよ、全然いいじゃないかよ!”と突っ込んでいましたね。ほかの事務所のギャラ事情についても言及していて、みなさん興奮気味に話していました。 中居さんは“もうCDが全然売れない。1万枚売れればすげ~時代なんだぜ”と音楽業界の現状についても熱く語っていましたよ」(前出・居合わせた客) 一方で、お笑いに関しても熱心に持論を展開していたという。「“おれは南海キャンディーズの山ちゃんはすごいと思ってる”と山里亮太(41才)を褒めちぎったり、“『M-1』っていい番組だよね。しびれるよね”と、『M-1グランプリ』を高く評価したりしていました。その都度、矢作さんが“はいはいはい”“なるほどなるほど”なんて大きなリアクションでうなずいていた(笑い)。中居さんはザキヤマさんや陣内さんが話している時には、絶妙なタイミングで合いの手を入れてトークを盛り上げていて、飲み会でも番組MCさながらでした」(前出・居合わせた客) そんな合いの手上手の中居と矢作がいたからか、宴会は4時間超と長丁場になり、「そろそろ行こっか~」という中居のひと言で会がお開きになったのは、翌午前1時過ぎのこと。 店の外に出るとメンバーとハイタッチを交わすなど、中居はすこぶる上機嫌な様子だったが、ちょうどその時に“事件”が起きた。 中居を迎えに来たワンボックスカーの運転手に厳しい表情を浮かべた警察官が詰め寄る。一触即発か──と思いきや、そこにすかさず割って入ったのが、中居だった。「中居さんは満面の笑みを浮かべ、警察官の腕にそっとタッチしながら、“ごめんね! すぐに移動するからね~”と話しかけていました。警察官はすぐには中居さんだと気づかなかったようですが、ザキヤマさんや矢作さんが“おまわりさん、中居クンだよ”と声をかけると、“ああっ!”と驚いたような声を上げました。それからようやく、芸能人たちに囲まれていることに気づいた警察官は、目を丸くし、思わず中居さんに敬礼をしていました(笑い)。その様子に中居さんや芸人さんたちは全員、大爆笑。一気に場が和んでいました」(目撃した通行人) 結局、警察官には駐車場所に関する注意を受けただけで、送迎車は中居を乗せるとすぐにその場を発進。芸人たちも三々五々、帰路に就いた。 思わぬハプニングはあったものの、最後まで笑顔いっぱいだった『ナカイの窓』の打ち上げ。番組関係者は中居たちの功労を称えてこう明かす。「中居さんと芸人さんたちの掛け合いは回を増すごとに成熟していったし、特番ではゴールデン帯でもウケることを証明していました。だから制作陣は今回の打ち切りに納得していません。後番組はKing & PrinceかSexy Zoneのメンバーが出ることが噂されていますが、中居さんと芸人さんたちにも一緒に出演してほしいですね」 日本テレビは番組の打ち切りについて公表していないが、終了時期は3月だといわれている。 それにしても、警察官が駆けつける緊張の場面でさえ、相手を笑顔にして乗り切ってしまう中居の“仕切り力”はさすがのひと言だった。※女性セブン2019年2月28日号
2019.02.16 07:00
女性セブン
ドキュメンタルseason6 ゆりやんの憑依芸は面白かったのか
ドキュメンタルseason6 ゆりやんの憑依芸は面白かったのか
 2016年11月から続く人気番組『HITOSHI MATSUMOTO presents ドキュメンタル』(Amazonプライム・ビデオ)は、2018年11月に配信開始されたシーズン6で初めて女性芸人を複数、4人同時に参加させた。ゆりやんレトリィバァを中心に“憑依芸”が猛威を振るったことで、ドキュメンタルはどのような変質を遂げたのか。イラストレーターでコラムニストのヨシムラヒロム氏が、女性芸人と憑依芸との関係について考えた。 * * * 数年前までネットテレビの扱いは低かった。民放と比べてクオリティが落ちる番組が配信されている、なんてイメージもあったハズ。また、そういった部分も実際にあったと思う。しかし、そんな印象は2016年にAmazonプライム・ビデオから配信された『HITOSHI MATSUMOTO Presents ドキュメンタル』によってガラリと変わる。言わずもがなだが、オーガナイザーはダウンタウンの松本人志。 松本が参戦したことも大きかったが、番組内容も斬新だった。コンセプトは“密室笑わせ合いサバイバル”。自腹の参加費100万円を握りしめた10人の芸人がエントリー。1つの部屋に集められ、6時間の笑わせ合いに興じる。3回笑えば脱落、最後まで生き残った芸人が優勝賞金1100万円を獲得。 簡単に言えば、プロによる“にらめっこ”。枠のない状態で誰が1番面白いかを見られる『ドキュメンタル』は、視聴者が求めていたものだった。そして、画面に映るのはコンプライアンスから解き放たれた生き生きとした芸人の姿よ。 芸人のやりたいこと、視聴者の見たいことが一致した『ドキュメンタル』は大成功。順調に回を重ね、最新作シーズン6が11月に配信された。 このシーズン6、今までの作品とは違ったものに仕上がっていた。まず、小さなことではあるが配信のスタイルが変化。前シーズンまでは毎週1話を配信していたが、今回から2話に。シーズン6は全4話構成、よって2週間で配信終了。スピーディーに見られる反面、『ドキュメンタル』という祭の期間が短くなった。 また、番組時間も短くなっていた。各シーズンの総時間がコチラ。 シーズン1:182分、シーズン2:215分、シーズン3:240分、シーズン4:237分、シーズン5:231分、シーズン6:200分。 シーズン1に次ぐ2番目の短さである。ただ、シーズン1の場合は『ドキュメンタル』という競技が確立していなかったことも考慮しなければならない。そのことを踏まえると際立つシーズン6の短さ。 配信番組は、時間的な制限がないことがメリット。面白いシーンがあれば全てを収録できる。だからといって、シーズン6の撮れ高が少なかったと読むのは答えを急ぎすぎる。テンポの良い編集を心がけた結果、こうなった可能性もある。 そして、シーズン6は女性芸人にスポットライトが当てられた回でもあった。これまでもシーズン2の大島美幸(森三中)、シーズン4の黒沢かずこ(森三中)と『ドキュメンタル』に参加した女性芸人はいる。しかし、男性芸人9人に対しての1人であった。 シーズン6に出演した芸人は下記のメンツ。 村上ショージ、ジミー大西、藤本敏史(FUJIWARA)、陣内智則、黒沢かずこ(森三中)、大悟(千鳥)、友近、近藤春菜(ハリセンボン)、真栄田賢(スリムクラブ)、ゆりやんレトリィバァ。4/10が女性芸人という異例の比率となった。100%吉本クリエティブエージェンシー所属の芸人という座組みでもある。これはシーズン1以来だ。 吉本は全国に10を超える劇場を持つ。その楽屋は芸人独自のコミュニティスペースとなっており、先輩と後輩の社交場となっている。そこで先輩は後輩を従え、また後輩は先輩から芸を盗む。そもそも『ドキュメンタル』自体がその楽屋でのやりとりの近いと思われるが、今回はその傾向が顕著に出た。 芸人が素人を笑わせるのが普通の番組ならば、『ドキュメンタル』はプロがプロを笑わせる番組。よって質が異なることは必然で、そこには視聴者が理解できない“笑い”も存在する。そこで「自分には分からない!」と無下にすれば『ドキュメンタル』は、途端につまらないコンテンツとなるだろう。「自分は笑えなかったが、芸人はなぜ笑ったのか」と妄想しつつ、業界の楽しみの“おこぼれ”をいただく感じで鑑賞するのが吉。 しかし、シーズン6はその”おこぼれ”が極端に少なかった。そう、師匠・友近と弟子・ゆりやんが楽屋で磨いてきた憑依芸が火を噴いた。 それぞれがキャラになりきることもあれば、部屋にあるキッチンをスナックと想定し、友近がママ、ゆりやんがバイトに扮したシーンも。2人のタッグによって、芸人が続々と笑う。もちろん、笑いの文脈は理解できるのだが、そのターンが長すぎる。配信時間200分中、計10回を超える2人による“憑依芸”が披露された。 目の前にいる芸人を笑わせることが『ドキュメンタル』である。しかし、カメラの向こう側には視聴者がいることも少しは考えて欲しい。特に、自身の持ちネタをぶっこみ続けるゆりやんには辟易としてしまった。 松本も参加芸人の紹介パートでゆりやんのことを「自分のことしか考えていない」と評していた。それがネタならば独自性もあって良い結果が出るだろう。だが、『ドキュメンタル』はネタ番組ではない。バナーにも書かれているが“異種総合笑わせ合いバトル”、異なった芸風を持つ芸人がぶつかり合うリングだ。『ドキュメンタル』に最多4度の出演しているフジモン(FUJIWARA)は、勝負以上にそれを意識していると思う。松本が「フジモンは他の芸人の良いところを引き出す」と語るように、振ったり、つっこんだりと指揮者のような役割を果たす。 逆にゆりやんは、日野皓正に殴られた中学生ドラマーといったところ。ずっとソロプレイ、もしくは友近とのデュエット。また、その多くが過去に見たことがある笑い。『ドキュメンタル』の魅力は、何気ない会話から“笑い”という波が発生してく様子が見られるところ。紋切り型じゃなくて即興性がポイントなのに……。シーズン6はグイグイと持ちネタで押していくゆりやんに時間を取られ、やりとりそのものが少なかった。 収録後のインタビューで「私は友近さんに育ててもらっている。友近さんとよく遊んでもらっていることを今回はやった」とゆりやん。勝つためには自分の攻撃ターンを長くしなければならない。ま、ゆりやんが勝負に徹したといえばそれまでだが……。 ここまで書いてきたのは個人の意見だが、客観的に数値を見てもシーズン6は笑いが少なかった。6時間のゲームを通して、1回も笑わなかった芸人が3人も。ゆりやんを筆頭に黒沢(森三中)、近藤(ハリセンボン)。全員が女性芸人だから興味深い。 耐えてるとはいえ、目の前で披露される芸で笑っていない。それをモニタ越しの視聴者が笑うことは困難だ。 今作を見て、『ドキュメンタル』という舞台で男性芸人と女性芸人がガチでやり合うには、まだ機が熟していないのかもしれないという疑問がわき上がった。ゆりやんが次々と繰り出す憑依芸に対して、厳しくツッコんだら負けなのか? という男性芸人の弱気も見えた。 もし、ゆりやんが男性芸人であれば、持ち時間の多さに誰かが「お前、時間長いねん!」と頭を叩いただろう。相手のターンを終わらせるために、時には力技も必要だ。しかし、男性芸人は女性芸人にそれをしなかった。吉本新喜劇では、たとえマドンナ役であっても女性に激しくツッコむことがあるのに。シーズン6で場をリードし続けたゆりやんは、結果として、新喜劇のマドンナよりも丁重に扱われ続けた。 贅沢な望みかもしれないが、ゆりやんが憑依芸を友近以外ともグルーブさせてくれたら良かったのに。そもそも、ゆりやんに対応できなかった男性芸人も悪いのか。こーなると、ゆりやんが良くなかったと書いてきたのが間違っている気もする。 逃げの結論で申し訳ないが、要するにシーズン6はいまいちスイングしていなかったのだ。
2018.12.18 16:00
NEWSポストセブン
横澤夏子、1年で10kg太った夫を草料理で5kg減量させた!
横澤夏子、1年で10kg太った夫を草料理で5kg減量させた!
女芸人の横澤夏子の夫へのクリスマスプレゼントは、ダイエットにもつながる特別料理だった?11月29日、「SOFINA iP スペシャルトークショー」に、芸人の横澤夏子さんが登場。肌を健やかにキープする『SOFINA iP ベースケア エッセンス(土台美容液)』は、現在オンラインショップで「恋美肌デザインボトル」の特別仕様で販売中。素肌をイメージし、やわからかで軽やかな気分をフェザー柄で表現したデザインは、クリスマスシーズンの贈り物にもぴったり。そこで横澤さんが、クリスマスの話をはじめ、恋愛や結婚、美容の秘密を公開した。◆夫を5kgも痩せさせた“草料理”とは?サンタ姿で登壇した横澤さん。クリスマス感漂う装いについて、「普通は12月に入ってから“サンタコス”をしますけど、今、11月なのでだいぶ先取りですね(笑い)。いち早く着てやろうと思って」とコメント。「横澤さんといえば恋」という司会者の言葉に対して、「本当ですか(笑い)!?」と突っ込みを入れる横澤さんだったが、結婚生活の話になるとうれしそうな表情に。結婚から1年半ほど経ったが夫婦仲は良好そのものだといい、夫婦のある共通点を感じ始めたとか。「一緒に生活するうちに顔がどんどん似てきて、旦那の顔も私と同じように、どんどん大きくなってきちゃってます(笑い)。出会ったころから似ているなと思っていたんですが、この間、似ている芸能人を判定できるアプリをやってみたら“横澤夏子”って出てきたんです。私は私と結婚したんだって思いましたね」(横澤さん・以下同)結婚するためにいくつもの婚活パーティーを渡り歩いてきた横澤さん。中でもクリスマスの時期は特別だったそう。「クリスマス婚活パーティーにも行きました。あれほど燃えたぎるものはないんですよ。だってクリスマス当日にいらっしゃるなんて、予定がないってことですから。だからお互いに安心だし、前向きに挑めるわけです」今年のクリスマスは仕事が入っているというが、夫にはしっかり手料理をふるまいたいと意気込む場面も。「旦那が1年で10kgも太ったんですよ。私がロケ弁を持ち帰ってそれが原因なんですけど(笑い)、だから最近は野菜中心の料理に切り替えて。そうしたら4~5kg痩せたんですけど、会社で“痩せすぎじゃない?”って言われたらしくて。白米を減らして野菜料理にしただけなんですけどね。だからクリスマスも変わらず、“草料理”を作りたいです(笑い)」◆顔の大きい!?横澤夏子も絶賛の土台美容液司会者からお肌がきれいだと褒められた横澤さんは、まんざらでもない様子で、「お肌のケアって、いちばん手を抜きがち。でもこの『SOFINA iP ベースケア エッセンス(土台美容液)』を使わせていただいていて、めちゃめちゃいいです。楽ちんですし、お肌がリセットされた感じありますね」と絶賛した。ストレスを抱えるとお肌の悩みに直面することもあるそうで、今回のアイテムを使うことで解消されたとも。「なんで今まで土台美容液を使ってこなかったんだろうってくらい。使うと化粧水がすっとなじむし、お肌に栄養が浸透していく感じ。炭酸の泡のクリームなのに、パチパチって刺激せずにしないで溶けるイメージ。それが不思議だし、とても触感いいです。だから少しの量で十分ですが、私は顔がちょっと大きめなので人よりは多めです(笑い)」Amazonでは、クリスマスリース付きの『ソフィーナ iP ベースケア エッセンス(土台美容液)』を100個限定で販売。そんな限定アイテムにも目を輝かせる横澤さんは、「玄関先にリースを飾っている家って、確実に裕福ですよね。ぜひ私も玄関に飾りたい! このリースが飾ってあったら私の家だって思っていただいてOKです」と語った。最後にお肌もきれいだし、声も素敵だと司会者に褒めちぎられると、「ずっと褒めてくれるじゃん! 永遠に私のこと褒めてくる女子というネタができそう」とコメント。会場を笑いで包んで、イベントを締めくくった。【データ】「SOFINA iP スペシャルトークショー」11月29日開催取材・文/船橋麻貴●新婚の横澤夏子、1か月でウエスト-13.2cmの式前ダイエット成功●「ベッドイン」に美肌効果?ハリセンボン近藤春菜が“つるつるお肌”になった!●尼神インター・誠子、別人級”セクシー顔”写真!JunJunの「ボスメイク」で変身●米倉涼子、ドラマの現場でむくみ取り!ストレス解消はアルゼンチンタンゴで【美痩せインタビュー】●菜々緒、トレーニングは15分で完了!美肌の秘訣は「BCAA」などを1日3L摂取【美痩せインタビュー】
2018.12.05 07:00
8760 by postseven
永野芽郁らが弾ける笑顔でファンを虜に!水川あさみの“冷めた態度”にも反響が集まる
永野芽郁らが弾ける笑顔でファンを虜に!水川あさみの“冷めた態度”にも反響が集まる
12月4日に女優でモデルの永野芽郁さんが自身のインスタグラムを更新。女優の水川あさみさん、お笑い芸人の近藤春菜さんとのスリーショットを公開しました。https://www.instagram.com/p/Bq99cMvBms9/満面の笑みを浮かべ元気にポーズをとる3人に、ファンからは「元気出た!」「なんか幸せオーラを感じます♡」「みんな楽しそうですね!」「可愛いかよー」と反響が寄せられています。また、水川さんも同日にインスタグラムを更新し、永野さんとのツーショットを投稿。親友の近藤さんに対して「春菜も居たけど、春菜はいいや」と“冷めた態度”でコメントしており、ファンからの笑いを誘っています。https://www.instagram.com/p/Bq954iSnnzD/
2018.12.05 04:59
SNSのニュースメディア Insty
ハリウッド女優がハマる美肌術「ペニスフェイシャル」って?
ハリウッド女優がハマる美肌術「ペニスフェイシャル」って?
イギリスの女優・ケイト・ベッキンセール(45歳)の若さ溢れる美肌は、〇〇のおかげだった!?俳優と女優の両親という役者一家で育ったケイトは、2001年公開の映画『パール・ハーバー』でブレイク。その後、『アンダーワールド』シリーズをはじめ、『ヴァン・ヘルシング』、『アビエイター』(共に2004年)などのヒット映画に出演。エキゾチックな美貌を持つ彼女は、アメリカの映画レビューサイトで毎年発表されている「最も美しい顔100人」の常連で、2007年には1位に。45歳になった今でもその美貌は健在だ。そんな彼女は、自身の美肌について「液化陰茎包皮入りセラムのおかげ」と告白。ケイトは長時間のフライトで疲れた肌をよみがえらせようと、乳児の陰茎包皮クローン幹細胞が配合された韓国製表皮再生セラムを使用した465ポンド(約6万7000円)のフェイシャルを受け、その効果に大満足しているそう。自身のインスタグラムにフェイシャル後の写真を投稿し、以下のように綴っている。「長いフライトの後、横になって包皮クローン液マスクに包まれたくない人なんているかしら? ジョージア・ルイーズ、すばらしいフェイシャルをありがとう! 今回初体験だったし、『ペニスは少量しか入ってませんよ』と言って私を安心させてくれたのが特に気に入ったわ」この斬新なエステを愛用しているのはケイトだけではない。サンドラ・ブロック(54歳)も「ペニス・フェイシャル」のとりこなのだとか。サンドラは以前、このフェイシャルについて、「効果を知ったら、地元のフェイシャリストに『ペニスください!』って駆け込むことになるわ」と冗談っぽくコメント。そして、ケイト・ブランシェット(49歳)にもこのフェイシャルをすすめめたそうで、ケイトがこう明かしている。「サンドラ・ブロックとニューヨークでフェイシャリストのジョージア・ルイーズのところへ行ったんだけど、彼女は通称ペニス・フェイシャルって呼ぶものをしてくれるの。何かスゴイわよ。酵素が入っているんだけど、サンドラはペニス・フェイシャルって言ってるわ」ハリウッド女優たちはハマる”珍”フェイシャル…若干、抵抗はあるものの効果は絶大なのかも!?提供/Bangshowbiz●サンドラ・ブロック 7万円のペニス・フェイシャルで若返り●セレブの担当メイクが教える美肌術「週2回の角質除去を」●英の人気美女コンビ、美肌の秘密は“キンキン”になったアレ●「ベッドイン」に美肌効果?ハリセンボン近藤春菜が“つるつるお肌”になった!●田中みな実の美肌ケア、4つの“見せ肌パーツ”はクリームで入念に 
2018.12.04 17:00
8760 by postseven
日テレの3冠王陥落 敗因と指摘される2つの番組の名前
日テレの3冠王陥落 敗因と指摘される2つの番組の名前
『行列のできる法律相談所』『世界の果てまでイッテQ!』『ザ!鉄腕!DASH!!』……。錚々たる人気看板番組を持ち、4年連続で年間視聴率3冠王を獲得。民放の雄として君臨してきた日本テレビに異変が起きた。 実に58か月、足かけ5年にわたる連続記録が、ついに途絶えた──。テレビ業界に激震が走ったのは10月の月間視聴率だった。日テレが「月間3冠王」を逃したのだ。 3冠王とは、全日(午前6時~午前0時)、プライム(午後7~11時)、ゴールデン(午後7~10時)の全てでトップを取ることを指すが、日テレは「全日」の首位を、テレビ朝日に明け渡した。 日テレの大久保好男社長(68)は10月29日の定例会見で「平日の午前午後のベルト番組が苦戦している」と言及したが、日テレ内にも緊張が走っている。「朝・昼の屋台骨が揺らいでいるという危機感が表面化した。さっそく、来年4月にかけて情報番組を中心としてテコ入れすることが決まりました」(日テレ局員) 元日本テレビプロデューサーの村上和彦氏も言う。「ここでガクッと一気に全ての視聴率が落ちるということはないでしょう。ただ、このまま徐々に下がっていき、2年後に“気が付いたら落ちていた”となるようなイメージを抱きます」◆有働さんの意向は…… 日テレとて対策していないわけではない。 各局が改編のタイミングで改革に走る中、日テレは昨秋も今春も「ほぼ変更なし」という強気のスタンスだったが、今年の秋改編(10月~)では朝の情報番組『PON!』を廃止し、エンタメ&生活情報番組『バゲット』をスタート。さらに“目玉”として、NHKを退社した有働由美子アナを迎え入れ、『news zero』を一新させる大勝負に出ていた。「そんな中での『3 冠王陥落』には、新生『zero』の“躓き”のせいにする声が出てきています。『zero』は鳴り物入りで加わった有働アナの現地取材やインタビューの企画を設けるなど、彼女の意向を優先する形で作られています。スタッフにも遠慮があり、様子見をしていたところがあった。しかし、視聴率は期待したほどは上がらず、5%以下を記録する日もあった。今後はスタッフが内容により介入していく方向になるようです」(前出・日テレ局員) 日テレが「月間3冠王」を逃した敗因を、前出・村上氏は「朝の情報番組『ZIP!』と『スッキリ』でしょう」と指摘する。「30代、40代女性というメインターゲットを奪い合ってきたフジの『とくダネ!』に負けている点が大きい。『スッキリ』はテリー伊藤氏や勝谷誠彦氏といった曲者がいなくなり、MCの近藤春菜や水卜麻美アナが投入されましたが、視聴者が潜在的に求めている“毒”がなくなってしまった。コメンテーターが“良識派”ばかりで、『とくダネ!』の古市憲寿氏のような“炎上が期待できる”キャラがいません。MCの加藤浩次の個性も際立たなくなり、結果的に視聴者が離れていっているのでしょう」(村上氏) 日テレの情報番組といえば、『スッキリ』や『ヒルナンデス!』のように芸人からアイドルまで華やかな出演者を揃え、ロケ企画や新コーナーをいくつも登場させる手法で、若者を中心に視聴者を取り込んできた。 ところが、最近ではテレ朝の『グッド!モーニング』『モーニングショー』が中高年の支持を得て朝のトップに立つ。昼の時間帯はTBSの『ひるおび!』が首位に立ち、さらには『ヒルナンデス!』に惨敗していたフジの『バイキング』が時事ネタ中心のトークバラエティとして急成長。日テレの存在感は薄れてきた。上智大学教授(メディア文化論)の碓井広義氏はこう分析する。「日テレは90年代、当時トップを走っていたフジから王座を奪いました。その頃の日テレはフジを熱心に研究していましたが、いざトップに立つと、研究してまで乗り越えようとする目標がなくなってしまった。現状維持が求められる中、視聴者も日テレの番組に慣れてしまい、刺激的でなくなってしまったのではないか。そんな中で、他局が日テレの番組作りや編成を研究し、追い付いてきたのでしょう」◆ガッキーでも救えない? 綻びが見え始めたのは朝・昼だけではない。盤石のゴールデン枠のバラエティ番組も「ここにきて“勤続疲労”が始まっている」と前出の村上氏は指摘する。「『イッテQ』や『DASH』のような、他局には真似できない独自カラーの人気番組もある一方、最近は『行列のできる法律相談所』を作ったエース演出家の手法をコピーしたような演出が目立ちます。有名芸人のMCを中心に、スタジオにタレントを並べて、VTRを流し、クイズ形式などでトークを繰り広げる。新番組でも視聴率の安定化を探るうちに中身が似たような番組になってしまう。そうして手堅く番組を作るのが日テレのやり方で安定の秘訣でもありますが、無難な番組ばかりで、尖った企画は実現しにくい環境になっている」 自ら生み出した“安定の日テレらしさ”が、いつしか足枷になってしまっているようだ。 鳴り物入りでスタートした新垣結衣主演のドラマ『獣になれない私たち』も視聴率1ケタ台と低調。安定志向を棄てて“獣”になるべき時なのか。※週刊ポスト2018年11月16日号
2018.11.07 07:00
週刊ポスト
関ジャニ∞大倉忠義&吉高由里子が破局、多忙ですれ違い
関ジャニ∞大倉忠義&吉高由里子が破局、多忙ですれ違い
 交際中だった関ジャニ∞の大倉忠義(33才)と女優の吉高由里子(30才)が破局していたことがわかった。 吉高が木村拓哉(45才)と二宮和也(35才)と共演した映画『検察側の罪人』は、公開後3週連続で観客動員数1位(邦画)を獲得。初日から舞台挨拶に大忙しだったが、それも一段落。現在は親友・ハリセンボンの近藤春菜(35才)と海外旅行中のようだ。 そんな吉高が8月末、渋谷の隠れ家バーで陽気に飲んでいた。「映画関係や友人たちと真剣に演劇論を交わしていましたよ。さすが実力派女優だという感じでした。でも途中からお酒が深くなってきたのか“誰かいい人いないの”“30才になってしまった!”とプライベートの話をしていました」(居合わせた客) 7月22日は吉高の30才の誕生日だった。吉高は22才の時、雑誌のインタビューで《20代のうちに結婚したい》と語っていたが、その日、吉高が共に過ごしたのはいつもの女友達・春菜たちだった。「30才になったら結婚したい、というのが吉高さんの口癖でしたからね。“今年の誕生日入籍”とも報じられていました。でも実は、すれ違いが続いて今年のはじめには別れていて、ここ最近はサバサバしたものでしたよ」(吉高の知人) 吉高と大倉の交際が報じられたのは2年前、2016年7 月のことだった。自宅通いとバリ旅行がキャッチされた。 昨年9月、『検察側の罪人』のロケ後にデートをする姿も本誌・女性セブンは見ている。東京・恵比寿の高級すし店で会話をはずませていた。「ただ、その頃はもう会う頻度は減っていました。昨年末にはほとんど連絡をとらなくなり、年明けにきちんと別れたようです。今思えば、大倉くんは年末年始の忙しさに加えて、渋谷すばるくん(36才)の脱退問題や、安田章大くん(34才)の脳腫瘍闘病などが重なっていた大変な時期だったんでしょうね」(前出・吉高の知人) 吉高も多忙な日が続いた。4~6月にはドラマ『正義のセ』(日本テレビ系)に主演。下町の豆腐屋で生まれ育った新米検事を熱演、『検察側の罪人』でも正義感強い検察官を演じ、役作りのために前髪を切ってのぞんだ。多忙ですれ違うふたりが元に戻ることはなかったようだ。 吉高は玉木宏(38才)や生田斗真(33才)、flumpoolの尼川元気(33才)、RADWIMPSの野田洋次郎(33才)との熱愛が報じられてきた。交際しているときは堂々とふるまうのは彼女らしさでもある。 破局から半年以上経った。次の相手が気になる。※女性セブン2018年9月27日号
2018.09.12 07:00
女性セブン
くっきーら濃い目芸人と女優のCM増加 カギは「非炎上」
くっきーら濃い目芸人と女優のCM増加 カギは「非炎上」
 さまざま移り変わるCMの流行。そんな中で最近目立つのが、女優と芸人が共演するCMだ。そこにはどんな狙いが隠されているのだろうか。◇濃いキャラ続々…美女と野獣 深田恭子、多部未華子、永野芽郁が3姉妹を演じるUQコミュニケーションズのCM。その新作にはコロコロチキチキペッパーズの2人が登場。スマホにまつわる悩みを抱えて「やっべーぞ」とナダルが震える後ろで、相方の西野は恐竜にくわえられるというシュールな作品だ。 ソフトキャンディ『ぷっちょ』の新商品『ぷっちょボール』のCMに、橋本環奈とともに起用されているのは野性爆弾くっきー。橋本の頭の中の妄想ということで、巨大なぷっちょボールを模した風船から飛び出す。  くっきーはまた、人気の動画アプリ『Tik Tok』のCMに、モデルで女優の黒木麗奈とも共演。『ぷっちょ』では橋本と直接の共演がなく、残念がったというくっきーだったが、今作では黒木と恋人気分でデートしている。 広末涼子が出演するサントリー『ノンアルチューハイ のんある気分』。彼女が訪れた旅館で、マッサージ師となって現れるのがロバート秋山竜次だ。ほかにも、大手うどんチェーン店『丸亀製麺』のCMで、うどん店の女将として出ている松岡茉優とやり取りするのは、飛脚役のジャングルポケット斉藤慎二。 これら芸人の顔ぶれを見てわかるのは、いずれの顔ぶれもかなり濃い目であることだ。 身長178cm、坊主頭でハイトーンボイスのコロチキ・ナダル。白塗りモノマネで知られるくっきー。ウエディングプロデューサーから明治の偉人まで、あらゆる人物に憑依するロバート秋山。ジャンポケ斉藤は顔からして濃い。女優だけであればCMへの記憶が薄まってしまう中、こうしたアクの強さで視聴者に強烈な印象を残すことができる。また「美女と野獣」ではないが、その対比は見る側に程よい「違和感」を与えてくれる。◇“濃い”芸人の共通点とは? 今回、紹介した4人の芸人に共通することは、強烈なキャラを持ちながらも、炎上しにくいキャラであるということだ。くっきーは、戸田恵梨香の前で、彼女の白塗りメイクをして現れても、またSexy Zoneの中島健人の似顔絵ということで30才以上も年の離れていそうなメガネをかけた中年男性を描いても、むしろ好感を持って受け入れられている。 ロバート秋山も、各界のエンターティナーに憑依する「クリエイターズファイル」で、小生意気な子役を皮肉たっぷりにまねようとも「バカにしてる」とはならない。また、コロチキ・ナダルは、『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で、目上の者には媚びへつらい、後輩には厳しい本性を暴露されるなど「ひんしゅく行為」を暴露されても、むしろ「面白い」と歓迎されているむきもある。ジャンポケ斉藤も見た目は暑苦しく、また、あまり内容のない話を喋ったあとでも「ハイ~!」とシメて、笑いに変えるなどスキルの高さはテレビ業界では実は高く評価されている。“濃い”芸人の起用は、そのクセの強さを生かし「違和感」を狙いながらも、大手企業のCMである以上、炎上までいかない程度の話題作りを狙ったものと言える。◇逆パターンも、お笑いの付加価値要素 実は「女優と芸人」の“逆”、「男優+女芸人」も広まりつつある。過去、『アフラック』のCMでは西島秀俊と渡辺直美が夫婦となり、さらにはドコモのCMでも綾野剛とハリセンボン近藤春菜が夫婦として共演。制汗剤『8×4』の新CM「パウダースプレー ニオイチェッカー篇」には、横澤夏子と要潤がともに出ている。いずれにしてもお笑い要素が加わることで、商品への訴求をより身近なものにしてくれるというのは間違いなさそうだ。 もちろん、役者同士のCMはたくさんある。最近の例を挙げれば、『au』のCM『意識高すぎ高杉くん』で共演しているのは松本穂香と神木隆之介であるし、『WOWOW』のCMでは有村架純と柳楽優弥がカップル役で出ている。ANAの国内線無料Wi-Fiサービスを紹介するCMでは、姉弟役として綾瀬はるかと吉沢亮が登場していたこともある。 しかし、その相手役がお笑い芸人になるだけで、一瞬にして「安心感」が湧いてくるのは彼らの強みだろう。それが非炎上キャラなら、今の時代、企業には求められるは当然だ。また、CMの中とはいえ、役者同士のカップル役は、ファン感情を考慮し、なるべく避ける所属事務所もあるかもしれない。  このように、すべてにおいて角が立たず、CMにピリリとスパイスを利かせてくれる薬味のような芸人たち。その役割は、単純に笑わせるという本来の仕事を越えて、ますます広がっていくことだろう。(芸能ライター・飯山みつる)
2018.08.22 07:00
NEWSポストセブン

トピックス

公務に邁進されている(6月、東京・港区)
佳子さま「公務に積極的」になられた背景に「皇籍離脱」「結婚」か
女性セブン
亜希
亜希 陰から見守る元夫・清原和博と息子達との「父子鷹」
NEWSポストセブン
披露宴での志摩ノ海と元関脇・逆鉾の長女・清香さん(時事通信フォト)
故・逆鉾の長女が結婚で後継者確定も名門・井筒部屋再興への“高いハードル”
週刊ポスト
SNSでの発信力も大きい新庄ビッグボス(時事通信フォト)
新庄ビッグボスのインスタ投稿が波紋 「ファンとそれ以外の分断を煽る」の指摘も
NEWSポストセブン
クルマ、ギター、アート、スケートボードにもこだわる
長瀬智也、英国のバイク誌に登場 悠々自適な暮らしに「所ジョージ化している」の声
女性セブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
不祥事を理由に落選したはずなのに、比例で復活されては…(左は塚田一郎氏、右は中川郁子氏/写真=共同通信社)
「不倫路チュー」「USBは穴に…」失言・不祥事で落選しても比例復活するゾンビ議員たち
週刊ポスト
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン