芸能

「倫理を超える瞬間を描きたい」安藤政信が初監督作で“愛欲”を肯定する理由

安藤政信

安藤政信が考える“愛欲”とは?

 オムニバス映画『MIRRORLIAR FILMS Seson1』が9月17日より公開中だ。山下敦弘(45才)、安藤政信(46才)ら注目のクリエイターが監督を務めた9つの短編から成る映画制作プロジェクトである本作。この内の1つ『さくら、』で、俳優でありフォトグラファーとしても活動する安藤政信が映画監督デビューを果たした。作品に込めた思いについて、安藤が語った。

 安藤の初監督映画『さくら、』は、金沢を舞台に3人の男女の愛のもつれを描いた物語。映像美で見せるポエティックな仕上がりが印象的な作品だ。なぜ安藤は、最初の作品のテーマに「愛」を選んだのか。

「愛が高まって倫理を超えてしまう瞬間に、俺は興味があるんです。しかし、今の社会では、愛欲という人間に必要な快楽がどこか忌避されている印象があって……。人間はときに愛に振り回されて、“過ち”を犯す生き物だけど、俺はその止まることのない愛欲を芸術で肯定したいんです。

 例えば、今の日本では、芸能人が過ちを犯してしまうと、仕事を干されて、ホームページから名前も消されて、すべてが無かったことにされる。確かにパートナーは傷つくから、当事者間では責められても仕方ない。でも、過剰な社会的制裁を加えられてしまう現状には、どうしても違和感が残る。だからせめて、映画という芸術作品においては、愛欲の美しさや醜さといった両面を撮りたかったんです」(安藤・以下同)

「ひとりで街を徘徊するのが趣味」という安藤。コロナ禍の東京のさまざまな街を歩きながら、すれ違った市井の人びとの一瞬のやりとりにも、幾つものドラマを見てきた。

「街歩いてても、明らかにワケアリなカップルをよく見かけるんですよ(笑い)。でも、そのふたりのお互いを名残惜しむ雰囲気はすごく抒情的で美しくて、俺は好きなんです。映画でも写真でも、ああいう愛の瞬間をポエティックに撮っていきたいですね」

関連記事

トピックス

えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
眞子さん
眞子さんに近づくメトロポリタン美術館 狙いは皇室に受け継がれた貴重な美術品か
女性セブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
3人息ぴったりの「お家芸」はお茶の間を沸かしてきた
上島竜兵さん追悼 老若男女問わず幅広く愛された“伝統芸”と人柄
女性セブン
小室圭氏と小室眞子氏
始球式中止騒動のニューヨーク総領事は小室圭さん・眞子さん夫妻の“守護者”だった
NEWSポストセブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
巨人・坂本勇人はコンバートに 若手有望株・中山礼都を「遊撃で使い続けるべき」の声
NEWSポストセブン
青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン