芸能

山下敦弘監督が語る コロナ時代の今“バカバカしい映画”を撮る理由

山下監督

山下敦弘監督が新作映画『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』を撮る理由とは?

 映画プロデューサーの伊藤主税(43才)や俳優の阿部進之介、山田孝之らが立ち上げた、短編映画制作プロジェクト『MIRRORLIAR FILMS Season1』が9月17日より公開中だ。誰でも映画を撮れる時代の自由で新しい映画制作の実現を目指し、山下敦弘監督(45才)や俳優の安藤政信(46才)ら9人の注目クリエイターが監督を務める本作。その内の1つ、『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』のメガホンをとった山下監督に話を聞いた。

 * * *
 コロナ禍の三浦海岸で、性欲を持て余したうだつの上がらない4人の中年男性の姿を描いた『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』。本作は、10年前に撮られた『無事なる三匹』の続編である。『無事なる三匹』は、東日本大震災が起きた3月11日にちなみ、41人の監督たちによる3分11秒の短編オムニバス作品の1つとして公開された。震災をテーマとする作品が多いなか、山下監督はなぜ、性欲に振り回される男たちを描いたのか。

「震災の時はとにかく気分が落ちちゃって、酒ばっかり飲んでたんです。そんな時、ホン・サンスという韓国の映画監督の作品を観ました。彼の映画といえば、文化人っぽい一見偉そうな人が出てきては、女の子に惚れて振られる、といった毒にも薬にもならない(笑い)作品が多い印象でした。でも、男たちがアタフタしてる、情けないっていうだけの映画を観ると、何となく気持ちが楽になるのを感じたんです。だから、自分もそういうものを撮りたいと思って作ったのが『無事なる三匹』でした」

 今作の『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』は、10年前の前作の続きから展開する構成となっている。観客は前作と今作を連続して観ることで、10年経っても女の話ばかりしている男たちの“変わらなさ”にどこか癒やされるはずだ。災害や疫病に直面しても失われない飽くなき欲望には、生命力すら感じられる。

「僕ら世代でいうところのドラマ『毎度おさわがせします』(TBS系)のイメージですよね。男子高校生が『女の子とエッチしたい!』って言うだけでドラマを作っちゃうみたいな。最近そういうバカバカしい映画やドラマってほとんど無いじゃないですか。何かしらの“メッセージ性”が含まれている。でも僕は、自主映画を制作していた頃からオチのない映画、成長しない主人公を撮ってきました。だから今回の『無事なる三匹プラスワン コロナ死闘篇』も、その延長線上にある。結局、僕が一番変わってないんでしょうね(笑い)」

関連キーワード

関連記事

トピックス

三田寛子
三田寛子、本番15分前の「緊急代役」オファーを快諾 神対応の背景に“家計の危機”
女性セブン
立浪監督がいきなり「NO」をつきつけた(時事通信フォト)
WBC目前に中日・高橋宏斗が山本由伸流にフォーム改造 「立浪監督の苦言」に賛否両論の声
NEWSポストセブン
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
「将棋界の異端児」元プロ棋士が元妻誹謗中傷で逮捕 知人に見せていた「妻への執着」
NEWSポストセブン
女大鼠(松本まりか)
『どうする家康』で“エリートくのいち”演じる松本まりか 違和感のある髪型が表すもの
週刊ポスト
綾瀬はるかと大泉洋
綾瀬はるか、多忙な中でのトレーニング 秘密兵器は「黒酢大根」、弁当に入れて現場持参も
女性セブン
家康の正室・瀬名(有村架純)
大河ドラマ『どうする家康』 “ヘタレの家康”を取り巻く13人の女たち相関図
週刊ポスト
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン