国内

TikTokでバズって書籍が重版 小説紹介動画クリエイターの流儀

(写真:森 清)

ヒット書籍を生み出す「けんご@小説紹介」氏の動画とは?(写真:森 清)

 小説につけられた帯の「TikTokで超話題」という文言を見て、頭の中にハテナが浮かんだ。その小説とは、筒井康隆の名作SF『残像に口紅を』(中公文庫)だ。1989年に発表された小説が、なぜ2021年に「TikTokで超話題」になっているのか? そもそも小説がTikTokで話題になるとは、どういうことか?

 動画クリエイターの「けんご@小説紹介」氏は、「小説のTikTok売れ」という全く新しい動きを生み出した張本人だ。TikTokという新たなプラットフォームを通して、読書に興味を持つ若者を増やしている。彼が紹介した小説が重版になることも多く、出版関係者から感謝の声が届いているという。

「出版社の方々に『今まで自分たちでは届けられなかった層に小説が届いている』と感謝していただけて、大好きな小説の世界に貢献できたことをうれしく感じています。実際、10代の方々から『けんごさんの動画をきっかけに初めて小説を読みました』や『小説にハマりました』というメッセージが届いています」(けんご氏)

 動画で小説を紹介する場として、YouTubeではなくTikTokを選んだのは、そちらのほうが読書にもともと興味がない人々にアプローチできると考えたからだ。

「YouTubeのユーザーは、サムネやタイトルによって視聴する動画を選びます。なので、すでにある程度小説への興味がある人にしか届かないのではないかと考えました。一方でTikTokは、おすすめ機能によってランダムに動画が流れる仕組みなので、普段本を読まない方々にも動画が届きます。しっかりデータを取ったわけではありませんが、中高生がメインとなって僕の動画を見てくれている実感はあります」(けんご氏)

 紹介する作品に関しては、感動ものや恋愛もののリクエストが動画視聴者から寄せられることが多い。しかし、自身が本来好きなジャンルであるミステリやホラーといったジャンルを紹介してみたとき、意外な好反応が得られたという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト