芸能

「長谷川京子がこんなにセクシーなのに」夫の“パパ活疑惑”報道に同情の声

妻である長谷川京子はこれほどの美しさなのに

妻である長谷川京子はこれほどの美しさなのに、夫の新藤に疑惑が…

 2008年に結婚した長谷川京子(43)とバンド「ポルノグラフィティ」のギタリスト新藤晴一(47)の別居問題に進展があった。『FRIDAY』が新藤のパパ活疑惑を報じたのだ。報道によると、新藤は身分を隠して出会い系アプリを利用し、20代女性にパパ活を持ちかけていたという。とはいえ本人は否定しており、真偽の程は不明だが……。

 報道の中で気になるのは、新藤が相手女性に「セクシーな下着」と「高いヒール」をリクエストしたことだ。新藤はオトナの色気をただよわせた女性がタイプということか? ネット上では〈ハセキョーのほうがサマになるだろうに〉〈ハセキョーでいいじゃん〉という声が上がっている。

 夫婦がギクシャクし始めたのは、5年ほど前のこと。家庭と仕事の両立に悩む中で、長谷川の“セクシー化”が進んでいった。彼女を知るスタイリストは、「発言内容がちょっとずつ過激になっていきました」と指摘する。

「2016年頃から明らかに、『恋がしたい』『妻だって、母だって、“女”だよね』と口にする機会が増えました。知人に話すだけならいいのですが、インタビューなどでもどんどん“女アピール”をするように。必死に自由を求めているようでもありました。

 発言の勢いに比例するかのように、京ちゃん(長谷川のこと)の肌が潤って、頬や唇がパーンと張り、顔全体が若返り、多幸感も増しました。磨きがかかった体を露出するような服を選ぶようになって、どんどん色気が増していったのもこの頃からです」(長谷川を知るスタイリスト)

 さらにこののスタイリストによると、長谷川は「このまま若さがなくなったらどうしよう」「いつまでキレイって言ってもらえるんだろう」と不安をもらすこともあったという。

 2019年に発売した16年ぶりの写真集ではビキニ姿を披露し、40代とは思えない抜群のスタイルが話題になった。さらに今年5月には、自身がプロデュースするランジェリーブランド「ESS by(エスバイ)」を立ち上げ、自らブラやショーツのモデルを務めた。さらに「女性セブン」が9月下旬にキャッチした私服は、豊かな胸元を大胆に見せつけるようなものや、生脚に真っ赤なピンヒールを履いた姿もあった。

 ひょっとすると長谷川のセクシー化の裏にあったのは、「セクシー系が好きな夫を振り向かせたい」という思いもあったのだろうか。

「長谷川さんはあくまで自分自身のためにキレイになりたい、という思いでしょうが、この手の報道が出てしまうと、夫婦にさらにすきま風が吹きかねない。いま、長谷川さんは新藤さんとほとんど会うことのない生活を送っているようですが、今後の夫婦関係が気になりますね」(長谷川を知る芸能関係者)

 この春頃から始まったという別居生活は、どういった結末を迎えるのだろうか。

関連キーワード

関連記事

トピックス

結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト
『クレイジージャーニー』復活にTBS局内の期待は大きい(公式サイトより)
『クレイジージャーニー』復活の裏事情 TBS月曜ゴールデン帯の深刻な視聴率問題
NEWSポストセブン
秋山が広島入り(写真は4月、エンゼルス戦での左前打時。時事通信フォト)
秋山翔吾の広島加入発表で達川光男氏「阪神のCS進出は厳しくなっただろうね」と力説
NEWSポストセブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
『トップガン マーヴェリック』大ヒットの理由は?
『トップガン マーヴェリック』国内興行収入60億円突破 なぜ心に響くのか?
週刊ポスト
セ・パ交流戦で調子を上げた阪神(時事通信フォト)
阪神、どん底からの反転攻勢 「もともと力があるチームですから」と江本孟紀氏
週刊ポスト
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
「週刊ポスト」本日発売! 聞き飽きた「年金100年安心」の大嘘ほか
NEWSポストセブン