• TOP
  • ライフ
  • 自立と恥じらいを体現し、30年続いたブルマ文化の功罪

ライフ

2021.10.12 16:00  NEWSポストセブン

自立と恥じらいを体現し、30年続いたブルマ文化の功罪

当事者たちの声は無視され続け、女子体操服としてのブルマはなぜ30年も続いたのか

当事者たちの声は無視され続け、女子体操服としてのブルマはなぜ30年も続いたのか(イメージ)

 オリンピックの影響力や発信力は大きく、この夏の東京五輪では、旧態依然とした発言や行動が明るみに出た。一方で、五輪が新しい価値観を広めた面もある。たとえばドイツの女子体操選手はレオタードの着用を拒否し、足首まで覆うユニタードを着て競技を行った。<自分たちが着たいものを着る>。この、当然ともいえる価値観を広く世界に知らしめたのは、オリンピックの一つの成果だったのではないか。昨今、女性アスリートへ向けられる性的視線や画像が問題視されるようになっている。

 振り返れば日本の女性たちには、トップアスリートでなくとも、<着たくないもの着させられていた>時代があった。学校で義務付けされていた「ブルマ」である。すでに過去とのものとなったが、ブルマは、導入時から性的なまなざしにさらされてきたと、『ブルマーの謎 女子の身体と戦後日本』(青弓社)の著者である山本雄二関西大学教授はいう。なぜそういうものが学校教育の場に導入され、30年も存続したのか。ブルマの謎を追っていくと、戦後の学校体育が辿った紆余曲折と、今なお続く一つの「女性観」「身体観」が浮かび上がる。女性アスリートとジェンダーの問題が論じられるようになったいま、改めて負の歴史から学ぶことがあるのではないか。山本教授に話を伺った。

 * * *

背景にあったのは、1964年東京オリンピックの惨敗

──驚くのは、「ブルマ」がなぜ学校に取り入れられ、30年も続いたのか、その理由を説明できる人が教育の現場にほとんどいなかったという事実です。学校の強い意思で導入されたわけではないものに、女性たちは嫌な思いをさせられてきた。複雑な思いを抱きました。

山本:今から15~20年前なのですが、私のゼミの女子学生には、ブルマをはき続けてきた学生と、ブルマを途中からはかなくなった転換期の学生と、ブルマを最初からはかなかった学生が混在していました。学校の体操着は学校が指定するものですから、学校が意思決定しているはずです。どういう経緯でそう変わっていったのか、すぐにわかるだろうと思って調べはじめたら、これがまったくわからないんです。

──山本先生が教育委員会に問い合わせても、怪訝な顔をされ、まともに取り合ってもらえない。「どうして人から訊かれて不愉快になるものを導入し、三十年あまりも積極的に維持してきたのか。疑問はますます募る」と書かれています。

山本:ブルマは先の東京オリンピックが終わった後、1965年頃から急速に広がっていますから、何か組織的な力が働いたはずだ、と見込みを立てて調べていったんです。が、教育委員会にはイヤな顔をされますし、現場の先生も理由を知らないんです。そこで図書館にこもって、女子体育系関連の雑誌を片っ端から読んでいくことになりました。

──そこで行き当たったのが、全国の中学校が組織する「中学体育連盟(中体連)」の金銭事情でした。中体連は、1946年の東京オリンピックを契機に、ある「転向」を迫られ、巨額の資金が必要になったんですね。

山本:あの東京オリンピックで日本は大勝利をおさめたと思っている人がけっこういると思いますが、当時の体育関係者にとっては、屈辱の1964年だったんです。というのは、日本のお家芸とされていた「水泳」と「陸上」で惨敗を喫したからです。柔道やバレーボールで金メダルを取っていますが、どちらも、東京オリンピックで初めて採用された競技で、参加国も少なかったんですね。この惨敗によって、「中体連」が変貌するのです。

関連記事

トピックス