• TOP
  • 芸能
  • 「嫌いにならないでね」活動再開後の深田恭子がファンに見せた“神対応”

芸能

2021.10.14 07:00  NEWSポストセブン

「嫌いにならないでね」活動再開後の深田恭子がファンに見せた“神対応”

スーパーでファンの呼びかけに対応した深田恭子

スーパーでファンの呼びかけに神対応したという深田恭子

 今年5月に「適応障害」と診断され、芸能活動を休止していた女優・深田恭子(38)が9月から活動を再開。主演映画『劇場版 ルパンの娘』も10月15日に公開予定で、連日メディアに登場している。復帰後も元気に活動する姿を見て、安堵しているファンも多いことだろう。

 9月下旬、都内の高級スーパーにそんな復帰直後の深田の姿があった。1人カートを押しながら野菜などを吟味していたが、そこに突然、ファンと思しき男性が駆け寄ったのだ。

 声をかけられてもとくに驚く様子もなくしばらく話し込んでいた深田は、最後にマスク越しにも分かるような笑顔で男性に手を差し出した。

 深田がスーパーを出た後、男性に話を聞いた。

「大ファンなのですぐに深キョンだと気付きました。深キョンが出演していたドラマ『ルパンの娘』(フジテレビ系)や『初めて恋をした日に読む話』(TBS系)を見ていたことを伝えたら、『ありがとうございます』と優しい表情で、目を見て言ってくれました。ドラマの感想を伝えているときも、ウンウンと頷きながらずっと話を聞いてくれて。

 その後サインと写真を頼んだのですが、断わられてしまい、代わりに握手をしてもらいました。最後に『サインと写真撮れなくてすみません。それでも嫌いにならないでください』と申し訳なさそうな表情で言われ、本当に優しい人だなと思い、もっとファンになりましたね」

 活動再開後の深田は仕事でも絶好調だ。芸能関係者が語る。

「『ルパンの娘』は、深田さん演じる泥棒一家の娘と、警察一家の息子の禁断の恋を描いた人気ドラマが映画化したもの。深田さんがぴったりしたボディースーツで激しいワイヤーアクションを披露している場面が注目を集めています。休養から4か月ぶりの公の場となった同作の完成披露舞台挨拶(9月27日)では、深田さん自身も『今回はさらにスケールアップしています』と自信をのぞかせている」

 復帰直後にもかかわらず、仕事でもプライベートでもファンに気を配る深田の懐の深さが垣間見えた。

関連記事

トピックス