国内

「虹の松原」事故で死亡した小5男子。母の心を救った“奇跡の絵”  

松の木が直撃した事故で亡くなった小学5年生の川崎辿皇(てんこう)くん。この絵から奇跡のような連鎖が起こった。

松の木が直撃した事故で亡くなった小学5年生の川崎辿皇(てんこう)くん。この絵から奇跡のような連鎖が起こった。

 日本三大松原のひとつ、佐賀県唐津市の名勝「虹の松原」を通る県道で、2019年に悲惨な事故が起こった。通りかかった車に折れた松の木が直撃、助手席に乗っていた小学校5年生の川崎辿皇(てんこう=当時11才)くんが犠牲になったのだ。

 2019年7月20日。台風の影響で、楽しみにしていた神社の縁日が中止になってしまい、ちょっとしょんぼりしていた辿皇くん。母親の明日香さんは、元気づけようと、少し遅い時間だったが、辿皇くんの大好きな『鬼滅の刃』のマンガを買いに行こうか? と声をかけた。

 うれしそうに、すぐ、行こう! と3才年上の姉と車に乗った辿皇くん。途中でお財布を忘れたことに気づいて、「おっと、いけねぇ、いけねぇ」といったん家に取りに戻った。「あら、気をつけて行ってらっしゃい」といつものように声をかけたのが最後だった、と家にいた祖母は振り返る。

 それからわずか10分ほど後、「テンが脈打ってない・・・」と明日香さんから呆然とした声で電話があった。「脈打ってないって? どういうこと!?」。

 状況がよくわからないまま事故現場の虹の松原に駆けつけた祖母が見たのは、真っ暗な道路で、明日香さんの車の上に、折れた松の木が覆い被さっている光景だった。

 虹の松原とは、約4.5キロにわたり約100万本の松が連なる松林。400年の歴史をもち、地元の市民らが誇りにしている特別名勝だ。しかし、長い年月を経て倒木の危険性がある松の管理も問題になっていた。

 台風や大雨、強風など悪天候時には、松原を通る道は警察が通行止めの指示を出すことになっているが、実際通行止めになったのは、事故が起こった2019年までの15年間で5回しかない。

 事故当時の天候は、台風による大雨は過ぎた後だったが、折れた松の木は事故以前から、道路の上まで倒れるように下がってきていたので、大量の雨を含んでその重みに耐えられなかったのだ。

 実際に夜、虹の松原を車で走ってみると、街灯がない道は想像以上に暗く、20メートルほど先を見通すことも難しい。4.5キロの間に信号機は入口と出口の両端に1か所ずつ、その間には1か所あるだけだ。

 事故当時の状況を思い出すといまも胸が苦しくなる、という明日香さんだが、取材に応えてくれた。

関連記事

トピックス

結婚生活に終わりを告げた羽生結弦(SNSより)
【全文公開】羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんが地元ローカル番組に生出演 “結婚していた3か間”については口を閉ざすも、再出演は快諾
女性セブン
「二時間だけのバカンス」のMV監督は椎名のパートナー
「ヒカルちゃん、ずりぃよ」宇多田ヒカルと椎名林檎がテレビ初共演 同期デビューでプライベートでも深いつきあいの歌姫2人の交友録
女性セブン
NHK中川安奈アナウンサー(本人のインスタグラムより)
《広島局に突如登場》“けしからんインスタ”の中川安奈アナ、写真投稿に異変 社員からは「どうしたの?」の声
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
コーチェラの出演を終え、「すごく刺激なりました。最高でした!」とコメントした平野
コーチェラ出演のNumber_i、現地音楽関係者は驚きの称賛で「世界進出は思ったより早く進む」の声 ロスの空港では大勢のファンに神対応も
女性セブン
元通訳の水谷氏には追起訴の可能性も出てきた
【明らかになった水原一平容疑者の手口】大谷翔平の口座を第三者の目が及ばないように工作か 仲介した仕事でのピンハネ疑惑も
女性セブン
歌う中森明菜
《独占告白》中森明菜と“36年絶縁”の実兄が語る「家族断絶」とエール、「いまこそ伝えたいことが山ほどある」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
羽生結弦の元妻・末延麻裕子がテレビ出演
《離婚後初めて》羽生結弦の元妻・末延麻裕子さんがTV生出演 饒舌なトークを披露も唯一口を閉ざした話題
女性セブン
ドジャース・大谷翔平選手、元通訳の水原一平容疑者
《真美子さんを守る》水原一平氏の“最後の悪あがき”を拒否した大谷翔平 直前に見せていた「ホテルでの覚悟溢れる行動」
NEWSポストセブン
5月31日付でJTマーヴェラスから退部となった吉原知子監督(時事通信フォト)
《女子バレー元日本代表主将が電撃退部の真相》「Vリーグ優勝5回」の功労者が「監督クビ」の背景と今後の去就
NEWSポストセブン
文房具店「Paper Plant」内で取材を受けてくれたフリーディアさん
《タレント・元こずえ鈴が華麗なる転身》LA在住「ドジャー・スタジアム」近隣でショップ経営「大谷選手の入団後はお客さんがたくさん来るようになりました」
NEWSポストセブン