唐津市は当初「損害賠償の責任はない」との見解を示していたが、今年4月、明日香さんら遺族に「示談だったら応じてもよい」。その場合は明日香さんに非があるというところからスタートする、ともちかけてきた。明日香さんらにとっては、とてものめる条件ではなかったが、国や県や市を相手に、もう自分たちではどうすることもできない、このまま泣き寝入りするしかないのか・・・・・・と思い詰めていた。

「納得いかないけど、もうどうしょうもないのかな、とあきらめかけていました。友達に『テレビに出てくるような正義感のある熱血の弁護士さんや検察官があらわれて助けてくれたらいいのに』なんて愚痴をこぼしたら、『テレビの見過ぎ』と言われました」

 それが、あることがきっかけで、大逆転が起こり始めた。

この“奇跡の絵”をきっかけに思わぬ縁がつながり強力なサポートが得られた。辿皇くんの母・明日香さんと、『ひまわり~てんこうくんに捧ぐ~』の絵画・動画を制作したアーティスト・小野裕人さん。10月16日~10月23日、銀座のギャラリーゴトウで開催される『小野裕人展』ではこの原画も展示される。

この“奇跡の絵”をきっかけに思わぬ縁がつながり強力なサポートが得られた。辿皇くんの母・明日香さんと、『ひまわり~てんこうくんに捧ぐ~』の絵画・動画を制作したアーティスト・小野裕人さん。10月16日~10月23日、銀座のギャラリーゴトウで開催される『小野裕人展』ではこの原画も展示される。

「息子を亡くしてから悲しみのどん底にいたとき、たまたまTik Tokで小野裕人さんというアーティストが絵を描く過程の動画を見つけ、衝撃を受けたんです。こんなにそっくりに描いてもらえるなら・・・と思いきって、息子の絵を依頼をしたのがきっかけで、奇跡的なことが起こりました。

“ひまわりのように明るく元気だった息子をずっとそばで感じたい”という私の願い通り、ほんとうに絵の中から息子が見守ってくれているようなキャンバス画を描いていただけました。そして小野さんは、息子のことを忘れてほしくないという私の気持ちをくみ取って、辿皇の絵の制作過程や事故について伝える動画(『ひまわり~てんこう君に捧ぐ~』)をYou Tubeやインスタグラムでも発信してくれたんです。

 そこから応援してくださる人がどんどん増えていったんです。あたたかい励ましのコメントやひまわりの花、息子に供えるお菓子など多くの方から送っていただいたり。危険な松の木の適正管理を訴える署名活動(10月末まで)に賛同してくださる方の輪も、全国だけでなく海外まで広がりました」(明日香さん)

 さらに、小野さんの動画から縁がつながって、『一般社団法人 関東交通犯罪遺族の会』代表理事の小沢樹里さんに相談にのってもらうことができた。親身になって聞いてくれた小沢さんが、「遺族の立場をわかってくださる信頼できる弁護士の先生」として紹介してくれたのが、池袋暴走死傷事故の遺族側の代理人弁護士も務める高橋正人さんだった。

「ほんとうにドラマみたいな急展開が起こっています。大きな事件や事故をいくつも担当していらっしゃるお忙しい弁護士の先生だから、私みたいな一般人が頼めるんだろうかと思ったんですが、『私でよければ、お受けしますよ』と言ってくださって。すぐに、佐賀までいらして現場検証や佐賀地検に行ってくださったり。全国の他の三大松原の管理状況を調べるために、地方まで飛んでくださったり。ものすごいスピードでことが運んでいます」(明日香さん)

関連記事

トピックス

中尾彬さん(時事通信フォト)
《“ねじねじ”で愛された中尾彬さん(81)が急逝》大病を機に始めていた“終活”、コワモテ俳優からコメンテーターとして人気を博した晩年
NEWSポストセブン
杉咲花と若葉竜也に熱愛が発覚
【初ロマンススクープ】杉咲花が若葉竜也と交際!自宅でお泊り 『アンメット』での共演を機に距離縮まる
女性セブン
亡くなったシャニさん
《7か月を経て…》ハマスに半裸で連行された22歳女性が無言の帰宅、公表された最期の姿「遺体の状態は良好」「肌もタトゥーもきれいに見える」
NEWSポストセブン
別居を認めたMEGUMI
《離婚後の大活躍》MEGUMI、「ちゃんとした女優になる」を実現!「禁断愛に溺れる不倫妻」から「恐妻」まで多彩な“妻”を演じるカメレオンぶり
NEWSポストセブン
フジコ・ヘミングさん(撮影:中嶌英雄)
《フジコ・ヘミングさん追悼》「黒柳徹子さんがくれたお土産」「三輪明宏さんが家に来る時は慌てて…」密着した写真家が明かす“意外な交友関係”
NEWSポストセブン
ギャンブル好きだったことでも有名
【徳光和夫が明かす『妻の認知症』】「買い物に行ってくる」と出かけたまま戻らない失踪トラブル…助け合いながら向き合う「日々の困難」
女性セブン
破局報道が出た2人(SNSより)
《井上咲楽“破局スピード報告”の意外な理由》事務所の大先輩二人に「隠し通せなかった嘘」オズワルド畠中との交際2年半でピリオド
NEWSポストセブン
ポジティブキャラだが涙もろい一面も
【独立から4年】手越祐也が語る涙の理由「一度離れた人も絶対にわかってくれる」「芸能界を変えていくことはずっと抱いてきた目標です」
女性セブン
木本慎之介
【全文公開】西城秀樹さんの長男・木本慎之介、歌手デビューへの決意 サッカー選手の夢を諦めて音楽の道へ「パパの歌い方をめちゃくちゃ研究しています」
女性セブン
大谷のサプライズに驚く少年(ドジャース公式Xより)
《元同僚の賭博疑惑も影響なし?》大谷翔平、真美子夫人との“始球式秘話”で好感度爆上がり “夫婦共演”待望論高まる
NEWSポストセブン
中村佳敬容疑者が寵愛していた元社員の秋元宙美(左)、佐武敬子(中央)。同じく社員の鍵井チエ(右)
100億円集金の裏で超エリート保険マンを「神」と崇めた女性幹部2人は「タワマンあてがわれた愛人」警視庁が無登録営業で逮捕 有名企業会長も落ちた「胸を露出し体をすり寄せ……」“夜の営業”手法
NEWSポストセブン
河村勇輝(共同通信)と中森美琴(自身のInstagram)
《フリフリピンクコーデで観戦》バスケ・河村勇輝の「アイドル彼女」に迫る“海外生活”Xデー
NEWSポストセブン