そして、行政のずさんな管理体制や、隠蔽されていた事実が次々と浮き上がってきた。

 辿皇くんの命を奪った松の木は、事故の6年半前に、県唐津土木事務所から「倒木の恐れと将来的に重大な事故に繋がる危険性が高い」という理由で伐採の申請が出されていたが、唐津市教育委員会が「不許可」としていたのだ。その時に伐採されていれば、この事故が起こることはなかった。

 さらに、事故後、佐賀県が再発防止策として強化したはずの松の木の点検が手抜きで虚偽報告されていることも地元の『西日本新聞』の取材で明るみになった。

 代理人弁護士の高橋正人さんはこう話す。

「日本には、松の木の名勝は他にもありますが、どれもきちんと管理がされ、国、県、市が協力し合って安全が保たれています。人間の命と文化財、どちらが大切なのでしょうか。文化財保護も重要ですが、松の木は再生できても、人の命は再生できません。

 他では、安全を優先させ危険な木は伐採しつつ、苗木を植えて再生しているところもあります。でも、ここでは、国、県、市が責任をなすりつけあっているようにしか感じられません。佐賀地検の対応も酷いものでした。一体、誰が被害者で加害者なのか、物事の本質への切り込み方が甘いと感じました。

 ご自身の子供や孫が同じ被害にあっても、危険な松をそのままにしておいて下さいと言えるでしょうか。自分のことと置き換えて考えていただきたい」

 明日香さんは、国、佐賀県、唐津市を相手に裁判の準備を進めている。

虹の松原の事故現場には、辿皇くんを彷彿とさせるひまわりや辿皇くんが好きだったお菓子が供えられていた。明日香さんと、手を合わせる小野裕人さん。

虹の松原の事故現場には、辿皇くんを彷彿とさせるひまわりや辿皇くんが好きだったお菓子が供えられていた。明日香さんと、手を合わせる小野裕人さん。

「この絵が来てすごく支えになり、前向きにがんばろうと思えるようになりました。前へ進むきっかけとなる作品を作ってくれた小野さんは、その後も家や現場までいらして手を合わせてくださったり、辿皇の誕生日のお祝いをしてくださったり気にかけてくれて。ほんとうに感謝しかありません」

 絵の中から息子が応援してくれているような気がするんです、と明日香さんは、自宅に飾っている辿皇くんとひまわりの絵を愛おしそうに眺めた。

関連記事

トピックス

中野英雄が運転するカブの後部座席に座る中山こころ
《離婚後も元妻と同居》俳優・中野英雄 “横須賀4連泊デート” のお相手「ホットパンツ姿の28歳下金髪女優」の正体 「家族ももちろん彼女のことは知ってます」
NEWSポストセブン
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
佳子さま「かつて交際が噂されたお相手男性が結婚」の余波 新たなお相手候補報道も
週刊ポスト
悠仁さまのトンボ研究に世間の耳目が集まる(写真/JMPA)
悠仁さま、「論文」「学会」「英語力」…東京大学推薦枠の募集要項はほぼクリア 残るハードルは「共通テストで8割以上」
女性セブン
『サンデーモーニング』MCの膳場貴子アナ(時事通信フォト)
サンモニ膳場貴子アナ“トランプ発言炎上”、反省しつつも「弱腰になるタイプじゃない」 トランプ陣営への厳しい目は変わらず“関口宏氏の正統後継者”へ
週刊ポスト
最初にペンライト文化を広めた西城秀樹さん
「ペンライト文化は韓国発祥」BTS事務所の主張で論争 専門家は「最初に広めたのは西城秀樹さん」、“ゴンドラ”“観客と同じ振り付け”も秀樹さんの功績
女性セブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《俳優・中野英雄を直撃》元妻宅⇔YouTube共演女優(31)と横須賀4連泊の二重生活「キスはないけどチューはある」「そりゃ大好きですよ」
NEWSポストセブン
なぜ佳子さまを含む秋篠宮家について取り上げないのか(時事通信フォト)
「1番新しい投稿に佳子さまが!!!!」宮内庁インスタグラムが佳子さまのお姿を初投稿にファン歓喜 “ワンショット”に期待の声も
NEWSポストセブン
“ジュノンボーイ”ファイナリストともに逮捕された佐野(時事通信フォト)
《サッカー日本代表が不同意性交容疑》佐野海舟と共に逮捕された“ジュノンボーイ”ファイナリスト・竹内迅人容疑者、落選で夢破れて芸能人養成スクールを辞めたばかりだった
NEWSポストセブン
大谷翔平夫人の真美子さんは奥様会でどうすごしている
《オールスターで特大HR》大谷翔平の妻・真美子夫人、ドジャース奥さま会で“目立たないように…” 集合写真では前列中央から“後列の端のほう”に立ち位置移動
女性セブン
性的暴行の疑いで逮捕された佐野海舟(インスタグラムより)
「面識のない女性を3対1で…」性的暴行で逮捕・佐野海舟容疑者「社会を知らない」と危惧していた父…直前に「プライベートも楽しむ」“意味深”投稿
NEWSポストセブン
深沢の唯一のレギュラー番組は『噂の!東京マガジン』のみ
《本人を直撃》深沢邦之“ホテルデート”のお相手は元妻・田中美佐子の“20年来のファン女性”だった!ブログのコメント欄で深めていた“親密な関係”
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
「週刊ポスト」本日発売! ポスト岸田「こいつだけはダメ!」リストほか
NEWSポストセブン