国内

マッチングアプリで高齢者から3億円奪った27歳元看護師の「プロフ画像」

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

被害総額は3億円(写真はマッチングアプリに登録された西村容疑者のプロフィール画像)

 大阪府八尾市でマッチングアプリで出会った高齢男性から1600万円を騙し取ったとして、無職・西村恵梨奈容疑者(27)と自称投資家・吉田清一容疑者(50)が詐欺容疑で逮捕された。被害者は他に40人以上、被害総額は3億円にのぼるとみられている。その詳細な手口が分かった。

「西村容疑者は今年6~7月にかけ、共犯の吉田容疑者の指示のもと、高齢男性から『奨学金や銀行のカードローンの返済がある』と1600万円を借り、そのまま返済しないでいた。ほかにも40人以上いるとされる被害者のほぼ全員が60代以上で、警察は『これは高齢男性の退職金を狙った新たな特殊詐欺だ』とみて事件の背後を調査中です」(全国紙社会部記者)

 西村容疑者は公立大学の医学部看護学科を卒業後、大学附属病院勤務を経て大手一般企業で保健師として働いていた。

 西村容疑者はどのような手口で高齢男性を篭絡していったのだろうか。10種類以上のマッチングアプリを使用していたという西村容疑者。捜査関係者が話す。

「その中で西村が主に使っていたアプリは女性登録者は20~30代が中心で、男性登録者は40~60代と中高年が多い。西村はアプリに『さき』という名前で登録。プロフィールには『年上の方が大好きでビックリされるかもしれませんが、以前は65歳の方とお付き合いしていました』『職業は看護師』などと書き込んでいた。連絡がきた男性とは『サクラではありません』『新しい恋に向かって素敵な恋人を探しています』などとやりとりし、実際に会うのは通話で相手の退職金の額を聞き出してからだった」

関連記事

トピックス

捕手の及川(写真右端)は大学で野球を続ける選択を
佐々木朗希・高校3年の夏【後編】完全試合で報われた大船渡高校の部員たち
週刊ポスト
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
次なるステップは?(時事通信フォト)
元横綱・白鵬、周到すぎる宮城野部屋の「継承」で見えてきた“理事の椅子”
週刊ポスト
「保守路線の継承者」として名前が挙がる高市早苗氏(時事通信フォト)
安倍晋三元首相の政策後継者 保守路線は高市早苗氏、外交は萩生田光一氏が受け継ぐか
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
ラガーさん
ラガーさん、再び甲子園から姿を消す 本人が明かした「チケットが高すぎる!」の叫び
NEWSポストセブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン