ライフ

【新刊】ブレイディみかこ氏の新著など、秋に読みたい注目の4冊

 秋の夜長、読書に勤しむのも楽しみ方の一つ。涼しくなってきて、気持ちのいいこの季節におすすめの新刊4冊を紹介する。

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』

『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 2』
ブレイディみかこ/新潮社/1430円

 教育は成果が出るまで時間がかかる。成果とは偏差値なんかじゃない。人間形成のこと。子供の可能性を信じ、さまざまな取り組みをする英国の公立校のあり方を描いた前作は80万人の感動を呼んだ。続編である本書でもリサイクル、ノンバイナリー(性別を規定しない生き方)、学校委員の選挙、音楽祭などを通して個が成長するとはどういうことかを瑞々しく描く。また落涙。

『一人飲みで生きていく』

『一人飲みで生きていく』

『一人飲みで生きていく』
稲垣えみ子/朝日出版社/1694円

 旅行と食事は男連れで。と豪語する友人がいて、なんて不自由な、と思ったことがある。とはいえ女性の一人飲みはハードルが高い。この壁に挑んだ体験記で、試行錯誤のすえ掴んだ12カ条の極意を披露する。自分を大きく見せない、スマホを出さない、料理と酒に集中して味わう、感謝を伝えるなど。ミニマム生活を実践、冷蔵庫を持たない著者の家飲み用つまみに目を奪われる。

『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』

『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』

『批評の教室 チョウのように読み、ハチのように書く』
北村紗衣/ちくま新書/902円

 どうやったら批評文が書けるようになるか。カルチャーセンターに通わなくてもそのコツが体得できる。でも批評文を書きたい人ってどれだけいるの? 批評は対象(文学や映画、スポーツなど何でも)を他者と楽しくシェアするコミュニケーションの一種とあり、ナルホドと膝を打つ。一本の映画を巡って教え子とする批評合戦が実践的。情報と批評のバランスが読者を誘い込む。

『きみはだれかのどうでもいい人』

『きみはだれかのどうでもいい人』

『きみはだれかのどうでもいい人』
伊藤朱里/小学館文庫/792円

 県税事務所は市民に逆ギレされるストレスフルな職場。そこで働く25才で主席入庁の中沢環、環の同期で心の病を経て復帰した染川裕未、彼女達の母親世代であるパート勤務の田邊陽子、児童相談所に異動する堀主任が4章を紡ぐ。どの章にも出てくるのがトロくてノロいイノセントな須藤深雪。彼女を写し鏡に、虚勢を張らなければ自己が保てない現代をヒリヒリと考えさせる。

文/温水ゆかり

※女性セブン2021年10月28日号

関連記事

トピックス

赤レンガの建物を前に写真を撮る久慈(本人のインスタグラムより)
久慈暁子、 NBA渡邊雄太と婚約発表直前のフィラデルフィア「匂わせ写真」 『めざまし』卒業直後に渡米デート
NEWSポストセブン
投資家になりビザ取得を目指すとの噂もあるクイックシルバーT着用の小室氏
小室圭さん、投資家転身か 眞子さんが皇族だった30年で得た1億円以上が軍資金に?
女性セブン
雅子さまと紀子さまの共演
雅子さまと紀子さま「全国赤十字大会」にご出席 3年ぶりに妃殿下方がお揃い
女性セブン
リラックスした姿も神々しい
天海祐希の若手俳優を励ます言葉の力 広瀬すずは助言で変化、伊藤沙莉も影響受ける
女性セブン
バンド活動がいちばん楽しいと語っていた綾野
綾野剛 “音楽性の違い”で山田孝之と衝突か ユニットからは1人だけ外される
女性セブン
Aクラスとの差が開いてきた立浪中日(時事通信フォト)
遊撃起用の高橋周平が拙守連発 中日・立浪監督の采配に「迷走している」の指摘
NEWSポストセブン
松田翔太と秋元梢がすれ違い
松田翔太&秋元梢がすれ違い生活 背景に「お互いの強すぎる実家愛」
女性セブン
小室圭さんが投資家になる可能性は
小室圭さん 「投資家ビザ取得」の秘策が浮上、眞子さんの就労問題も解決か
女性セブン
バラエティでの活躍が目立つ竹内由恵アナ(時事通信フォト)
竹内由恵アナ バラエティ引っ張りだこなのに「古巣」に出ない理由
NEWSポストセブン
成年皇族としてのご活動に注目が集まる(3月、東京・千代田区。時事通信フォト)
愛子さま、バイデン氏御所訪問にお姿なく 雅子さまが思い描くデビューのタイミング
女性セブン
かつてはコンビを組んでいたさんま
明石家さんまの“元相方”がイベント話の詐欺で逮捕 兄弟子の哀しい転落人生
女性セブン
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン