芸能

德永英明、柳葉敏郎、ASKA… 実は『スター誕生!』で落選したスターたち

芸能誌にも数々の足跡を残した『スター誕生!』(写真は城 みちる『イルカにのった少年』。第7回決戦大会で合格)

芸能誌にも数々の足跡を残した『スター誕生!』(写真は城 みちる『イルカにのった少年』。第7回決戦大会で合格)

 伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系、1971~1983年)は、この10月で放送開始から50周年を迎えた。同番組は決勝大会で勝ち抜きデビューした数多くのスターを輩出しただけでなく、芸能誌にも数々の足跡を残している。そのなかから、いくつか紹介しよう。

「欽ちゃんコーナー」もヒット連発!

 番組初期は歌の審査が終わった後、参加者を対象に司会の萩本欽一(初代、1971~1980年)が様々なゲームを行なっていた。だが、緊張している相手では上手く笑いがとれないため、第15回の放送で突然、会場にいた若い客をステージに上げる。それがバカ受けし、視聴率にも貢献。「欽ちゃんと遊ぼう」コーナーは番組名物となり、数々の遊びや人気者を生んだ。

 今ではすっかり定着している「あっち向いてホイ」は『スタ誕』によって全国に拡散。他にも「フルーツバスケット」、「ドビン・チャビン・ハゲチャビン」などが流行した。一方、萩本の指名から芸能界入りしたのは“クロベエ”こと黒部幸英と“高松くん”こと西山浩司。アシスタントを務めたリンリン・ランランも「ふりまねコーナー」で人気者に。

臥薪嘗胆!? 落選をバネにしたスターたち

 あまたの才能を発掘した『スタ誕』だが、取りこぼした例ももちろんある。審査員の眼鏡に適わず落選したものの、その後、違う道から芸能界に入り、名を成した人物は意外と多い。

 決戦大会まで進みながらスカウトのプラカードが上がらなかったのは、マッハ文朱、本田美奈子.、德永英明など。ちなみに本田・德永と同じ決戦大会に出場し、1人だけデビューを果たしたのが、のちのバラドル・松本明子であった。

 テレビ予選で敗退したのは、日野美歌、柳葉敏郎、“ロマンポルノ界の聖子ちゃん”と呼ばれた寺島まゆみら。予選会で落選した中には、大江千里、ASKAら、大物シンガーソングライターの名も。逃がした魚は大きかった!?

『スタ誕』が塗り替えた芸能界の勢力図

 1970年代前半、芸能界では渡辺プロダクションが圧倒的な力を持っていた。当時の所属タレントは布施明、森進一、沢田研二、小柳ルミ子など、一枚看板がずらり。しかし『スタ誕』が始まり、ホリプロなどの中堅事務所が有望な新人を獲得すると、その差は急速に縮まっていく。

 もともと良好な関係だった渡辺プロと日本テレビだが、1973年、同プロが自前のオーディション番組を日テレの『紅白歌のべストテン』の同時間帯にぶつけたことから確執が表面化。『スタ誕』をはじめ同局の歌番組に渡辺プロのタレントが出演しない事態に発展する。

 80年代に入って関係は修復されるが、時すでに遅し。“ナベプロ帝国”は瓦解し、芸能事務所は群雄割拠の時代に突入した。

関連キーワード

関連記事

トピックス

青汁王子こと三崎優太氏
【速報】青汁王子こと三崎優太氏、深夜に救急搬送 ファンが心配するツイート直後に
NEWSポストセブン
「沖縄には、今なお様々な課題が残されています」と、陛下は沖縄の今後についても言及された(宮内庁提供)
沖縄本土復帰50周年 昭和、平成、令和と皇室で受け継がれる沖縄への祈り
女性セブン
浅田舞がパチスロをする姿や浅田真央との腕組私服姿もキャッチ
浅田真央 固くなる姉との結びつき、父との断絶…セカンドキャリアへの不安
女性セブン
こちらに向かってポーズをとる田口容疑者(田口容疑者のインスタグラムより)
【不運すぎる真実】4630万円問題「なぜ463世帯の中で田口翔容疑者だったか」副町長が明かした背景(前編)
NEWSポストセブン
眞子さんらはたくさんの護衛を引き連れ出国していった(昨年秋)
小室夫妻への手厚い援助 渡米時は“迎えの車”、総領事館には“小室さん夫婦担当”
女性セブン
新井恵理那
BTSと新井恵理那も気を配る「芸能人とメンタルヘルス」シビアな現実
NEWSポストセブン
パチンコ店で浅田舞が目撃された
浅田真央宅に身を寄せる姉・浅田舞 GWゾロ目の日に朝イチからパチンコ店
女性セブン
4年近くにわたって“立法も質問主意書もゼロ”だった人たちは?(時事通信フォト)
4年間の活動で“立法も質問主意書もゼロ”国会議員たちの「言い分」
週刊ポスト
新しい相棒になったワンちゃんを散歩させる市村正親
市村正親 篠原涼子と離婚の寂しさか、子への愛情か 新たにボーダーコリーを家族に「離婚後も指輪」は継続
NEWSポストセブン
周到な準備の上ではじめたNYでの新婚生活は終わって帰国となってしまうのか…
小室夫妻を襲う円安&インフレ 家賃は実質5万円アップ、秋篠宮家の援助はあるか
女性セブン
河野恵子さんに2022年のあくる日、カレについて聞いた
河野景子、再婚に暗雲 交際相手ジャッキー・ウー氏が抱えるビジネス上のトラブル
女性セブン
小島瑠璃子
小島瑠璃子、後輩・井上咲楽に仕事を奪われる形に 一時活動休止で中国進出準備か
女性セブン