芸能

そのうち日本のアイドル声優は中国に所属するようになるかもしれない

中国最大のゲームショウChinaJoy 2021でのbilibiliブース(Imaginechina/時事通信フォト)

中国最大のゲームショウChinaJoy 2021でのbilibiliブース(Imaginechina/時事通信フォト)

 訪日観光客が激増していた時期、爆買いツアーなどでデパートや高級店だけでなくドラッグストアなどの量販店にも多くの外国人観光客の姿があふれていた。多くの日本人は、日本で販売されている商品の質が高いからだと考えていたが、外国人の本音は「日本は安い」からだった。モノもサービスも日本と日本人は安い「チープジャパン」が真実だった。俳人で著作家の日野百草氏が、「日本人は安い」と仕事を依頼する中国のオタクカルチャー産業が、日本の女性声優にもコンテンツとしての可能性を見出している現状を聞いた。

 * * *
「大陸から面白い依頼がありましたよ、日本の人気声優が欲しい、中国ならもっと売れると」

 ぜひ話を聞いて欲しいとメールをくれた栗田新二氏(40代・仮名)。筆者の古い知り合いだが、もう10年以上会っていなかった。拙ルポ『アニメやゲーム業界「日本人は安くて助かります」その由々しき事態』を読んで連絡をよこしたという。この記事をきっかけにアニメやゲームはもちろんIT、運輸、建設など他にも多くの中抜き(経済用語ではなくピンハネを意味する俗語)情報が寄せられたが、疎遠だったとはいえそれなりに知った仲でエビデンスの容易な栗田氏の電話を優先した。中抜き問題はこれからも追及する。

 いま彼は主に電子コミックを手掛けるプロダクションにいる。この会社は中国とのマーケティング企画なども手掛けている。彼自身もかつてメディアミックス系の出版社にいたため声優業界にも精通している。いまはなき声優誌のライター経験もある。

「中国系エージェントの日本事務所からですけど、日本の声優は中国で大人気なんです」

 日本の声優、とくに若手女性声優は中国でも大人気だ。コロナ禍もその人気は衰えを知らない。水樹奈々、花澤香菜といった不動の大人気声優を筆頭に日本の女性声優が次々と取り上げられファンを獲得している。豊崎愛生や徳井青空は中国最大級の動画共有サイト「bilibili(ビリビリ)」にチャンネルを開設、大橋彩香も同じく「bilibili」でオンラインライブを開催する常連だ。上坂すみれは「政委」(司令官の意味)として崇められている。

「日本語のままがキュートみたいで、中国語できなくてもいいみたいですね」

日本の若い女性アイドル声優は中国人のオタク男性にとって特別

 中国のオタクは古くから日本のアニメを字幕で見ていたので気にしない。むしろ日本の女性声優の声がなければ、というファンが大半だ。

「中国も声優はいますけどね、日本の女性アイドル声優に比べたら扱いは低いです」

 中国では声優のことを「配音演員」と呼ぶ。最近では日本語の「声優」が浸透しているようだが、「アイドル声優」という文化を模倣しようとはしても育成はまだまだ。日本独特の文化とそれに裏付けられた育成システム、そして人材は一長一短にはいかない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
上重聡さんが野球YouTubeの魅力を語る
甲子園で松坂大輔と投げ合った元日テレ・上重聡アナが語る野球YouTubeの魅力と「視聴必至のチャンネル」4選
週刊ポスト
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト