芸能

そのうち日本のアイドル声優は中国に所属するようになるかもしれない

中国最大のゲームショウChinaJoy 2021でのbilibiliブース(Imaginechina/時事通信フォト)

中国最大のゲームショウChinaJoy 2021でのbilibiliブース(Imaginechina/時事通信フォト)

 訪日観光客が激増していた時期、爆買いツアーなどでデパートや高級店だけでなくドラッグストアなどの量販店にも多くの外国人観光客の姿があふれていた。多くの日本人は、日本で販売されている商品の質が高いからだと考えていたが、外国人の本音は「日本は安い」からだった。モノもサービスも日本と日本人は安い「チープジャパン」が真実だった。俳人で著作家の日野百草氏が、「日本人は安い」と仕事を依頼する中国のオタクカルチャー産業が、日本の女性声優にもコンテンツとしての可能性を見出している現状を聞いた。

 * * *
「大陸から面白い依頼がありましたよ、日本の人気声優が欲しい、中国ならもっと売れると」

 ぜひ話を聞いて欲しいとメールをくれた栗田新二氏(40代・仮名)。筆者の古い知り合いだが、もう10年以上会っていなかった。拙ルポ『アニメやゲーム業界「日本人は安くて助かります」その由々しき事態』を読んで連絡をよこしたという。この記事をきっかけにアニメやゲームはもちろんIT、運輸、建設など他にも多くの中抜き(経済用語ではなくピンハネを意味する俗語)情報が寄せられたが、疎遠だったとはいえそれなりに知った仲でエビデンスの容易な栗田氏の電話を優先した。中抜き問題はこれからも追及する。

 いま彼は主に電子コミックを手掛けるプロダクションにいる。この会社は中国とのマーケティング企画なども手掛けている。彼自身もかつてメディアミックス系の出版社にいたため声優業界にも精通している。いまはなき声優誌のライター経験もある。

「中国系エージェントの日本事務所からですけど、日本の声優は中国で大人気なんです」

 日本の声優、とくに若手女性声優は中国でも大人気だ。コロナ禍もその人気は衰えを知らない。水樹奈々、花澤香菜といった不動の大人気声優を筆頭に日本の女性声優が次々と取り上げられファンを獲得している。豊崎愛生や徳井青空は中国最大級の動画共有サイト「bilibili(ビリビリ)」にチャンネルを開設、大橋彩香も同じく「bilibili」でオンラインライブを開催する常連だ。上坂すみれは「政委」(司令官の意味)として崇められている。

「日本語のままがキュートみたいで、中国語できなくてもいいみたいですね」

日本の若い女性アイドル声優は中国人のオタク男性にとって特別

 中国のオタクは古くから日本のアニメを字幕で見ていたので気にしない。むしろ日本の女性声優の声がなければ、というファンが大半だ。

「中国も声優はいますけどね、日本の女性アイドル声優に比べたら扱いは低いです」

 中国では声優のことを「配音演員」と呼ぶ。最近では日本語の「声優」が浸透しているようだが、「アイドル声優」という文化を模倣しようとはしても育成はまだまだ。日本独特の文化とそれに裏付けられた育成システム、そして人材は一長一短にはいかない。

関連キーワード

関連記事

トピックス

Honda新型「FREED(フリード)」の新CM発表会に登壇したMrs. GREEN APPLE
【過去にも騒動】Mrs. GREEN APPLE 『コロンブス』炎上前から「メンバー脱退」「大幅イメチェン」「楽器弾かずにダンス」の紆余曲折
NEWSポストセブン
東部ペンシルベニア州で演説中、銃撃を受けたトランプ氏(時事通信フォト)
《トランプ氏銃撃事件》容疑者がシークレット・サービスに殺害された犯行現場 「東部ペンシルベニア」の土地柄
NEWSポストセブン
晩餐会で、エデルマン弁護士は小室さんの右隣に座り知人を紹介した(写真は『週刊NY生活』2024年6月22日号より)
小室圭さんの“お目付け役”超エリート女性弁護士の不思議な経歴 会合には常に帯同、つきっきりで指導する目的は何か
女性セブン
女優復帰した黒木メイサ
黒木メイサ「もっとデキる女になっていたはずだった…」、芸能生活20年目の切ない感想 海外展開を目指すも高かった言葉の壁、現在は都内で新生活
女性セブン
メダル有力選手の熱すぎる瞬間をピックアップ!
【パリ五輪直前】バレー、競泳、柔道、卓球、バスケほか…メダルが期待される各種目の注目選手を紹介
女性セブン
日本では不可だが二重国籍が認められている国は少なくない(イメージ、dpa/時事通信フォト)
《“国籍売買”の実態》マルタでは正式ルートで2億円 カンボジアの裏ルートでは日本人が国籍を求める“ワケあり事情”
NEWSポストセブン
大谷翔平
大谷翔平、“引っ越さないまま”12億円新居売却へ フジと日テレの報道に激怒、不動産会社の情報管理体制にも不信感
女性セブン
連続ドラマ主演が続く小芝風花
小芝風花、撮り下ろしグラビア ドラマ『GO HOME』で共演の大島優子に「バディとしての遠慮のないかけあいにも思い切り飛び込めます」
週刊ポスト
愛子さま
愛子さまに“親衛隊”が誕生 “学習院卒業生かつ日赤関係者”による「日赤桜友会」が設立、親睦を深め“出会いの場”を提供
女性セブン
スポンサー企業とのアンバサダー契約が解除された形になった安藤美姫(共同通信)
《16歳教え子と手つなぎ報道で異変》安藤美姫、スポンサーのサイトから顔写真が消えた アンバサダー契約の企業は「契約期間満了でした」と回答
NEWSポストセブン
「日本学士院賞」の授賞式に登壇された雅子さま(撮影/雑誌協会代表取材)
天皇皇后両陛下、飽くなき“学びのお心” 日本学士院賞授賞式に登壇、「どういう資料を?」専門家に熱心にご質問
女性セブン
物議を醸した谷藤さんの「下着着替え」のアンサー動画
《チー牛さんは黙ってて》古着店の“下着から着替え動画”が物議 女性スタッフが明かした“見せる理由”「カルバン・クラインからお礼のメッセージが」
NEWSポストセブン