上海 CCG EXPO 2021でのコスプレイヤー(Imaginechina/時事通信フォト)

上海 CCG EXPO 2021でのコスプレイヤー(Imaginechina/時事通信フォト)

「中国は嫌いだし悔しいけど、金出さない日本が悪いんですよ。それは知ってるでしょう」

 氏の声色が変わって少し強くなる。そのとおりで私も知っている。ゲームやドラマCDなら若手だろうと人気実力相応のギャラを出せるが、アニメとなると決められた額しか払えない。そもそも払いたくても現場に金は来ない。アニメに限らず日本中、もう何十年も現場に金が降ってこない。知らない誰かが知らないうちに抜いた残りの金しか降って来ない、これはエンタメに限らず日本のIT、建設、運輸、製造、派遣に従事する者すべてが実感していることだろう。

 先のルポ含め、本稿は忌々しい中国礼賛などではなく警告である。アフターコロナの中国はさらに本気を出してくる。軍事力を背景にした米中の衝突も気がかりだが、各々の一個人にもチャイナパワーは身近な危機である。アニメーターやイラストレーターはいい、原稿料が高いならしたたかに請ければいいだろう。声優もしかりだ。相応のギャラをくれる限りは、これまたしたたかに声の職人としてお仕事に邁進すればいい。

 ただし中国人は払いたい相手には払うが、価値のない相手には容赦ない極端な優勝劣敗気質だ。若手女優のギャラが1本10億を超える陰で何の取り柄もない一般市民は虫けら同然というディストピアが中国だ。中国企業と多くの企業や個人がつき合うのは商売としてありだが、労働者としての雇用契約なら賛成しない。労働者となると一部を除けば中国人の給料は安い。それでもいずれ、一般サラリーマンもそんな中国資本に会社ごと飲み込まれるかもしれない。それどころか日本人の人買いによって中抜き後の「安い日本人」として売り飛ばされるかもしれない。かつての「安い中国人」が逆転し始めている。日本政府はチャイナリスクから民間を守ろうとしていない。むしろ裏で媚中迎合しているのではとアメリカ始め同盟国から不審がられる始末だ。

 30年間平均所得が変わらず、中抜きという泥棒を産業全体にのさばらせたのは日本の為政者とその尻尾どもである。特殊な話でもなんでもない。ジャパニメーションの危機は、そっくりそのまま日本人の身近な危機であり、その端緒である。文化もまた戦争なのだ。

【プロフィール】
日野百草(ひの・ひゃくそう)/本名:上崎洋一。1972年千葉県野田市生まれ。日本ペンクラブ会員。かつて1990年代から月刊「コンプティーク」を始め多くのアニメ誌、ゲーム誌や作品制作に携わった経験を持つ。近年は文芸、ノンフィクションを中心に執筆。全国俳誌協会賞、日本詩歌句随筆評論協会賞奨励賞(評論部門)受賞。著書『誰も書けなかったパチンコ20兆円の闇』(宝島社・共著)、『ルポ 京アニを燃やした男』(第三書館)他。近著『評伝 赤城さかえ 楸邨、波郷、兜太から愛された魂の俳人』(コールサック社)。

関連キーワード

関連記事

トピックス

逮捕された佐野海舟容疑者(時事通信)
《性的暴行で逮捕》佐野海舟容疑者、オンラインサロン上に“新規メッセージ”でファンが騒然「僕はひたすら待ち続けます」
NEWSポストセブン
『旅サラダ』卒業を発表した俳優でタレントの神田正輝(73)
《山男の自分を取り戻す》神田正輝「小さな山小屋をやったら楽しい」旅サラダ卒業後の“第2の人生”計画
NEWSポストセブン
北の富士氏
病気療養中の北の富士氏が大相撲中継にVTR出演「NHK解説者の後任に元大関・琴風が据えられる動きへの牽制」の見方も
NEWSポストセブン
早くも自民党総裁選に向けて走り出した議員も(時事通信フォト)
9月の自民党総裁選に向けて動き出した有力候補たち 小泉進次郎氏、石破茂氏、茂木敏充氏、小林鷹之氏ら派手な乱立戦の可能性
週刊ポスト
俳優・中野英雄と次男の仲野太賀(時事通信フォト、HPより)
《俳優・中野英雄が告白》大ブレイク中の息子・仲野太賀への思い「昔渡した腕時計を、今も…」「あいつは全部自分で切り拓いた」離婚後も変わらなかった“家族の絆”
NEWSポストセブン
結婚生活にピリオドを打った女優の田中美佐子とお笑いコンビ・Take2の深沢邦之(インスタグラムより)
《円満離婚なんてない》田中美佐子、格差婚から“仮面夫婦”と言われて29年「生じていた3年前の異変」「突然消えた結婚指輪」元夫は女性ファンとラブホデート
NEWSポストセブン
のれんをくぐり終えた中野はとりあえず左方向を確認した
《全文公開》俳優・中野英雄が明かした“28歳下女優と4連泊→元妻宅”「二重生活」の真実「もう男性機能がダメなの」「息子の仲野太賀は『母さんがいいなら…』と」
週刊ポスト
名古屋場所
《名古屋場所に登場の溜席着物女性》美人どころを引き連れ周囲の目を惹く存在に 土俵に最も近い席で15日間皆勤
NEWSポストセブン
今回会合が開かれた稲川会の内堀和也会長。
【ヤクザサミット2024in横浜に密着】関東暴力団トップ、マル暴40名が駆けつけた「炎天下の極秘会合」が開かれたワケ
NEWSポストセブン
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
中森明菜、6年半ぶりディナーショーで感動の11曲を披露 MCでは「ただのクソババアでしょ。来年還暦よ」と大暴れ
女性セブン
五輪直前の忙しい日々、朝のルーティン、将来の夢も語った阿部詩選手
柔道・阿部詩が“柔道家であることを忘れて挑んだ”撮影への感想 「モデルっぽく撮影していただいて楽しかった!」
NEWSポストセブン
佳子さま
佳子さま、「3000円青ニット国際親善」の問題点をギリシャ研究の権威が指摘 「軽く扱われた」と誤解された可能性、修道院でのパンツ姿も「冒険する必要はない。周囲が気を配らないと」
女性セブン