芸能

日野美歌『スタ誕』不合格でも審査員の「あきらめちゃダメだよ」で夢掴む

日野美歌が『スタ誕』の思い出を振り返る

日野美歌が『スタ誕』の思い出を振り返る

 オーディション番組をきっかけにデビューした歌手は数多く存在するが、不合格で涙を呑みながら、後に成功した歌手も多い。『氷雨』の大ヒットで知られる日野美歌もそのひとり。日野美歌が伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)に出演した時の思い出を語る。

 * * *
 どこかにバラードの似合う大人の歌手になりたいという気持ちがあり、中1の終わりに予選会で『五番街のマリーへ』を歌いました。通過したのですが、プロデューサーの池田さんに「この歌は8回くらい恋をしてからにしよう」と言われ、中2になったばかりのテレビ予選(1976年5月9日放送)では林寛子さんの『ほほえみ』に変更しました。

 本番前、七五三以来になるお化粧をしてもらいました。随分大人びた顔になったなと思っていたら、審査員の松田トシさんに「あなた、ちょっと老けて見えるのよね」と言われて。9点足りず、不合格でした。気落ちしながら控室に戻ると、池田さんが「歌唱力あるから、あきらめちゃダメだよ」と励ましてくれ、心に光が灯った。

 後楽園ホール近くの水道橋駅から帰る時、ゲスト出演した神保美喜さん(『スタ誕』出身)が目の前で改札を通り抜けたんです。それがキラキラした登竜門のように見えた。今考えると、この道に進んでいいか確認するため『スタ誕』を受けたんだなと。それからデビューまで6年掛かったけど、合格していたら短命に終わったかもしれないし、『氷雨』というヒット曲に出会うこともなかった。運命ってあるんですね。

【プロフィール】
日野美歌(ひの・みか)/1962年生まれ、神奈川県出身。1982年デビュー。2枚目のシングル『氷雨』が大ヒットし、翌年『NHK紅白歌合戦』出場。

取材・文/岡野誠

※週刊ポスト2021年10月29日号

関連記事

トピックス