ライフ

スマホの詐欺、宅配便の偽不在通知が急増 不正アプリのインストール被害

詐欺に注意

スマホの詐欺に注意!

 今や生活に欠かせないスマホ。便利な反面、犯罪被害に遭う危険性もはらんでいる。最近、増えている詐欺手口の具体例を紹介しよう。

ID、パスワードなど個人情報を狙う詐欺通知はなりすましでやってくる!

 大阪府のパートタイマー・B子さん(50才)のスマホに、ある日カード会社から「利用停止」の連絡メールが届いた。「利用停止は困るので、すぐ復旧したい」と考えたB子さんは、メールにあるリンクをクリックし、現れた本物そっくりの偽サイトにIDやパスワード、クレジットカード番号を入力したところ、クレジットカード情報を不正利用され、高額な商品を購入される被害に遭ってしまった。

 B子さんのように、実在の会社を騙って個人情報を詐取する「フィッシング詐欺」の被害者も後を絶たない。

 詐欺メール撲滅の注意喚起を行っている「三井住友カード」広報の伊藤憲一郎さんは、次のように注意を促す。

「弊社から、利用確認のメールやSMSをお送りすることはありますが、そのリンクをクリックしても、いつどこでいくら買い物をしたか、それがあなたの利用したものかどうかを確認する画面のみが表示されます。決して、上にあるようなIDやパスワード、クレジットカード番号のような個人情報の入力画面は出てきません。それが出た時点で、偽サイトです。被害が保障されない場合もあるので、絶対に入力しないでください」

「ヤフージャパン」も同様に、注意喚起を発信している。

「メールやSMSの差出人も偽装が可能なので、本物かどうかを見分けるのは難しい。本物かわからないメール内のリンクには、触れないことが鉄則です。もし『本物の通知かもしれない』と気になることがあれば、公式アプリや公式サイトからログインして確かめるのが安全です」(ヤフー広報・小澤恵さん)

 日本スマートフォンセキュリティ協会によれば、ここ10年でIT関係の脅威が激変したという。

「10年前はメール誤送信や不正持ち出しなど、人が起こす情報漏洩が脅威の中心でした。それが、2021年の10大脅威(情報処理推進機構(IPA)発表の「情報セキュリティ10大脅威2021」より)の1位がスマホ決済の不正利用で、2位がフィッシングによる個人情報の詐取。まさにガラケー時代にはなかった個人情報や金融資産を騙し取る道具として、スマホは狙われているのです」(同協会・啓発事業部会長・藤平武巳さん)

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン