グラビア

女王・森咲智美も全力応援! SNS時代の「国民的グラドルコンテスト」開催

グラビア界のSNS女王・森咲智美さんも全力応援!次世代のグラドルスターは誰に!?

グラビア界のSNS女王・森咲智美さんも全力応援!次世代のグラドルスターは誰に!?

 Instagram、Twitter、TikTok、YouTubeといったSNSが隆盛の中、グラビアアイドルたちもSNSを活用してフォロワーたちと交流を深めるのが当たり前の時代となった。そんなSNS時代の次世代スターの原石を発掘する「国民的グラドルコンテスト」が開催される。現在、グラドルたちのエントリーを受付中だ。

 同コンテストでは、TikTokの再生回数、「いいね」やコメント数および、YouTubeの生放送番組の視聴者数やチェキ販売数などをポイント化し、審査員ポイントを加点した合計ポイントをランキング化して競うシステムだが、勝ち残っていくためにはどんな要素が求められるのだろうか。

 インスタフォロワー数456万人を誇る“グラビア界のSNS女王”森咲智美さんが、SNSを活用する秘訣を明かすとともに、出場者たちへ応援メッセージを寄せた。

──「国民的グラドルコンテスト」では出場者はどのようなところを頑張ればいいのでしょうか?

「『国民的グラドルコンテスト』は選考基準がTikTokだったりYouTubeだったりで、それが今のオーディションのあり方だなと思いました。SNSでは、自分で考えて自己プロデュースや情報発信することによって数字が伸びて人気も上がっていくので、そういうところを頑張ってほしいと思います」

──コンテストでは水着審査もあります。水着オーディションのコツを教えてください。

「私はウエストとかコンプレックスだらけなんですけど、その分ポージングとかでカバーしています。ポージングを勉強して臨んでもらうといいと思います。『ムチムチだから』『ガリガリだから』と体にコンプレックスを持っている人にこそオーディションを受けてもらいたいですね。コンプレックスがあった方が逆に自分の売りになるポイントがいっぱいあることに気づけます。だから自分を愛して、自信をもって応募してもらえたらいいかなと思います」

──応募されるグラドルにグラビアの先輩としてメッセージをお願いします。

「選考基準が今の時代らしくとても面白いと思います。現在、ファンがあまりいない子でもすごいチャンスがある選考システムです。自分のやる気次第でどんどん伸びていくと思うので、ぜひやる気のある方は頑張って勝ち抜いてほしいですね。森咲も微力ながらバックアップしていきたいと思いますので頑張ってください」

 エントリー期間は10月29日金曜日まで。その後のスケジュールは、書類選考と面接の通過者は予選へ進み、年末の決勝選考を経て、2022年1月にグランプリが決定する。グランプリ受賞者は「週刊ポスト」誌面、「sabra net」での撮り下ろしグラビア掲載、さらにはデジタル写真集発売やDVDの発売も予定されている。

 コンテストの様子は、「週刊ポスト」および「NEWSポストセブン」にて順次報告される予定。まだエントリーしていないグラビアアイドルさんはお早めにエントリーを! また推しのグラビアアイドルに出場してほしい人は、ぜひ本人に知らせして出場してもらおう。

◆「国民的グラドルコンテスト」コンテストの詳細は、以下のURLを参照。
https://rip.ne.jp/neo_gra/

関連記事

トピックス

三浦瑠麗(時事通信フォト)
三浦瑠麗氏、相次ぐ番組出演見合わせ 夫の会社家宅捜索で“炎上キャラ”終了、復帰は困難か
NEWSポストセブン
デヴィ夫人(2022年6月)
デヴィ夫人が元白鵬の襲名パーティーで“激怒の途中退席”騒動「こんな屈辱は初めてです」と怒った理由
NEWSポストセブン
広島・小窪哲也コーチに話を聞いた
広島・小窪哲也コーチに不倫を直撃 30代女性ラウンジ社長宅に3日連続「通い愛」
週刊ポスト
一般参賀デビューを果たされた(1月、東京・千代田区。写真/JMPA)
愛子さま、高まる「言葉への関心」 留学経験すれば文才に磨きがかかるのでは…と期待も
女性セブン
公安調査庁ベテラン調査員のメールが流出して大騒ぎ。その内容も…(時事通信フォト)
【本人直撃】「安倍元総理銃撃の真犯人は山上ではない」公安調査庁ベテラン調査員のメール流出の衝撃
週刊ポスト
渋谷のスクランブル交差点で笑顔のパッキャオ
「RIZIN」参戦発表のパッキャオ 渋谷スクランブル交差点で家族写真撮影中に大パニック発生
NEWSポストセブン
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
ミタパン退社で勃発するフジ「報道アナを巡る戦い」内田嶺衣奈アナは日の目を見るか
NEWSポストセブン
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
【アニマルな一面】鈴木京香「ヒョウ柄を履いて」54才でも圧巻の美スタイルの理由
NEWSポストセブン
逮捕された永田陸人容疑者と東京・狛江市の事件現場(時事通信フォト)
連続強盗事件、特殊詐欺に酷似する手口 標的は「人に恨みを買う仕事で稼いだ資産家」から「一般人」に
週刊ポスト
宮崎あおい
宮崎あおいシースルートップスから早着替えで「ママの顔」芸歴33年目の凄み
NEWSポストセブン
Aさん(左)と逢瀬を重ねる桂雀々
上方落語の爆笑王・桂雀々に「所属事務所社長とW不倫」を直撃 「最高のパートナーなんです」
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
「週刊ポスト」本日発売! コロナワクチン「打つほどかかる」を検証ほか
NEWSポストセブン