国内

亀井氏・山崎氏・藤井氏、政界長老座談会「選挙の注目は野党共闘」

亀井静香氏は岸田文雄政権をどう見る?

「野党がきちっとまとまってやれば、自民党は大変なことになる」(亀井静香氏)

 発足当初から波乱含みの岸田政権の命運やいかに。週刊ポスト恒例「老人党座談会」。政界の長老、亀井静香氏、山崎拓氏、藤井裕久氏の3人が長年の政局観で占う。(全3回の第3回)

亀井:安倍(晋三)も、麻生(太郎)も甘利(明)も、3人とも経済なんて分かってないだろう。それが今や日本を取り仕切っているというんだから、日本もアカンわ。むしろ選挙の注目は野党共闘でしょう。やってみんと分からんが、岸田政権の支持率が上がらない中で小選挙区だから、野党がきちっとまとまってやれば、自民党は大変なことになる。

 野党もね、共産党の志位和夫は理論とかにこだわらず、現実にどうしたら得かしか考えていない男だから、自分たちが入ると言ったら共同戦線が割れると思うから閣外協力とした。なかなか賢いよ。このままいったら、全国の小選挙区で自民党は大変な戦いになるな。保守王国の広島ですら大変な戦いになる。

藤井:共産党については、私は立憲民主党にはとりあえず仲間に入れたっていいじゃないかと言っていました。例えば、自民党は自分とこの総理、田中角栄を「殺す」とまで言っていた石原慎太郎さんがいた。青年将校のような青嵐会まで内側に抱えられる自民党を見習え、と言っています。

亀井:立憲民主党はいまだに労組に頼っていて、確かに集会には労組の幹部は出てくるが、彼らのほとんどが入れてるのは自民党だよ。それが実態なんです。だから、労組頼みはもう脱却したほうがいい。

 それより共産党は小選挙区ごとに2万から3万の票を持っているから、それがどこに付くかで全然違う。野党共闘がうまくいけば、来年の参院選は大変な結果が出る可能性はあるな。そうなれば自民党と公明党だけの政権はあり得ない。一気に3党か4党、もっと広い政治勢力が結集した政権でないと持たなくなるんじゃないか。

山崎:確かに野党共闘の影響はかなりあると思いますね。総裁選で自民党の支持率が上がった結果、今まで「苦戦」だったのが「善戦」に変わったところが結構あるんですね。でも「必勝」になったわけではない。

 岸田さんが何かのことで躓くことがあれば、善戦がまた苦戦に変わることはあると思います。なかなか難しい選挙情勢だと思います。

関連キーワード

関連記事

トピックス

アナウンサーを射止めるのが上手いのでは…
『新・信長公記』は“何でもあり” 時代劇研究家も驚いたポイントとは?
NEWSポストセブン
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
橋本愛『家庭教師のトラコ』 遊川和彦氏による立体的脚本の「着地」は決まるのか
NEWSポストセブン
1985年のニュージーランド合宿(写真提供/瀬古氏)
「技術の話はほとんどなし。9割以上が精神論」瀬古利彦が見た名伯楽・中村清の指導法
週刊ポスト
ホームランの“確信歩き”もサマになるヤクルト・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が「外れ1位」でも大活躍! その心理を“経験者”の元阪神・遠山奬志氏が解説
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
バックヤードツアーで貴賓室が公開される予定の東武浅草駅(写真:小川裕夫)
鉄道駅に設置されてきた貴賓室 記録されぬまま廃止になるケースも
NEWSポストセブン
五社英雄監督について実娘の五社巴さんが振り返る(C)五社プロダクション
没後30年、五社英雄監督 娘が振り返る「常識では考えられないほどの仕事量」
週刊ポスト
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン
【ドル円週間見通し】下げづらい展開か 地政学リスクも引き続き意識される
【ドル円週間見通し】下げづらい展開か 地政学リスクも引き続き意識される
マネーポストWEB