国内

岸田首相 投開票直後の英国外遊は“早すぎる卒業旅行”になるか

外交手腕に自信のある岸田文雄だが・・・(時事通信フォト)

外交手腕に自信のある岸田文雄だが・・・(時事通信フォト)

 今回の総選挙は、全国各地の選挙区で激戦が繰り広げられていると伝えられ、10月31日の投開票日に向けて、与野党ともに“最後の追い込み”に入っている。同日20時に投票が締め切られて開票が始まるが、どのタイミングで趨勢がはっきりするのか、予断を許さない。そうしたなかで、岸田文雄・首相が組んでいる“日程”に、自民党内部からも疑問の声があがっている。

「この形勢で総理は本当に外遊する気なのか」

 総選挙最終盤の追い込みに入った自民党選対関係者からそんな声があがっている。

 岸田首相が10月31日の投開票日の夜、英国で開催される「気候変動枠組み条約締結国会議」(COP26)に出発すると発表したからだ。総選挙の開票結果がすべて出揃う前に国を留守にするのは前代未聞だ。

 首相は大の外交好き、というより、“外交通”を自任している。安倍内閣で4年半にわたって外相を務めたこと以外、目立つ政治キャリアはほとんどないのだからそう思いたいのは無理もない。

 そのためバイデン米大統領はじめ各国首相が出席するCOP26でなんとしても対面での首脳外交デビューを果たし、できれば“ジョー、フミオ”関係をアピールしたいということだろう。

「当初、総選挙は11月7日で準備されていたが、その日程では首脳会議が選挙期間に重なり、党内から“選挙応援もしないで外遊に出た”と批判を浴びる。投開票を1週間早めて超短期決戦にすることで、COP26に行けるようになった。総理は就任後に出演した民放番組で、対面での初会談の相手としたい海外首脳にバイデン大統領の名前を挙げるなど前のめりで、外務省サイドに『英国では短時間でもいいからバイデン大統領との会談の約束をもらうように』とハッパをかけているという」(官邸スタッフ)

 だが、肝心の選挙情勢は予断を許さない。岸田首相は選挙の勝敗ラインを「与党で過半数」と低い水準に置いているが、実際には、自民党が前回総選挙で獲得した284議席から「40議席減なら政権に黄信号、50議席減になると赤信号が灯る」(自民党閣僚経験者)とみられている。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト