ライフ

【書評】『イン・マイ・ライフ』団塊世代の独り身女性の半生と老い方

『イン・マイ・ライフ』著・吉本由美

『イン・マイ・ライフ』著・吉本由美

【書評】『イン・マイ・ライフ』/吉本由美・著/亜紀書房/1650円
【評者】関川夏央(作家)

「雑貨に夢中」とは、一九八二年に雑誌「クロワッサン」連載の記事だが、その書き手が吉本由美、肩書は「インテリア・スタイリスト」とあった。

 ファッション写真で、モデルに着せる服を選び、着付けて撮影する「スタイリスト」は、「アンアン」に始まる一九七〇年代の新職業だ。それより年長、「ニューファミリー」の主婦向け「クロワッサン」は、かつて「荒物」と呼ばれた「台所用品」や小洒落た「雑貨」に注目するよう読者を誘った。「モノ」を選んで店から借り、撮影して記事を書き、返しに行く。最先端の「インテリア・スタイリスト」は肉体労働でもあった。

 映画好きの吉本由美は、一九六七年、十八歳で熊本から上京、モードの学校で学んだ。「試写がタダで見られる」と二十歳で映画雑誌の会社に入った。

 小柄で、かわいい美貌の彼女は、二十三歳のとき「アンアン」のフリーランス・スタッフに採用され、二十五歳で「クロワッサン」に移った。八〇年代なかばまでよく働いて名を知られた。だが自分も大いに貢献したモノの氾濫に疲れて「スタイリスト」を廃業、書き手となった。

 恋人はいたが、結婚はしなかった。熊本に帰って親の介護をしようと決めたのは六十二歳の二〇一一年春であった。両親は間もなく亡くなり、自分も老いを実感した。古い家はつぎつぎ不具合が生じる。亡父が丹精込めた庭には雑草がはびこる。対処にはお金がかかるが、貯えがない。年金は少ない。フリーだったからである。

 自分が死んだら家屋敷を売り払って相殺する年金型「リバース・モーゲージ」を組み、ネコたちとそこで暮らすことにした。問題は、いま七十三歳の彼女が、その期限八十六歳までにうまく死ねるかだ。占いによると九十八歳まで生きてしまう。泣き言はなく、くどくもない。「これでいいのだ」とバカボンのパパのようにうなずく「団塊の世代」の独り者の女性、その全盛期と老い方をよく伝える。

※週刊ポスト2021年11月5日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

焼肉店を訪れた中川大志
【キュート写真公開】中川大志「おでこ全開で」庶民派過ぎる打ち上げ、橋本環奈も惚れるイノセントイケメン
NEWSポストセブン
三浦瑠麗氏の夫のトラブルは他にも(写真/共同通信社)
三浦瑠麗氏、詐欺容疑で家宅捜索された夫の会社にもう1つのトラブル 太陽光発電所建設に地元住民困惑
週刊ポスト
巨人新体制に最重鎮OBが怒り(写真/共同通信社)
巨人・阿部ヘッド「原監督の後継者」宣言も 次期監督に「松井秀喜、高橋由伸待望論」
NEWSポストセブン
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
史上最速の新十両・落合 師匠の元白鵬が断髪式後に見据える「強い弟子を育てて一門の理事に」シナリオ
週刊ポスト
最近は韓流アイドルにハマっているという
君島十和子の長女・蘭世惠翔が宝塚退団 男役から娘役に転向“わずか数cm”の身長差が影響か
女性セブン
貴景勝
大関・貴景勝の横綱昇進にどうも乗り気じゃない相撲協会の思惑 「貴乃花の亡霊」の呪縛も
NEWSポストセブン
いじめ事件で亡くなった
《旭川14歳女子中学生いじめ事件》ツイッターで遺族の母親を誹謗中傷したアカウント「きなこもち」を特定
NEWSポストセブン
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
紀子さまを悩ます新たなトラブル 実弟のビジネスパートナーがRIZIN代表への恐喝容疑で逮捕
女性セブン
父・松重豊に似て高身長
還暦を迎えた松重豊 長男がTBSラジオで“大出世”、初孫誕生の吉報も
女性セブン
圧巻のパフォーマンスは衰えない(写真はインスタより)
玉置浩二、紅白での安全地帯の映像使用をめぐって激怒「紅白にもNHKにも二度と出ない!」
女性セブン
子煩悩だった千葉さん。幼いころの真剣佑(右)と郷敦(左)
【秘蔵写真公開】新田真剣佑&眞栄田郷敦が同時結婚、千葉真一さんは2人のお相手の人柄を絶賛していた
女性セブン
夫の清志氏(右)と仲睦まじく自宅近所の公園を散歩
三浦瑠麗氏、夫の投資トラブルで家宅捜索 豪華私生活は超高級タワマンと軽井沢の「二拠点」
女性セブン