芸能

声優入れ替えで話題 『ポプテピピック』Pが語る“再放送”舞台裏

原作は大川ぶくぶ氏(「マンガ」連載、提供写真)

原作は大川ぶくぶ氏(「まんがライフWIN」連載、提供写真)

 2018年1月〜3月に放送された人気アニメ『ポプテピピック』の“再放送”が10月よりスタートした。しかし、そこはやはり『ポプテピピック』。トリッキーな演出で視聴者のド肝を抜いてきた自称「クソアニメ」が、ただの再放送をするわけがなかった。

「まんがライフWIN」で配信されている4コマ漫画が原作のアニメ『ポプテピピック』は、メインキャラクターのポプ子役とピピ美役を演じるキャストが毎話、しかも前半と後半で変更され、全12話を通して24組の声優コンビがふたりを演じるという前代未聞の演出が話題になった。そういった実験的な手法が「次は何をやってくれるんだ」と注目され、数々のネットニュース媒体でも取り上げられ盛り上がった。

 2018年の放送当時は実況ツイートが毎週お祭り騒ぎとなり、世界トレンド1位も獲得した。とはいえ、今回はあくまで再放送ということでスルーしていたファンも多かったことだろう。しかし、再放送は2018年から声優が変更された実質“リミックス版”で、ネット上は〈さすがポプテピピック〉と感心する声であふれた。

 どうやら2018年版に出演した声優コンビが再放送では違うエピソードを担当することになっているらしい。さらに背景など細かな部分もアレンジされており、ファンは間違い探しのように再放送を楽しんでいる。

全24組のキャストがアフレコをし直した

「再放送でキャスト変更」というサプライズはどのように生まれたのか? キングレコードの須藤孝太郎プロデューサーに舞台裏を聞いた。

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト