ライフ

マッチングアプリ隆盛の時代 とりわけ女性が高望みする傾向

コロナ禍で、オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は拡大を続けている

コロナ禍で、オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は拡大を続けている

「ルックス」「年齢」「年収」以外でマッチングするサービスが続々登場

 昨年からのコロナ禍で婚活需要が高まり、オンライン恋活・婚活マッチングサービス市場は拡大を続けている。今年は前年比23%の増加で768億円になるという予測がある上、拡大傾向は今後も続き、2023年には1000億市場になると予想されている(株式会社タップル調べ)。

 年々、結婚しない人が増えているが、結婚したい人も増えているという複雑な状況下で婚活ニーズは多様化・細分化しており、昨今、新たなサービスが続々登場している。その中には、これまでの常識を覆すようなサービスもあり、話題を呼んでいる。

 たとえばリブセンスが運営するマッチングサービス「knew」だ。このサービスが注目を集めているのは、婚活において最重要ポイントの一つとされてきた「顔」を非公表にして、マッチングを始める点だ。この「ブラインドマッチ」を、ルッキズム(外見至上主義)から自由になろうとする最近の価値観を反映した動きと見て、好意的に使うユーザーもいるようだ。

 顔と並んで、とりわけ婚活男性の重要ポイントとされてきたのが年齢、年収といった「数字的条件」だが、そうした条件ではない新たな軸を打ち出すマッチングサービスも登場している。

 たとえば趣味でつながる恋活サービス「タップル」(タップル)や、ゲームをしながら相手を探す「恋庭」(バンク・オブ・インキュベーション)だ。パートナー選びにおいて、相手の条件よりも、共に楽しむこと、助け合うことに重点を置いたこれらのサービスもまた、ジェンダー意識や男女平等意識の高まりといった、昨今の価値観の変化を表しているといえるだろう。

関連キーワード

関連記事

トピックス