ビジネス

サンリオ不動の人気キャラ 「ハローキティ」 快進撃はデザインチェンジから

70年代

1970年代に投下されたアルミ製弁当箱(左)やプラスチックプレート(右)などのグッズ

 日本だけでなく世界でも広く愛されているサンリオのキャラクター。女性セブンでは、読者3078人に「いちばん好きなサンリオキャラクター」についてのアンケートを実施(『女性セブン倶楽部』の会員、全国の20~80代の男女3078人が回答、実施期間は2021年10月2~5日)した。その結果、読者が選ぶサンリオの“推しキャラ”ランキングは、1位はハローキティ(以下・キティ)、2位はマイメロディ、3位はリトルツインスターズ(キキ&ララ)、4位はシナモロール、5位はポムポムプリンとなった。

 堂々の1位となったキティの誕生は1974年。当初は名前もなかったが、『プチパース』という小さな小銭入れで人気に。その後、1975年に誕生したリトルツインスターズの人気に押され気味になったが、1980年からデザイナーを山口裕子さんが務めることになり、大スターになった。

「当時のキティは輪郭線が太く、色使いも原色の赤・青・黄など、ビビッドなものでした。そこで、サンリオの店に来てくれる女のコたちの意見を聞き、輪郭線をなくしてピンクなどのパステルカラーを採用。全体の印象をソフトにデザインチェンジしたんです」(山口さん)

 快進撃はそこから始まった。各時代のトレンドを取り入れ、モノトーンのキティや、コギャルで話題になった花のコサージュをつけたキティなどを発表。流行をデザインに取り入れ、常に女のコの憧れであり続けた。

 そしていまや日本のみならず、世界130の国と地域で愛されるキャラクターとなり、公式ユーチューブも人気だ。キティは時代の期待に応え、最先端を走り続けているのだ。

1970年代から1990年代のキティグッズ

 サンリオのグッズといえば、文房具や日用雑貨、家電、ファッションアイテムまで多種多様。そこで、1970年代、1980年代、1990年代のキティグッズを紹介する。

【1970年代】
 当時1000円程度で販売されていたアルミ弁当箱は、学校のストーブで温め直して食べた経験があるのでは? プラスチックプレートは1982年以降のデザイン。ともに各時代の食卓を彩った代表グッズ!

「最初に好きになったキャラクターがキティちゃん。ロンドン郊外在住という設定のせいか、グッズにはよく英語が書かれていて、「なんて書いてあるんだろう、かっこいいな」と思っていました」(56才・会社員)

「友達と、キティちゃんのお弁当箱をお揃いで買って、友情を確かめ合いました。当時の自分たちには値段が高くて、毎月少しずつ貯金していました」(55才・主婦)

【1980年代】

1980年代

1980年代。カメラなども展開

 電子機器のアイテムが大ヒット。1980年販売のデジタルウオッチは売り切れ店が続出した。

「ハローキティ形の蓋がついたデジタル腕時計は、バンドが紺と水色の2種類あり、姉とそれぞれ持っていました。友達にうらやましがられましたね~」(45才・会社員)

「家族や友達からの誕生日プレゼントはいつもキティちゃんでした。赤いキティちゃんのカメラ(当時約2万円)を親に買ってもらったときの喜びが人生でもっとも大きく、これはいまも更新されていません」(49才・主婦)

【1990年代】

1990年代

1990年代。パールピンクのキルティングが鮮やか

 パールピンクのキルティングが特徴的なポーチやバッグ、お財布などがある「ピンクキルトデザイン」シリーズは、憧れブランドのバッグから着想したという。発売されるとなると、店の前で並んで待つ“徹夜組”も出るほどの争奪戦に。耳のリボンが花になり大人っぽい印象に。

「私たちの時代のキティちゃんといえば、断然『シャイニーピンク』シリーズ。私はお小遣いで財布を買いました。財布代が高くて、肝心の中身がほとんど入っていませんでしたが、大人になった気分になり幸せでした」(36才・会社員)

「高校時代、友達と始発でサンリオのショップ『ギフトゲート』に行き、ピンクのトートバッグをゲットしました! そのためにバイト代を貯めたことを覚えています」(42才・会社員)

取材・文/前川亜紀 撮影/楠聖子

※女性セブン2021年11月11日・18日号

電卓なども

電卓などもファンの心をつかんだ

関連キーワード

関連記事

トピックス