芸能

記録的ヒットの『イカゲーム』 “敗者”描いた作品に韓国人が戸惑う理由

イカゲーム

世界を席巻している『イカゲーム』(写真/Netflix公式HPより)

 Netflixで配信されると、瞬く間に世界中で人気を呼んだ韓国ドラマ『イカゲーム』。日本でも9月の配信開始後すぐに注目を集め、「今日の総合TOP 10(日本)」では現在も首位をキープしている。だが、ソウル在住のKDDI総合研究所特別研究員・趙章恩さんによると、韓国ではこの世界的大ヒットに首をかしげる人も多いという。その理由について、趙さんがリポートする。

 * * *
 今、世界中で人気を呼んでいる『イカゲーム』。貿易会社に勤める友人によると、米国、英国、フランスなど海外取引先とのオンライン会議では毎回、天気の話をするように『イカゲーム』の話をしてから会議が始まるのだという。韓国でも、人が集まると自然と『イカゲーム観た?』という会話から始まるほど話題だが、一方で韓国人の間では「あのドラマがなぜ海外でここまでヒットするのか」という話題で持ちきりでもある。

『イカゲーム』は、456億ウォン(約44億円)の賞金を懸けた謎のデスゲームに、参加者たちが命をかけて挑戦する物語。世界90か国で視聴回数1位を獲得し、記録的な大ヒットとなっている。配信が開始されると、直後にNetflixの加入者が増加し、株価も一気に歴代最高値を更新したというから驚きだ。10月12日付の米ABCニュースによると、ハロウィンに向けてオンラインショッピングモールでは『イカゲーム』のコスチュームが飛ぶように売れ、米国の人気芸能人らも真似をするほど大流行しているという。

 世界中で人気となった理由は、なんといっても韓国ドラマが持つ吸引力、ストーリーそのものの面白さがあるだろう。個人的には、俳優の演技や監督の演出も調和が取れていて、最後まで見ずにはいられなかった。また、ある日突然ゲームに無理やり参加させられるのではなく、社会的弱者の参加者がゲームに参加するしかない状況だったことで、キャラクターがより生き生きとして見えたことも、視聴者を惹きつけた理由だろう。

 そのほか、SNSの口コミや海外メディアを見ると、「子供時代に誰もがやったことのあるゲームだからルールなどの説明が不要で見やすい」、「見ている側もゲームに参加しているような没入感」、「弱そうな参加者が奇策で生き残る姿が痛快」、「美術セットに仕掛けられた細かな隠し設定を見つける楽しさがある」といった声があった。

関連キーワード

関連記事

トピックス