内覧会で触れ合った世界中の才能

 10月末に渡仏した私は、27日に作家と関係者向けのサロン・ドートンヌの内覧会に参加した。コロナ禍だけあって、入場制限は厳しく、ワクチンの接種証明や陰性証明によって取得した有効な衛生パス(パスサニテール)を提示しなくては入れない。

 和服で参加したこともあってか、多くの人が「写真を」「あなたの作品はどこだ」と声をかけてくれた。作家は名札のバッジを身につけることになっているので、参加者はすぐに私のことを作家とわかってくれる。驚いたのは、他の作家たちのフランクさ。若手から巨匠まで、誰もが友達のように話しかけてくれ、気軽に写真に応じてくれた。連絡先の交換も沢山し、またひとつ世界が広がった感じだ。

 そこで感じたのは、世界にはなんと多くの、溢れんばかりの才能の画家たちがいるのか、という驚きだ。誰もが皆、素晴らしい才能を持っていると思うが、その中でも歴史に名を残すことができるのは、数人いるかいないかだろう。そんな世界で生きるには、底抜けの明るさ、ポジティブさが必要なときもあるのだろう。だから皆が明るいのではないか、そんなことも感じていた。

 こうした世界中の才能と触れ合うことで、あらためて日本人としてのアイデンティティをどう表現するかという、自分のオリジンも意識させられる。世界に出ることは、「自分の中の日本」を探す旅なのかもしれない。

 私も、ここまでは「難病を乗り越えて画家デビュー」、「コロナ禍を幸いに名門展覧会に応募、入選」、それで満足していた面もある。でもこれからは、彼ら/彼女たちと肩を並べ、どれだけオリジナルで、時代を反映する作品を残せるのか、そこへ向けてのスタート地点にやっと立った思いだ。言ってみれば、太平洋に身一つで飛び込むようなものだが、それでも描き続けるしかない。

 それは、どこまでも厳しい道だと思う。数多いる画家たちの中には、病気だけでなく、差別・貧困など、様々な問題を乗り越えてきた人が山のようにいるだろう。とはいえ、私はそういう人たちの「ワン・オブ・ゼム」になれて嬉しいという気持ちでいる。そこで勝ち抜いていこうとか、そんなことを考えたら、気が遠くなる。単に彼ら/彼女たちと共に、「大河の一滴」として、芸術の海に飛び込めた。今はそれだけで嬉しい。

 今後、画家としての活動を続けていく限り、もちろん落選が続くこともあるだろう。でも関係ない。ただ「アート」という土の上に根を張り、動かないで(たまに歌も歌うが、これもアート)、コツコツと描き続けていけばいいだけだ。56年かけて、やっと私は根を張る場所を見つけられた。今はそのことに、ただ感謝している。

【プロフィール】
さかもと未明(さかもと・みめい)/1965年、横浜生まれ。1989年に漫画家デビューし、多方面で活躍するも2006年に膠原病を発症し、その後、活動を休止。一時期は余命宣告も受けたが絵画の道を志し、2017年に吉井画廊で本格的画家デビュー。2020年に『第21回 日本・フランス現代美術世界展 -サロン・ドトーヌ協賛-』で入選、2021年には『サロン・ドートンヌ2021』に入選。11月9~22日、パリの「ESPACE SORBONNE 4」ギャラリー(https://www.facebook.com/EspaceSorbonne4/)にて個展を開催。

関連記事

トピックス

大谷翔平
大谷翔平、ハワイの25億円別荘購入に心配の声多数 “お金がらみ”で繰り返される「水原容疑者の悪しき影響」
NEWSポストセブン
死体損壊容疑で逮捕された平山容疑者(インスタグラムより)
【那須焼損2遺体】「アニキに頼まれただけ」容疑者はサッカー部キャプテンまで務めた「仲間思いで頼まれたらやる男」同級生の意外な共通認識
NEWSポストセブン
『株式会社嵐』設立
『株式会社嵐』設立で整った嵐としての活動の基盤 デビュー25周年の記念日に向けて高まる期待
女性セブン
水原一平容疑者の半生を振り返る(C)BACKGRID,Inc/AFLO
《現地レポート》水原一平容疑者「中学時代は帰宅部」同級生が口を揃える“影の薄さ”「騒いでるのをそばで見ているタイプ」「高校の同窓会には不参加」
週刊ポスト
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
【全文公開】中森明菜が活動再開 実兄が告白「病床の父の状況を伝えたい」「独立した今なら話ができるかも」、再会を願う家族の切実な思い
女性セブン
伊藤
【『虎に翼』が好発進】伊藤沙莉“父が蒸発して一家離散”からの逆転 演技レッスン未経験での“初めての現場”で遺憾なく才能を発揮
女性セブン
いまや若手実力派女優の筆頭格といえる杉咲花(時事通信フォト)
【『アンメット』での難役も好評】杉咲花、俳優事務所から“ドラマ共演の逆指名”が増える理由
週刊ポスト
古手川祐子
【全文公開】古手川祐子 表舞台から姿を消して8年、ガーデニングに勤しむ日々 一人娘は引退否定も「気力も体力も衰え…“働きたくない”が長引いている」
女性セブン
大谷翔平と妻の真美子さん(時事通信フォト、ドジャースのインスタグラムより)
《真美子さんの献身》大谷翔平が進めていた「水原離れ」 描いていた“新生活”と変化したファッションセンス
NEWSポストセブン
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
《重い病気を持った子を授かった夫婦の軌跡》医師は「助からないので、治療はしない」と絶望的な言葉、それでも夫婦は諦めなかった
女性セブン
初のゴールデン帯&月9主演を同時に果たした広瀬アリス
【“格差姉妹”と言われた過去も】広瀬アリス、妹・すずより先に「月9主演」の逆転人生
週刊ポスト
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
「週刊ポスト」本日発売! 水原一平の「不当解雇訴訟」の詳細ほか
NEWSポストセブン