国際情報

【動画】日本の奨学金得た中国人研究者 帰国後に「軍事研究」していた

 日本経済新聞10月27日付朝刊1面トップに「安保技術、留学生は許可制 大学からの流出懸念」という記事が掲載されました。その背景には、深刻な技術流出の実態がありました。

 例えば2009年、日本の文科省の奨学金を受けて九州大学で研究に従事した、A氏という中国人研究者がいます。

 A氏は帰国後、軍事関連技術研究を行なう機関であるハルビン工程大学の副教授などのポストに就任。

 軍事技術に転用可能な研究に従事しているとみられています。
【↑ 上の写真クリックで動画へ】

関連キーワード

関連記事

トピックス