• TOP
  • 芸能
  • 小倉優子が涙で「別居」認めるも「逆効果」の声が出るほどこじれた理由

芸能

2021.11.09 19:00  NEWSポストセブン

小倉優子が涙で「別居」認めるも「逆効果」の声が出るほどこじれた理由

2年連続で「好きなママタレント」に選ばれた小倉優子

2年連続で「好きなママタレント」に選ばれた小倉優子

 タレントの小倉優子(38)が、11月8日放送の『100%!アピ~ルちゃん』(TBS系)で夫との別居を事実上、認めた。1年前から暮らす賃貸の一戸建てを初公開し、「本当はこんなに広くなくていいんですけどね」とぽつり。「実質、私ひとりじゃ足りない。もっと子どもたちにしてあげたいことがいっぱいあるのに、私はひとりしかいないから」と息子3人をひとりで育てる難しさについて語った。

 別居報道が出た当時は三男を妊娠中だった。小倉は「本当に一時期は自暴自棄じゃないけど……。仕事を出産で休んでいて、『もう私は芸能人として戻れないんだな』って思っていた。ひとりで3人どうしようかなって」と涙ながらに振り返り、「最近やっと仕事も少しずつ戻ってきて、力になってくれるママ友もいて、ありがたいし感謝しかない」と語った。

〈頑張り屋さんだな〉と小倉に同情する声の一方で、今回の告白を夫に対するアピールとして受け止めたネットユーザーもいるようだ。〈こういう番組に出て、戻ってきてってことなのかな〉〈夫が悪者になるから逆効果だと思う〉〈テレビの影響力の強さはわかっているだろうに〉〈こんなの放送されたら修復不可能〉という厳しい意見もある。

 2018年12月に再婚した歯科医のA氏との話し合いは長引いている。

「Aさんが家を出てからも、話し合いは平行線でした。別居が始まった当時、Aさんは周囲に“芸能人と結婚するんじゃなかった”とこぼしていたようです。一方の小倉さんは“まだやり直せる”と思っていたけれど、Aさんは弁護士を立てて離婚に向けた話し合いを進める姿勢を見せてきた。小倉さんは、2020年1月、Aさんがいなくなった新居から親子で引っ越しました。幸せに満ち溢れていたはずの新居は、3か月も住まず、3月上旬に解約されたと聞いています」(小倉の知人)

 コロナ禍もやり取りの長期化に拍車をかけたようだ。『女性セブン』2020年7月30日・8月6日号では、芸能関係者がこのように証言していた。

「離婚問題は全く進展していません。小倉さんとしては、子供たちのためにも夫の気持ちが変わること、元のサヤに収まることを望んでいるのですが、弁護士に相談しようにも、コロナのせいで打ち合わせがなかなかできない状態で、1か月近く足踏みをしているようです」(芸能関係者)

 コロナ禍のせいで実家を頼ることもできず、小倉はワンオペ育児で苦しい期間を過ごした。ようやく感染状況も落ち着き、話し合いも一気に進みそうだ。

関連記事

トピックス