芸能

升毅「料理はストレス解消」 自宅マンションの隣室で私的居酒屋を“開業”

大将の升毅が本格的な居酒屋空間でおもてなし

大将の升毅が本格的な居酒屋空間でおもてなし

『週刊ポスト』の新連載「居酒屋ますや」で、大将をつとめる役者・升毅は、実はプライベートでも自宅マンションの隣室を借りて「居酒屋ますや」を開いている。訪れる客は、役者仲間や草野球チームのメンバーなど。要は友人を招いてのホームパーティだが、玄関には暖簾をかけ壁には手書きのお品書きを貼るなど、本格的な居酒屋仕様の空間だ。

「きっかけは10年ほど前に、お隣さんが引っ越したこと。小さなマンションだから隣に変な人が来たら面倒だなと思って、いっそ自分で借りてしまおうと考えたんです。せっかく借りるなら、仲間たちと芝居の話をしながら酒が呑める『居酒屋ますや』にしたいと、テーブルや食器、調理道具を揃えるところから始めました」

料理は気分転換、ストレス解消効果も

「居酒屋ますや」のオープンは月に2回ほど。お品書きには、おでん、きんぴら、煮物など、酒のすすむメニューがズラリと並ぶ。

「僕の中では居酒屋=おでんのイメージ。だから、まずは仕込んでおいたおでんをつまんでもらって、その間につまみを作っていくスタイルです。『ポテトピザ風』など、皆に好評で定番になったメニューもたくさんあります。よく来る常連から『また作ってよ』とリクエストされるのも嬉しいものです」

 撮影時の手際も鮮やか。楽しげな料理姿から、作り慣れていることが窺える。

「僕にとって料理は気分転換。特に作るものが決まっていなくても、スーパーで食材を見ていると食べたいものが浮かんでくる。買い物を終えて料理を作り始めると同時に、これを刻んでおこう、これにお湯を掛けておこうと、段取りを考え始めます。その思考回路が日常とは全く違うから、ストレス解消にもなっているんじゃないかな」

 料理好き・もてなし好きは筋金入り。学生時代には一人暮らしのアパートに友人を招き、料理をふるまっていた。

「幼い頃の我が家の食卓は、母親が作った料理が大皿で出てきて、家族でとりわけるスタイルでした。お客様が多い家だったのですが、来客時もそのスタイルで、皆さんに好評だった記憶があります。料理好きな母の姿を見ていたせいか、子供の頃から自分のキッチンをもちたいと思っていました。一人暮らしを始めてからは、劇団の後輩がウチに遊びに来ると、昼は麺類、夜は酒のつまみなんかを作っていましたね」

関連キーワード

関連記事

トピックス

鈴木京香と小池栄子はプライベートではバトルような仲ではないという
『鎌倉殿の13人』鈴木京香と小池栄子 私生活では親友同士だからこその「壮絶バトル」
NEWSポストセブン
4Aに挑戦し続ける羽生結弦選手の今後はどうなる
羽生結弦、事実上の現役続行宣言「芸術性も技術も」不利なルール変更に挑む覚悟
女性セブン
手錠監禁が行なわれたとみられる三瓶容疑者の別荘(時事通信フォト)
茨城23歳女性“手錠”監禁事件 2人を結びつけた「同人モデル」の危険な撮影実態
週刊ポスト
高視聴率番組『笑点』に三遊亭円楽の不在がどんな影響を及ぼしているのか(『笑点』公式facebookより)
三遊亭円楽不在の影響じわじわ 若手起用も視聴率下降『笑点』の正念場
NEWSポストセブン
5月21日放送の「原発事故と甲状腺がん」が批判を浴びたのはなぜか(Tverより)
TBS『報道特集』「原発事故と甲状腺がん」の問題点 語られなかった科学的事実【前編】
NEWSポストセブン
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
井上陽水の隠し子と言われた“消えた次男” 長男は「井上ファミリーとは関係のない人」と語る
女性セブン
もはや巨人戦中継もドル箱ではなくなった(時事通信フォト)
巨人戦のデーゲーム中継が視聴率2%台… 地上波からプロ野球が消える日
NEWSポストセブン
『第59回ギャラクシー賞』を受賞
ドラマ『運を拾う男』出演 草なぎ剛が語る“運”「ぼくは本当に恵まれている」
女性セブン
黒柳徹子と20年交際秘話
黒柳徹子、さだまさしと突然“共演NG”の謎 さだの鋭いジョークが原因か
女性セブン
広末がマッサージ店から出てきた
広末涼子が渋谷センター街に現れた!マッサージ受けてのんびり散歩、1人で寿司店に
女性セブン
松鳳山
人気力士・松鳳山「引退後は親方にならず退職」の裏に70歳再雇用と名跡不足の大問題
NEWSポストセブン
眞子さまがデニム
小室圭さんの妻・眞子さん、海外メディアが「ユニフォームのようだ」と指摘する質素なファッション事情
NEWSポストセブン