芸能

『最愛』主演の吉高由里子 ドラマオタクを虜にした「3つの魅力」

女優・吉高由里子の魅力をドラマオタクの視点から分析(Getty Images)

女優・吉高由里子の魅力をドラマオタクの視点から分析(Getty Images)

 主役の吉高由里子が相手役に松下洸平、井浦新ら注目俳優を従えて展開するサスペンスドラマ『最愛』が話題だ。ドラマオタクを自任するエッセイストの小林久乃氏は、「放送中のツイッター投稿の数」でその人気ぶりがうかがえるという。ドラマの人気を支える主演女優・吉高由里子の魅力を3つの角度から考察・分析する。

 * * *
 放送中、ツイッターを見ているとドラマ『最愛』(TBS系、金曜夜10時~)の人気が加速しているように感じる。ドラマに関連する多くのワードがトレンドに上がり、ついつい私も感想をつぶやいたりしている。

 この作品ではふたつの殺人事件を起点に、学生時代、想いを寄せ合っていた男女が再会するところから物語が始まる。主な登場人物は事件の参考人・真田梨央(吉高由里子)と、担当刑事・宮崎大輝(松下洸平)だ。ふたりの周りにはいくつもの人間関係がうごめき、巧妙な伏線が敷かれている……と、言葉で表現すると、よくあるサスペンスラブストーリーと思える。

 それだけでは私はもちろん、視聴者の多くもSNSでつぶさに反応はしないだろう。ではなぜ花金にリアタイ(リアルタイム視聴)までするのかといえば、そこには吉高由里子さんという大きな吸引力があるからだ。本当に……すごい。今回は超個人的な視点で、彼女の魅力を綴りたい。共感の反応を心よりお待ちしております。

笑いのツボをおさえた、的確な頭の回転速度

 吉高さんの共演者たちがバラエティ番組などで口を揃えて言うのは「現場に現れると、雰囲気が明るくなる」という賞賛のコメントだ。本当によく聞く。緊張感漂う撮影現場で、彼女の背後には後光が射しているのだろうか。

 これまでの自分の取材で体験したことを基に推察すると、彼女は頭の回転数が絶妙に良いのだと思う。存在だけで明るさを放つひとは、何も芸能人だけではない。一般人でもたくさんいる。でもそこに必要なのは、周囲を不快に落とし込まない、会話術。見た目だけで人を惹き寄せるのではなく、適度な笑いが必要なのである。

 このパターンを吉高さんに見たのは、2014年放送の『第65回NHK紅白歌合戦』で司会を務めたときのこと。発表記者会見で「とんでもないこと、よくも(自分を)選んでくれたと思う」という発言を強烈に覚えている。天下のNHKがセッティングした、1年間を締め括る名物番組である。その司会者発表には多くのマスコミが集まり、日本中の関心が集まっている。その最中で決して“天然”発言ではない、絶妙な温度で笑いを取っている様子に天性の頭脳回転数を感じた。滑ったら面倒なことになるかもしれない危険を物ともせず、空気を読んでいたのだ。ふつうの女優さんは公の場での踏み込んだ発言は避けることが多いので、とても新鮮だった。

関連キーワード

関連記事

トピックス

テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏(時事通信フォト)
テレビ出演見合わせが続く三浦瑠麗氏 上から目線の発言やインスタ投稿にみる下方比較の匂い
NEWSポストセブン
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
篠原涼子はなぜいない…長谷川京子、吉瀬美智子、板谷由夏の「ママ友新年会」に不在の違和感
女性セブン
志村けんさんが語っていた旅館への想い
志村けんさん 20年通った旅館が全焼から再建、家族が果たしていた約束
女性セブン
カラオケ店内で火炎放射する男性
【「やったれ!」でスプレー火炎放射】「カラオケまねきねこ」店内での迷惑行為動画に批判殺到 運営元は「警察にも相談済み」
NEWSポストセブン
無精ひげ姿の山下(左)と撮影に挑む新木
山下智久と新木優子『コード・ブルー』コンビが下町で極秘ロケ 暗闇の中で迫真演技
女性セブン
問題となった動画(SNSより)
スシロー「湯呑みペロペロ」騒動 被害受けた店が新たな「寿司つんつん対策」を導入
NEWSポストセブン
冬のNYの眞子さん
小室眞子さん、渡米1年で深まる秋篠宮ご夫妻との溝 状況打破のために登用された「元客室乗務員」
女性セブン
香田晋
《親子共演動画を発見》引退した元紅白歌手・香田晋の息子がイケメンYouTuberになっていた!
NEWSポストセブン
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
長瀬智也 新バンド結成か、バレンタイン翌日に始動へ 謎の言葉「KT.」が意味するもの
女性セブン
問題となっている動画(SNSより)
【独占】スシロー「湯呑みペロペロ」高校生の父親が涙の謝罪 「本人はものすごく反省しています」「動画撮影はしていない」
NEWSポストセブン
両陛下とともに日本の勝利を喜ばれた(2022年12月、東京・千代田区。写真/宮内庁提供)
愛子さま、御所でW杯戦士とご面会 森保監督や長友選手らにねぎらいの言葉
女性セブン
泉ピン子
泉ピン子、渡鬼ファミリー勢揃いドラマに出番なし 「えなり」選んだ石井ふく子との対立泥沼化
女性セブン