スポーツ

日ハム・新庄監督の素顔 元妻に「腕にタトゥー入れたい!」と懇願したことも

(時事通信フォト)

(時事通信フォト)

 真っ赤なトレーニングウエアに身を包み、右手にバットを握って鋭い視線を投げかける。堂々と立っている場所はグラウンドではなく、ワゴン車の上。常に予想の斜め“上”をいくのが新庄剛志(49才)という男だ。

 プロ野球・北海道日本ハムファイターズの新監督に、新庄が就任した。11月4日の就任会見にもド派手なスーツにシャツの大きな襟を立てて登場。お昼のワイドショーが特集を組み、スポーツニュースの枠を超えている。

「1990年に高卒で阪神タイガースに入団すると、甘いマスクについた愛称は“虎のプリンス”。2001年に海を渡ってメジャーリーグに挑戦し、2004年に日本ハムに入団すると、“新庄劇場”と呼ばれるほどのファンサービスで球団人気を爆発させ、2006年にはチームを日本一に導きました」(スポーツ紙記者)

 優勝を置き土産に引退し、その後はタレントに転身。天然と歯に衣着せぬ物言いがお茶の間の笑いを誘った。

「とにかく話題と注目を集めるのが大好き。その最たるものが“整形手術”でしょう」(前出・スポーツ紙記者)

 きっかけは、2000年に結婚したタレントの大河内志保(50才・2007年に離婚)だった。

「新庄さん、自分の顔にコンプレックスを抱えていたんです。福岡出身でなまりがあることもあって、若い頃は内気な側面もあった。

 その様子を見ていた大河内さんが美容整形に連れて行ったのが始まりで、整形手術にハマったそうです」(球界関係者)

 ざっと並べてみても、

・目元を切開してぱっちりと
・鼻にヒアルロン酸注射
・それだけでは飽き足らず鼻筋に糸を通して鼻を高く
・全身麻酔でフェイスラインを削る
・えくぼを作る
・アイラインのタトゥー
・眉毛もタトゥー
・唇はオレンジのタトゥーで血色よく
・白く光る歯は総セラミック

 などなど、総額3000万円にもなるという。

「大河内さんも止めるに止められず。でも、“腕にぐるっとタトゥーを入れたい!”と言い出したときには、さすがにストップをかけたらしいです」(前出・球界関係者)

 現役時代に稼ぎ出した年俸の総額が数十億円と聞けば、美容整形に大金をつぎ込めるのも納得だが、新庄はお金にまつわる大きな失敗も経験している。

「資産管理を任せていた人にお金を使い込まれたんです。その額約20億円。一時は預金残高が780円にまで減ってしまったそうです。そういった失敗も新庄さんは笑い話にしていますけどね」(別の球界関係者)

 今回、監督に就任した新庄の年俸は1億円。これは「新人監督には異例な金額」(別のスポーツ紙記者)だという。

関連キーワード

関連記事

トピックス

電撃結婚した大谷翔平(時事通信フォト)
《大谷翔平が電撃婚》年下の結婚相手、有力候補に見られた“意味深行動”「親同伴でアメリカへ」「昨年8月から止まったプライベート投稿」友人が明かす内幕
NEWSポストセブン
大谷
《大谷翔平の電撃婚》発表の2月29日は「円満離婚の日」 記念日制定者は取材に「光栄です」
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
【電撃結婚】大谷翔平の日ハム同期、元コーチも祝福「野球以外にも興味があってよかった」「女性の影はなかった」
NEWSポストセブン
生きづらい今の時代にタモリの言葉が求められているのかもしれない
《頑張ると疲れる》“タモリの一言”に救われた共演者らが紐解く言葉の真意「自分が優れていると見せようとする人を信用しない」
週刊ポスト
WBCで見せていた素顔(時事通信フォト)
《スタジアムは神聖な場所》電撃婚・大谷翔平がWBC優勝直後に見せていた野球へのリスペクト
NEWSポストセブン
コロナ禍で5か月延期となったものの、約1100人参加して大盛況だった(2022年に開催された「祝う会」/時事通信フォト)
【週刊ポストスクープが端緒に】岸田文雄・首相「祝う会の闇パーティー疑惑」を上脇博之教授が告発 政治資金規正法違反での告発で自民党派閥裏金問題と同じ流れに
NEWSポストセブン
有名税も規格外(時事通信フォト)
「大谷翔平 風俗店にサイン」騒動のその後 「色紙は丁重に保管」「実物見たさのお客さんが来た」
NEWSポストセブン
筋肉質な大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、年下の“結婚相手候補”は「めっちゃ一途」「一人の時間が好き」囁かれる素顔、好きなタイプは「筋肉質な人」
NEWSポストセブン
(時事通信フォト)
《匂わせなし》大谷翔平の妻、有力候補の女性は「親しい友人にも口を割らず」大学同級生は「今は彼氏はいないと言ってたけど…」
NEWSポストセブン
2018年、青山学院大学を卒業した井上清華
【女性アナ大学時代の晴れ姿・2017~2019】九州女子らしく気が強い井上清華、ダイエット企画で人気を集めた三谷紬ほか「アナウンサーに求められる資質が多様化」
週刊ポスト
パチスロ好きという意外な素顔もある浅田舞
《6時間スロット打ちからカルチャー系に》浅田舞に新恋人との熱愛報道、関係者が気づいていたインスタグラムの「異変」
NEWSポストセブン
大谷の妻はどうなるか
大谷翔平の「年下」結婚相手がオープンになる可能性は? 松井秀喜「妻の似顔絵公開のみ」との共通点、大きく異なる点とは
NEWSポストセブン