芸能

三代目J SOUL BROTHERS、メンバー7人が語るニューアルバムへの思い

10周年を迎えた

10周年を迎えた三代目J SOUL BROTHERS

 昨年11月にデビュー10周年を迎え、記念イヤーを駆け抜けてきた三代目J SOUL BROTHERSが、初のファン投票によるベストアルバムとニューアルバムを1つにパッケージした『BEST BROTHERS/ THIS IS JSB』(発売中、リズムゾーン)をリリース。ベスト盤に収録された楽曲について、メンバーの思いを語ってもらった。

 今市隆ニ「今回のベスト盤は、ファン投票で選曲された曲が収録されています。ファン投票の選曲で、とくに予想外の曲が多かったのはシングルとアルバムですね。『最後のサクラ』はシングル『Go my way』のカップリング曲で、ツアーでも一度しか披露していません。メロディも綺麗だし、春になると聴き返しているくらい自分も好きな曲なので、予想外にランクインしてうれしかったですね」

 登坂広臣「ぼくはアルバム曲の『Back In Love Again』が予想外でした。アルバム曲からの選曲は、ライブで披露してきた曲で、ライブを見て好きになって投票してくださるのかな…と予想していたんですけど。この曲は、ライブで一度も披露していないんですよ。コアなファンの方たちがより多く投票してくださったんだなと思いますし、ランクインしているのを見ると、いつかライブでもやろうかなという気持ちになりました」

 小林直己「シングル『Go my way』がすごく好きな曲だったので、ランクインして嬉しいですね。『I Can Do It』は、以前のベストアルバムでは収録分数の関係でどうしても入れられなかったことがあったので、今回、念願を達成できました」

 山下健二郎「ぼくはアルバム曲の『東京』という曲が好きなんです。実はこの曲、もともと三代目のために書き下ろされた曲ではなくて、ぼくたちのところに巡り巡ってきた作品だったんですよ。歌詞も素敵で、名曲! ライブではパフォーマンスはしてないんですけど、ボーカル2人が歌っているときにステージ下で着替えながら聴いていて、いい曲だな…と思っていました」

 ELLY「アルバム曲の『SOUTHSIDE』は初期の作品なんですけど、こういう見せ方をしたいとパフォーマンスでもいろいろなアイディアを出してつくった曲なので、ランクインして嬉しいですね。自分自身も、パフォーマンスをしていて好きな曲です」

 岩田剛典「ぼくはシングル『C.O.S.M.O.S. ~秋桜~』が好きなので、ランクインして嬉しかったですね。三代目の曲の中でも、カラオケで皆さんに歌ってもらいやすい曲なんじゃないかな…というのもありますし。季節ものの曲だとライブでやろうとすると、シーズンがハマっていないと披露できないこともあるんですけど、こういう機会にランクインしてくれたことも嬉しいな…と」

関連記事

トピックス