国内

半数が落選 夫婦別姓認めぬ候補への落選運動「ヤシノミ作戦」提唱者の考え

選択的夫婦別姓制度を求めて東京地裁に提訴したサイボウズの青野慶久社長(2018年1月/時事通信フォト)

選択的夫婦別姓制度を求めて東京地裁に提訴したサイボウズの青野慶久社長(2018年1月/時事通信フォト)

 総選挙の最中、ネット上で広がりをみせていたのが選択的夫婦別姓や同性婚を進めない政治家を落選させる「ヤシノミ作戦」だった。展開しているのはソフトウェア開発会社「サイボウズ」の青野慶久社長だ。青野社長が解説する。

 * * *
 20年前に結婚して戸籍上は妻の姓になってから、私は夫婦別姓が公的に認められる状態を待ち望んでいます。2018年には夫婦別姓を選べないのは憲法違反だとして国を訴える訴訟を行ないました。訴訟は棄却となりましたが、その間、世論調査でも夫婦別姓(選択的夫婦別姓)に賛成する声の方が多数となっています。

 法律を改めるため、立法を担う国会議員に働き掛ける段階になったと思い、その方法の一つとして落選運動をやろうと考えました。

 選択的夫婦別姓や同性婚を進めない政治家をヤシノミのように落とすことで、結果として賛成する政治家を増やし、制度の早期実現を目指す活動ということで「ヤシノミ作戦」としました。9月1日に「ヤシノミ作戦」のサイトを開設し、10月にはメディアの調査結果などをもとに夫婦別姓、同性婚に反対する候補者リストを作成しました。

 訴求力を強めるための活動費はクラウドファンディングで集めまして、その資金は439人の方から計282万5000円をいただきました。

 落選運動を行なうにあたっては、気をつけたことがあります。まずは「落選」に絞ること。夫婦別姓に賛成の候補者は一切応援しない。SNSでの「いいね」も押しませんでした。

 それから、あくまで青野個人の活動という点を留意しました。クラウドファンディングのお願いのサイトでもその点を明記してあります。

 10月21日には記者会見を開きましたが、選挙期間中ということもあって、新聞やテレビではなかなか報道してもらえなかった。一方、SNSでの書き込みがバズった(話題になった)影響もあってか、社会学者の上野千鶴子さんや実業家の斎木陽平さん、作家の水野敬也さんといった著名人の方にも賛同いただきました。

 今回の結果を見れば、小選挙区でのヤシノミ作戦の対象候補は約半数が落選。比例で復活当選した候補もいますが、ヤシノミ作戦は投票に影響を与えたと思います。

関連記事

トピックス

春夏合わせて15回の甲子園出場
野球部員の飲酒を公表しなかった九州学院 「甲子園飲酒県議」との対応の違いに疑問の声
NEWSポストセブン
松木安太郎氏が「いいボールだ!」と絶叫するタイミングに変化?(時事通信フォト)
解説・松木安太郎氏の「いいボールだ!」絶叫はなぜ減った? 研究家が感じ取ったW杯の“異変”
NEWSポストセブン
「奴隷会員」向けの裏アカ
《違法動画を販売》容疑者が築いた裏アカ“奴隷会員”の集金実態と「売上金1600万円」の意外な使い道
NEWSポストセブン
東海大学医学部に秋から編入学した元DeNAの寺田光輝(左)と國學院大學人間開発学部に入学した元ロッテの島孝明
引退後に学生へ転身した元プロ野球選手 医師を目指す者、研究者を目指す者
週刊ポスト
後見人のふたりが一騎打ち?(時事通信フォト)
動き出す「ポスト岸田選び」本命・茂木、対抗・河野を押しのけ、麻生vs菅の一騎打ちも
週刊ポスト
(Imaginechina/時事通信フォト)
唐田えりか、涙の復帰に賛否両論 認知度と話題性アップで「キャリアにはプラス」に?
NEWSポストセブン
照強
九州場所で照強が15戦全敗 31年前の「前例」に実況アナ、北の富士、舞の海が触れなかったワケ
NEWSポストセブン
拡散している動画(ツイッターより)
札幌市内『すき家』深夜「気温4℃で半袖トレーニング」 広報が答えた衝撃動画の真相
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
小室さん夫妻、悲願の結婚パーティー開催へ 秋篠宮ご夫妻の渡米は可能なのか
女性セブン
九州場所
大相撲九州場所 土俵際の溜席に毎日座る話題の「着物美人」何者なのか本人直撃してみた
NEWSポストセブン
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
小室さん夫妻、NY高級ホテルで結婚パーティー計画 母・佳代さんは張り切って渡米準備
女性セブン
村上宗隆の母校・九州学院で…
《証拠写真入手》村上宗隆の母校・九州学院、甲子園出場メンバーの飲酒を公表せず国体出場
週刊ポスト