芸能

菅田将暉が小松菜奈との結婚発表「4年越しの片思いを実らせた」

菅田将暉と小松菜奈

菅田将暉と小松菜奈

 俳優の菅田将暉(28)と小松菜奈(25)が11月15日、結婚したことを発表した。

 これまで、『ディストラクション・ベイビーズ』(2016年)、『溺れるナイフ』(2016年)、そして『糸』(2020年)と3度も映画で共演してきた菅田と小松。交際がスタートしたのは、『糸』の撮影中、2019年の秋頃だという。

「実は菅田くんは最初の共演(映画『ディストラクション・ベイビーズ』)のときに、一目惚れしていたそうなんです。当時から『かわいい、ずっと見ていられる』とゾッコンでした。その作品の撮影は2015年の春ぐらいですから、長い片思い期間を経て4年越しの恋を実らせた形です。あまりに嬉しくて、友人らと『お祝いのパーティー』まで開催したほど。あの時の菅田くんは相当の喜びようでしたね(笑い)」(菅田の知人)

 じっくりと愛を育んできたふたり。昨年1月には男女数人のグループでUSJデートを楽しんだ。

「その少し前、菅田くんは『NHK紅白歌合戦』初出場という大役を成し遂げたばかりだったので、その打ち上げも兼ねて、実家のある大阪に彼女を連れて“帰省”していたんです。USJデートの翌月には、ふたりの誕生日が2月なので、誕生日祝いとして一緒に旅行に出掛けていました」(前出・菅田の知人)

 まだ互いに20代。結婚を焦る年齢でもないが、菅田は早くから決断していたという。

「菅田さんは交際当初から結婚の思いを固めていました。というのも、小松さんはとにかくモテるから。エキゾチックな顔立ちで、海外でも男性の視線を集めまくり。菅田さんは、心配でしょうがないようで、いますぐにでも入籍したいという思いだったそうですよ」(別の菅田の知人)

 今年の6月には新居での同棲もスタート。菅田の思いに小松が答え、このたび入籍となったという。

【プロフィール】
菅田将暉(すだまさき)/1993年2月21日生まれ、大阪府出身。血液型:A型。『第21回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』ファイナリスト。2013年、映画『共喰い』で第37回日本アカデミー賞新人俳優賞。2017年シングル「見たこともない景色」でソロデビュー。

小松菜奈(こまつなな)/1996年2月16日生まれ、東京都出身。血液型:O型。趣味:カメラ。2008年に雑誌『ニコ☆プチ』でデビュー。2019年、映画『来る』と『閉鎖病棟―それぞれの朝―』の出演で第44回報知映画賞助演女優賞を受賞。

関連キーワード

関連記事

トピックス

「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
松本潤
松本潤、新会社の登記簿に「仮想通貨の企画」「美容サロンの経営」「農業」の項目 幅広い人脈から見えるビジネスの勝算
女性セブン
トンボ論文で話題になった悠仁さま
悠仁さま「トンボ研究」が一段落 赤坂御用地内の御池の改修工事は10年の沈黙を破って再開
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
「リコ的に“年下に舐めた態度をとられた”」17歳女子高生を橋から落とした21歳容疑者が引けなくなった「イキリ体質」証言【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
都知事選出馬表明の石丸伸二氏にオバ記者が突撃!「大学時代の交際歴はない」「読んだ漫画は2万冊超」…その素顔に迫る
女性セブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
自転車で牧場を回られる陛下、雅子さま、愛子さま
愛子さまが御料牧場でタケノコ掘り、ご一家でのサイクリング、愛猫&愛犬…貴重な写真を公開
女性セブン
大谷翔平
大谷翔平の妻・真美子さんを悩ませる“悪質グッズ” ツーショット生写真や偽造免許証がフリマサイトに出品される
女性セブン
内田容疑者
橋から17歳女子高生を突き落とした内田梨瑚容疑者(21) 中学時代に起こしていた着替え画像拡散いじめ「ターゲットを激しく入れ替えて…」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
中村芝翫と三田寛子
三田寛子、夫・中村芝翫と愛人の“半同棲先”に怒鳴り込んだ「絶妙タイミング」 子供たちも大事な時期だった
週刊ポスト
高級寿司店でトラブルが拡散されたA子さん(寿司の写真は本人SNSより)
《高級寿司店と炎上の港区女子に騒動後を直撃》「Xの通知が一生鳴り止まないんじゃないか」大将と和解後の意外な関係
NEWSポストセブン