芸能

丹後、伊豆、函館…灯台から灯台へ 大原麗子さん出演映画の舞台を巡る

28歳で発症したギラン・バレー症候群の後遺症に悩んでいた

映画で大原麗子さんが暮らした灯台のなかから4か所をめぐる

 今年、生誕75周年になる大原麗子さんが出演した映画『新 喜びも悲しみも幾歳月』(1986年 監督/木下惠介)は、一家が転勤を繰り返しながら全国の灯台をめぐる物語でもある。映画で大原さんが暮らした灯台のなかから4か所をめぐる。

【あらすじ】
 灯台守夫婦の愛と労苦の歩みを描いた1957年の大ヒット作を名匠がセルフリメイク。加藤剛と大原麗子が夫婦役を演じる。灯台から灯台へと転勤するたびに山梨から訪ねてくる老父(植木等)との関係を軸に、ユーモアを交えながら、1973年から13年間の家族愛を描く。各地の灯台の雄姿と名所旧跡も見どころで、あの有名な主題歌も懐かしい。

●石廊埼灯台(静岡県)

石廊埼灯台(静岡県)

石廊埼灯台(静岡県)

 1975年に赴任した灯台は伊豆半島最南端に立つ。内部の一般公開は年2回だが、敷地は通年開放。灯台の先には石室(いろう)神社が鎮座する。

●経ヶ岬灯台(京都府)

経ヶ岬灯台(京都府)

経ヶ岬灯台(京都府)

 1898年に丹後半島最北端に設置され、第1等レンズを使用した希少な灯台。映画は一家がここから石廊崎への引っ越し準備をする73年3月から始まる。

●八丈島灯台(東京都)

八丈島灯台(東京都)

八丈島灯台(東京都)

 1980年、一家は八丈島に。円形灯台は島内最東端、石積ヶ鼻の高台にそびえる。

●恵山岬灯台(北海道)

恵山岬灯台(北海道)

恵山岬灯台(北海道)

 一家は八丈島から函館の官舎へ。この灯台は1890年に設置。周辺は現在、公園に。

 真面目で口数が少ない夫に対し、大原演じる妻はお喋りで明るい。突然訪ねてきては面倒をかける義父に嫌味を言いつつも世話を焼き、灯台守の妻は我慢の連続だと夫に愚痴りながらも「お喋りだった私が無口になっちゃった」と笑わせる。八丈島灯台を眺めて夕涼みをしながら夫が父親と一緒に暮らしたいと告げる場面は一大クライマックス。大原は長台詞で最高の演技を見せ、観る者に「こんな妻が欲しい」と思わせる。

(一部敬称略)

写真提供/大原政光

※週刊ポスト2021年11月19・26日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

堂本剛が退所するが光一とKinKi Kidsは継続か
《SMILE-UP.退所》堂本剛がそれでもKinKi Kids解散を選ばなかった理由「SNS全削除の覚悟」
NEWSポストセブン
田村瑠奈容疑者と容疑者親子3人が暮らしていた自宅
《ススキノ頭部切断事件》2月末で終了の留置期間、親子3人の鑑定結果「娘の責任能力により起訴はギリギリの判断、両親は法廷へ」【自宅はスプレー缶で落書き被害】
NEWSポストセブン
「昭和の親父」を演じる阿部サダヲと「令和のワーママ」役の仲里依紗(時事通信フォト)
ドラマ『不適切にもほどがある!』阿部サダヲの“名言”4選「やりすぎ令和」に刺さる「昭和からの教え」
NEWSポストセブン
亡くなった山本陽子さん。81歳だった
俳優・山本陽子さん(81)逝去 「悪女」役で人気、晩年は熱海でおひとりさまミニマル生活 CMしていた山本海苔との契約はギネス記録に
NEWSポストセブン
元店員がTwitterに(現X)投稿したLINEのスクショ画像
大阪王将「ナメクジ大量発生」投稿の元店員「威力業務妨害で逮捕」でどうなる 識者は「刑事は不起訴でも民事で損賠請求される可能性」指摘
NEWSポストセブン
MVP受賞を称える夕食会での大谷翔平(時事通信フォト)
大谷翔平、身につけるものから伝わるこだわりや信念 フォーマルファッション、愛犬の服など“私物のお値段”
週刊ポスト
ピエール瀧と伊勢谷友介
伊勢谷友介とピエール瀧が同日に“事件後初の舞台挨拶”登場 薬物事件からの復帰に待ち受ける「茨の道」
NEWSポストセブン
逮捕された細谷夫婦
【浅草・4歳女児毒殺妻の“裏の顔”】親子で「ちいかわ」ペアルック外出も、自宅では夫に「お茶を作りに戻れ」「殺せー!」と絶叫
NEWSポストセブン
渦中の万木議員と中川議員
《滋賀・車中での不適切行為裁判に判決》男性市議に提訴された女性市議が敗訴 決め手となった「写真」の存在【双方直撃】
NEWSポストセブン
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
雅子さま、チャールズ国王のがん公表で訪英プランが不透明に よみがえるのは“エリザベス女王対面できなかった”寂しい記憶
女性セブン
かつての“氷上のプリンセス”のデート現場をキャッチ
元フィギュア村主章枝「ビリビリ破れたパンツ」でイケオジと西麻布ワイルドデート
NEWSポストセブン
長谷川京子が恋人と旅行に出かけた
長谷川京子、“大事な人と必ず訪れる大切な場所”タイに6才年下の恋人と旅行 浮かれて突っ走ることはない大人の恋
女性セブン