ライフ

窒息や誤嚥の原因となる「おでん」 こんにゃくを飲み込む際は特に注意

年齢を重ねるほど「おでん」のリスクには注意が必要(写真はイメージ)

年齢を重ねるほど「おでん」のリスクには注意が必要(写真はイメージ)

 ショートステイで施設を利用した75歳の男性に悲劇が起きたのは、職員の介助を受けて、昼食の「おでん」を食べている時だった。突然、苦しそうな表情で「うー」という声を発したのだ。発見した職員が、口の中を覗いたが何も入っていないように見えたため、背中を叩くタッピングという処置をしたが、状態は改善せず。

 駆けつけた看護職員が再び男性をタッピングしたところ、2センチ大の「はんぺん」が2つ出てきた。その後、消防署から出動した救急隊員が男性の喉からさらに「はんぺん」と「こんにゃく」を1つずつ除去したものの、男性は窒息が原因で亡くなってしまった。

「おでん」によるこの窒息事故は、2004年に介護職員の過失が問われ、名古屋地方裁判所は、こんにゃくやはんぺんなどは「嚥下障害の患者に向かない食べ物である」と指摘。食事介助の際に細心の注意を怠ったとして、慰謝料と葬儀費用として合わせて約2400万円を遺族に支払うよう命じた。

 年齢を重ねるほどに「おでん」のリスクには注意が必要だと、心越クリニックの岩間洋亮院長は話す。

「おでんの具材は窒息や誤嚥の原因となるものが多い。実際、私の病院でも、こんにゃくを喉に詰まらせたお年寄りが担ぎ込まれたケースがありましたし、往診で救命したことも今までに何度もあります」

 東京消防庁のデータによると冬場は65歳以上の餅による窒息事故が圧倒的に多い。年末が近づくにつれ餅についての注意喚起はさかんになされるようになっているが、同じく冬の風物詩である「おでん」による窒息リスクにも目を向ける必要があると説く専門家は少なくない。

「おでんは、歯が抜けて数が少なかったり、噛む力が弱っていたりする高齢者には非常に危険な食べ物です」

 そう注意を促すのは、みえ呼吸嚥下リハビリクリニックの井上登太院長だ。

「おでんはいろいろな具材を一度に食べられる手軽な人気メニューですが、窒息リスクに注意するべき具材がたくさん入っている料理でもあります。こんにゃく、はんぺん、牛すじ、しらたき、がんもどき、ちくわ、さつま揚げ、ゆで卵……高齢者にとっては、ほとんどの具材が喉に詰まる可能性を心配しなくてはならないものです」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
注目を集めるNHK吉岡真央アナ
「ポスト和久田麻由子アナ」候補のNHK吉岡真央アナ 替え歌ダンスで“キャラの強さ”際立つ
週刊ポスト
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
吉田拓郎(右)が、“同期”の小田和正と歴史的コラボ
吉田拓郎 ラストアルバムで小田和正と“歴史的コラボ”を実現させた狙い
週刊ポスト
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト