ライフ

窒息や誤嚥の原因となる「おでん」 こんにゃくを飲み込む際は特に注意

“いつもの食べ方”が窒息や誤嚥を招く

“いつもの食べ方”が窒息や誤嚥を招く

 井上氏は、冒頭の事故の裁判で争われたこんにゃくの危険性についてこう話す。

「まず、こんにゃくは、噛む力が弱ってきている高齢者にとってはとても噛みづらい。とくに高齢になると奥歯が抜けやすいですが、奥歯がなければすり潰すこともできない。

 当該の介護施設では、こんにゃくを2~3cm程度の大きさに切り分けていたようですが、亡くなった方は総入れ歯だったそうで、うまく噛んだりすり潰したりして小さくすることができず、その大きさのまま飲み込んで喉に詰まらせてしまった可能性が考えられます」

 2006年から2008年にかけて、子供がこんにゃく入りゼリーを喉に詰まらせて死亡する事故が相次いで社会問題になったこともある。

「普通のゼリーは柔らかいので喉をスッと通っていきますが、こんにゃくの成分などが入ることで硬くなります。こんにゃくゼリーでは喉が細い小児が亡くなるケースが多かったのですが、高齢者の場合、同じことがおでんのこんにゃくでも起こり得るのです」(同前)

 一連の事故を受け、消費者庁は東京消防庁と連携して4000件以上の窒息事故を詳細に分析・調査している。その結果、「重症以上の割合が50%以上」の食品の上位に、「こんにゃく」が入り、重症の割合は50%だった。

 このデータを見ると、他にも、おでんの具材となる「しらたき・糸こんにゃく」(71.4%)、「タコ」(66.7%)が窒息事故に際しての重症化割合が高くなっていることがわかる。タコはこんにゃくと同様、噛み切れずに喉を詰まらせるタイプの具だ。

 具のサイズも関係してくる。

「大根、タコ、牛すじ、うずらの卵は、口に入れる際に1個1個がちょうど喉に詰まって窒息を起こしやすい大きさになります。おでんは、熱いうちに食べたいものですが、高齢者が若い頃の感覚でゴクンとやってしまうと、とても危ない」(前出・岩間氏)

※週刊ポスト2021年12月3日号

関連キーワード

関連記事

トピックス

盗難被害を告白した木下
TKO木下隆行がベトナムで270万円の盗難被害、防犯カメラにおさめられた悪質手口の一部始終
NEWSポストセブン
コンサート終了後、ファンとのやりとりを楽しんだマッキー
槇原敬之「胸を張って槇原ファンを名乗れなくさせてしまった」涙と感謝の再始動
NEWSポストセブン
メディアの前に久しぶりに姿を現したブラザートム(撮影/黒石あみ)
ブラザートムが不倫騒動・事務所独立からの今を語る「娘にはよくハガキを書いてあげるんです」
NEWSポストセブン
元TBSアナウンサーの林みなほ(オフィシャルサイトより)
元TBS・林みなほアナ離婚、インスタで匂わせていた「貧乳源一郎」との別れ
NEWSポストセブン
高橋真麻
高橋真麻「おでんの卵8個食べても太らない」女性が憧れる美スタイルの理由
NEWSポストセブン
眞子さまの箱根旅行のお姿。耳には目立つイヤリングも(2018年)
小室圭さんの妻・眞子さん 華やかだった4年前の「箱根・女子旅ファッション」
NEWSポストセブン
「タレントパワーランキング」で公表された「F1層(20~34歳女性)に人気のタレントランキング」(2021年11月調査)で堂々の1位を獲得
戸田恵梨香、ファン歓喜の「仕事復帰」 夜の路上で輝いたクールビューティー
NEWSポストセブン
小室圭さんと眞子さん
小室圭さん妻・眞子さんがNYで行きつけのスーパーから見えてきた“妻の気遣い”「日本でいえば『成城石井』」 
NEWSポストセブン
乗馬シーン撮影のため、俳優はどのような指導を受けているのか
大河ドラマに欠かせない乗馬シーン 堺雅人も小栗旬も松本潤も1年前から練習
週刊ポスト
ご体調への不安が募る(写真/JMPA)
雅子さまと愛子さま、“ポツンと一軒家”の孤独感 閉ざされた御所での巣ごもり生活
女性セブン
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
小泉孝太郎 炎上必至の「古風な結婚感」明かすもバッシングされなかった理由
NEWSポストセブン
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン