芸能

『じゃない方の彼女』で本領発揮 主演・濱田岳の卓越した“表情”

(時事通信フォト)

不倫夫のコミカルさと哀愁を好演(時事通信フォト)

 不倫をテーマにした連続コメディドラマ『じゃない方の彼女』(月曜夜11時6分〜、テレビ東京系)で、主演を務める俳優・濱田岳の演技が話題だ。これまでも演技力に定評があることで知られてきた彼は、新作主演ドラマで新たな魅力を発揮している。人気の秘訣を探った。

『じゃない方の彼女』は、どこにでもいる普通の人生を送ってきた大学教員の主人公・小谷雅也(濱田岳)が、妻・麗(小西真奈美)がいながら女子大生・野々山怜子(山下美月)との不倫に手を染めていく三角関係をコメディタッチで描いたドラマ。

 企画・原作は『あなたの番です』(日本テレビ系)や『漂着者』(テレビ朝日系)をはじめ多数の話題作を手がけてきた秋元康氏が担当。不倫というシリアスなテーマを題材としつつ、「○○じゃない方」という視点を持ち込むことで、視聴者の笑いを誘う作品に仕上げている。

 中でも、主人公を演じる濱田岳に注目が集まっている。11月16日に放送された第6話では、不倫相手と“一線”を超える展開を見事な演技で披露した。視聴者からは「憎めない」「ハラハラドキドキする」「やっぱり実力あるなあ」といった声が相次いで寄せられている。

 濱田岳はドラマの中でどんな魅力を発揮しているのか。『じゃない方の彼女』をレビューし続けているエンタメ系ライター・あまのさき氏は「ともすれば“クズ男”になりかねない不倫夫役を愛嬌ある存在に昇華している」と濱田岳を称賛する。

「特筆すべきはその表情。運命の相手かもしれない教え子の怜子(山下美月)と出会い、様々な偶然が重なって距離が縮まっていく過程の戸惑いとまんざらでもなさそうな様子は秀逸です。

 印象に残っているのは、第1話、大学構内のエレベーターでのシーン。雅也の時計に怜子のカーディガンが引っかかってしまったときの、混乱と惚けの真ん中にあるような表情は絶妙でした。その後、雅也だけを乗せたエレベーターが急上昇したことから、無事に怜子に心を奪われたものと解釈できるのですが、それでもだらしなくもいやらしくもならないのは濱田さんだからこそといえるでしょう。

 また、第3話で怜子と成り行き上、一夜を共にしてしまったあとのおどおどとした様子には、『何やってんだよ!』と突っ込みつつも、もはやかわいらしさすら感じてしまうほど。仮に自分の旦那が知らぬ女性と……ということがあったとしても、あの段階では未遂でしたし、こんなにも動揺していたことを知れば許せてしまうかもしれません。濱田さんが演じる雅也には、“クズ男”とは少し違う愛嬌がたしかに見え隠れしています」(あまのさき氏)

関連キーワード

関連記事

トピックス

銀行詐欺容疑でアメリカ連邦検察から訴追された水原一平氏(39)
《大谷翔平の信頼を悪用》水原一平容疑者「運転中マリファナ所持」違反の過去 「わざわざ調べない」「ドジャースも見過ごすレベル」検挙歴の影響
NEWSポストセブン
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
《独自》大谷翔平、ハワイの25億円リゾート別荘を購入へ 練習施設が併設されオフシーズンに滞在する計画も
女性セブン
三田寛子が意味深投稿(公式インスタグラムより)
《中村芝翫が2年ぶり4度目の不倫》報道当日に妻・三田寛子が〈悪意の嘘〉とインスタグラムに意味深投稿
週刊ポスト
いなば食品の社長(時事通信フォト)
いなば食品の入社辞退者が明かした「お詫びの品」はツナ缶 会社は「ボロ家ハラスメント」報道に反論 “給料3万減った”は「事実誤認」 
NEWSポストセブン
水原一平容疑者は現在どこにいるのだろうか(時事通信フォト)
《独自》極秘帰国していた水原一平容疑者宅は“居留守”状態「あなたに会いたくないと言っている」「2匹の犬の鳴き声」玄関前には「お〜いお茶」のダンボール
NEWSポストセブン
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
Sexy Zone改め「timelesz」菊池風磨、松島聡、佐藤勝利が3人揃って会員制サウナで決起集会 サウナと水風呂を何セットも繰り返し気合を入れる
女性セブン
曙と真剣交際していたが婚約破棄になった相川勇
《元横綱の曙さん死去》交際中に「婚約破棄」騒動の女優・相原勇の今「結婚信じて全レギュラー降板」20年ぶり再会で誓ったこと
NEWSポストセブン
小保方晴子さんが
《STAP細胞騒動から10年》小保方晴子さんが「極秘結婚」 お相手は有名企業勤務の “敏腕科学者”
女性セブン
「株式会社嵐」を設立したメンバー(2019年11月撮影)
「株式会社嵐」社長就任の“敏腕弁護士”が明かした設立経緯と今後の展望「5人の意思表明として会社を作った」「メンバーがSTARTO社と話すにあたってサポート」
NEWSポストセブン
Ayase(右)にとって、音楽の入り口はEXILEだったという(写真はAyaseのインスタグラムより)
ホワイトハウスに招かれたYOASOBI・Ayase「高校中退」「大病」「何年も続いた極貧生活」からの“逆転人生”
女性セブン
司忍・六代目山口組組長(
時事通信フォト)
【山口組と能登半島地震】「48時間以内に現地入り」「300人前の豚汁、うどんの炊き出し」テレビ・新聞では報じられない「ヤクザとボランティア」
NEWSポストセブン
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
「週刊ポスト」本日発売! 厚労省が削除していた「紅麹の警告」ほか
NEWSポストセブン