ライフ

うに、しらす、鮭、筋子、塩鰹…新米をごちそうにする極旨の10品

otomo

『雲丹のり』。一度食べたらやみつきになる「魔法の一品」を紹介

 新米が出回るこの時期は、ご飯がとりわけ美味しい季節。そんなお米をさらにごちそうにする“魔法の一品”を食の達人たちに教えていただきました。

●『雲丹のり』大邦物産 160g 648円

otomo

うにとのりの贅沢なハーモニー

 高級食材のうにと磯の香り豊かなのりの佃煮がひとつになった、豪華なお供。
「上部のうにと下部ののりをそれぞれ食べてもいいし、混ぜてもおいしい。1瓶で何通りも楽しめます」(お取り寄せ生活研究家・aiko*さん)

●『鮭荒ほぐし(無着色)』佐藤水産 165g 988円

otomo

手間をかけてほぐした身がおいしさの秘密

 北海道産天然鮭を、焼き上げてから手作業でほぐすのが旨みを閉じ込めるためのこだわり。
「飽きのこない素材重視の味わい。甘みの強い『ゆめぴりか』が、鮭の塩気とぴったり」(料理研究家・秋元薫さん)

●『万能調味料 海老三昧』幸徳堂 70g 594円

otomo

噛むほどにえびの旨味が広がる

 日生産のがらえびを丸ごと使ったオイルふりかけ。塩昆布とかつおぶしの旨みも加わり、調味料として料理にも重宝する。
「想像以上のえびの旨みに驚愕! 塩味はしっかりあるけど、角のとれたまろやかな塩辛さなのもいい」(ごはんのお供専門家・長船クニヒコさん)

●『釜揚げしらす』紋四郎丸 286g 1000円

otomo

ふわふわのしらすは塩分と甘みが絶妙

 湘南の海で捕れたしらすをその日のうちに釜揚げ。
「しっとりふわふわの口当たりがたまりません。1杯目はそのまま、2杯目はねぎやしょうがなどの薬味と一緒にご飯の上へ」(料理家・飛田和緒さん)

●『万能 塩鰹茶漬け』三角屋水産 100g 1080円

otomo

塩鰹の香りが食欲をそそる

 西伊豆の郷土料理『塩鰹』をお茶漬けに。
「粒が大きく粘りのある『ゆめぴりか』は、1粒1粒ほぐれやすく、お茶漬けとの相性がいい」(おにぎり協会代表理事・中村祐介さん)

関連記事

トピックス

小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
小室佳代さん第二の金銭トラブル1600万円「貢いだお金」は取り戻せるのか 弁護士の見解
NEWSポストセブン
ボーダーのロングTシャツが印象的な天海祐希
天海祐希「共演者が飲み歩いても我関せず」地方公演後のプロ意識
NEWSポストセブン
44枚の入札説明書
【入手】安倍氏国葬の入札に出来レース疑惑 受注した日テレ系1社しか応募できない「条件」だった 44枚の入札説明書で判明
NEWSポストセブン
空港でがっくり肩を落とす姿が目撃された吉田輝星(時事通信フォト)
日本ハム・吉田輝星がハプニング! チームの移動に「大遅刻」でビッグボスと同じ便
NEWSポストセブン
須藤弥勒と「横峯パパ」の秘密特訓に密着
天才ゴルフ少女・須藤弥勒のコーチに横峯良郎氏が就任 注目コンビの秘密特訓に密着
週刊ポスト
食欲旺盛がパワーの源になっている宇内梨沙アナ(写真ロケットパンチ)
TBSの次世代エース・宇内梨沙アナ「止まらない深夜のカツ丼爆食」に心配の声
NEWSポストセブン
岸田政権の行方は…(時事通信フォト)
トップが絶対に使ってはいけないフレーズ 岸田首相の口癖に学ぶ
NEWSポストセブン
山井氏の写真証(本人のインスタグラムより)
不倫・妊娠で辞任の34才女性社長 先代・父の評は「やっちゃう子」、歴代彼氏も全員親に紹介
NEWSポストセブン
佳代さんの過去が思い起こされる
小室佳代さん、再びのトラブルで思い出される艶やか年賀状「愛とカネ」56才魔性の女子力
NEWSポストセブン
閉店した江戸政
「生つくね」が看板の名店『江戸政』が98年の歴史に幕、生肉提供へのSNS批判に店主が発した「声明文」
NEWSポストセブン
安達祐実
安達祐実「コスメブランド」発表! 美容業界進出の陰に“断絶の母”のサポート
NEWSポストセブン
『一撃』がビジュアル系シーンに新たな風を吹き込む(公式サイトより)
ビジュアル系版ファーストテイク『一撃』にファン興奮 「V系は歌が下手」の偏見払拭へ
NEWSポストセブン