国内

「日本語の起源は中国東北部のキビ・アワ農家」 壮大な新説に注目

英科学誌『nature』掲載の論文より

英科学誌『ネイチャー』掲載の論文より

 日本語の元となる言語を最初に話したのは、約9000年前に中国東北地方の西遼河(せいりょうが)流域に住んでいたキビ・アワ栽培の農耕民だった──ドイツなどの国際研究チームが英科学誌『ネイチャー』に発表した研究論文の内容だ。歴史作家の島崎晋氏は、「事実であれば、何とも壮大」と指摘する。一体どういうことか。

 * * *
 小室眞子さん、圭さん夫妻の出国が決まり、騒動にひと段落がついたかに思えた11月13日、まったく異なるジャンルのニュースがネット上をざわつかせた。〈日本語の原郷は「中国東北部の農耕民」 国際研究チームが発表〉──同日午後3時に配信された『毎日新聞』電子版の見出しである。また、これより前に配信された韓国紙『ハンギョレ』日本語版の見出しには次のようにあった。〈韓国語と日本語の起源、遊牧民ではなく遼河の農夫たちの言語〉。

 どちらの記事も、国際的な権威をもつ学術誌『ネイチャー』に同月10日に掲載された論文「トランスユーラシア語族のルーツは農業にあった」をネタ元とするが、この論文タイトルを見ても、多くの日本人はチンプンカンプンに違いない。

「トランスユーラシア語族」という専門用語からして、馴染みがない人がほとんどだろう。昭和生まれの人には、「ウラル・アルタイ語族」の「アルタイ語族」の言い換えと説明すればよいかもしれない。言語学上の専門用語である。

 言語学のなかには、特定言語の起源を探求する比較言語という分野がある。ドイツを中心とする近代ヨーロッパで盛んになったが、ヨーロッパ発の学問である性格上、インド・ヨーロッパ語族(インドからヨーロッパの大半の地域に分布する語族)の調査・研究は著しく進展しながら、それ以外はおざなりの状態が続いた。東アジアで言うなら、日本や中国、韓国など出身の研究者層が質と量の両面である程度厚くなるまで待たねばならなかった。

 その間に、インド・ヨーロッパ語族以外の枠組みの見直しも進んだ。ウラル語とアルタイ語を同系とする見方はおかしく、アルタイ語という命名もヨーロッパ中心の価値観が露骨だというので、「横切って」を意味するラテン語を借りて「トランスユーラシア語族」という名称が新たに創作された。

 

 

関連キーワード

関連記事

トピックス

自撮りする岡田容疑者(インスタグラムより)
《サイン偽造の疑い》ぱんちゃん璃奈を逮捕「本業で1円も稼いでない」ぶっちゃけていた懐事情と「パチンコ夢中」発言
NEWSポストセブン
子供達に罪はない(公園に貼られた張り紙)
【公園廃止】「子供の声がうるさい」と意見したのは国立大学名誉教授 市役所は忖度か
NEWSポストセブン
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
オコエ瑠偉はこれで終わらない「楽天のロッカーから荷物が消えて…」現役ドラフトの目玉に
NEWSポストセブン
九州場所
九州場所「着物美人」の隣にいたのは「溜席の妖精」に似た別人だった 本人は「普段からあんな感じです」と告白
NEWSポストセブン
橋本環奈
橋本環奈、熱愛報道から“逃げない姿勢”で好感度アップ 世代問わず支持される理由
NEWSポストセブン
本気なのか(時事通信フォト)
アンジャッシュ渡部建、復活の兆し 芸人仲間の「いじりネタ」とグルメキャラで浮上か
NEWSポストセブン
本田圭佑監督か
サッカー日本代表「次の監督は本田圭佑」に期待する声 実現への“最大の壁”は
週刊ポスト
本田圭佑氏の解説は多くの注目を集めた(写真=JFA/AFLO)
ゴミ拾い騒動、効きすぎエアコン…ピッチ外でも話題多数のW杯
週刊ポスト
1987年の結成以来、35年にわたって旧統一教会と対峙してきた全国弁連
旧統一教会と対峙する霊感商法対策弁護団の戦いの歴史 転機となった「青春を返せ」訴訟
週刊ポスト
(C)「完全に詰んだイチ子はもうカリスマになるしかないの」製作委員会
【インタビュー】『カリスマ壱子』ドラマP務めるMEGUMI「女性の成功を描きたかった」
NEWSポストセブン
話を聞いた男性。ビラを隠すように巻いた
習近平退陣デモを目撃した在日中国人が予言「この運動はあと2週間で終わる」
NEWSポストセブン
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
雅子さま、“見えざる病欠”連発が愛子さまに影響も ご自覚が揺らいでしまう懸念
女性セブン