芸能

推定資産15億円の役所広司 都内豪邸の「隣の土地」を購入検討の狙い

(時事通信フォト)

(時事通信フォト)

 押しも押されもせぬ日本を代表する俳優の役所広司(65才)。すべてを手に入れたように見える一方で、趣味が高じた自宅の“拡大計画”は止まらない。だが、65才の役所にとっては後々、憂いを残すかもしれない。

「じいさんのロードムービーがやりたいです。もう、いいじいさんになってきたので(笑い)」

 11月21日、『TAMA映画賞』の授賞式で、最優秀男優賞に輝いた役所は今後の目標をそう明かした。20才のときに観劇した劇団俳優座の舞台『どん底』に衝撃を受け、演技の道を志してからすでに45年──日本トップレベルの名優は、プライベートに目を向けると“じいさん”と自虐するには早すぎるほど野望は尽きないようだ。

「都会のオアシス」として親しまれている、緑豊かな都内の閑静な住宅街。四季折々の自然を楽しめる散歩コースのところどころにヨーロッパ風のカフェや雑貨店が充実し、小学校から大学まで教育施設が並ぶ。その一角、ゆるやかな坂道を上ったところにある、白い壁で覆われた3階建ての豪邸が役所の自宅だ。

「純和風の造りで、まるで高級料亭と間違えそうになるほどの風情あるたたずまいです。立派な日本庭園は、役所さんのこだわりがつまっているといいます」(芸能関係者)

 近隣住民が話をつなぐ。

「いまから20年ほど前に、役所さんが引っ越してきました。その時点で築50年は過ぎていた邸宅があったんですが、役所さんがいたく気に入って、購入を決めたと聞いています。とはいえかなりガタがきていたみたいで、早々にいろいろと工事をしていましたね。引っ越し翌年には、隣地を買って増築。いまから5年ほど前にも、大きく増改築していました」

 そうして“自分の城”を作り上げた役所だが、最近になってこんな話が持ち上がっているという。

「実は、近々新たにお隣の土地が空く予定があるそうで、その土地を購入するか悩んでいるそうなんです。自宅の増改築は役所さんの趣味のようなものですが、それを継ぐ人にとっては相続という厄介事になりかねません。役所さんもさまざまなことを考えていると思います」(前出・芸能関係者)

「役所勤め」だったから“役所”広司

 長崎県出身の役所は、高校卒業後に東京への憧れを胸に上京。公務員試験を受け千代田区役所に就職したが、遅刻を繰り返すような不良職員だった。そんなとき、知り合いからチケットを譲ってもらった『どん底』の舞台を見て俳優を志し、仲代達矢(88才)が主宰する演技塾「無名塾」の門を叩いた。「役所」という芸名は、役所勤めをしていたからという理由で仲代がつけたものだ。

関連キーワード

関連記事

トピックス

度重なる不倫が報じられてきた歌舞伎役者の中村芝翫
【凄絶不倫】中村芝翫「アンジェリーナ・ジョリー似から熊田曜子似まで」三田寛子とは全く異なる愛人のルックス「好みは妖艶タイプ」
NEWSポストセブン
内田容疑者とともに殺人容疑がかけられている19歳のA子。内田容疑者のSNSにはA子が頻繁に登場していた
共犯の19歳A子を“舎弟”と呼んだ内田梨瑚容疑者(21) 殺害直後、タバコ片手にノリノリで『非行少女』を歌う姿をSNSに投稿 「頬を寄せながら……」【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
草葉の陰で何を思うか
小澤征爾さん「お別れ会」に長男・小澤征悦と妻・桑子真帆アナは参加せず 遺産管理を巡り実姉との間に深い溝
女性セブン
訪英に向け、慎重を期されている(4月、東京・千代田区。撮影/JMPA)
【消せないトラウマ】雅子さま、訪英直前の記者会見は欠席か ロンドン到着後の日程も不透明 「慎重すぎるのでは…」との指摘も
女性セブン
殺人未遂容疑で逮捕された笹山なつき容疑者
《鹿児島2歳児カッター切りつけ》3月末に10人退職…“要塞”と揶揄される保育園の中で何が「口調の強い園長先生」「新卒職員が2カ月で髪ボサボサで保護者会に…」近隣住民語る10年前の異変
NEWSポストセブン
坂口憲二(時事通信フォト)
映画『キングダム』“第5弾以降”の撮影が7月に開始へ、坂口憲二が出演か 『教場』で共演した木村拓哉が復帰を後押し
女性セブン
殺人容疑で逮捕された内田梨湖容疑者(SNSより)
《強気な性格の私も愛して》内田梨瑚容疑者がSNSの写真転載にキレた背景に加工だらけのTikTok投稿【旭川・女子高生殺害】
NEWSポストセブン
「完封デート」の小笠原慎之介選手(時事通信)
中日・小笠原慎之介“北川景子似美女”と焼肉→ホテルの「完封デート」撮 “モテないキャラ”も育んでいた遠距離愛
NEWSポストセブン
自転車を取り締まる警視庁の警察官(イメージ、時事通信フォト)
自転車「逆走」が招く重大事故 ドライバーには「一時停止無視のママチャリ」も恐怖
NEWSポストセブン
殺人容疑で逮捕された内田梨瑚容疑者(SNSより)
《17歳の女子高生を殺害》昼は化粧品店で働いた内田梨瑚容疑者(21)が旭川の繁華街「未成年飲酒・喫煙」界隈で見せていた「ヤンキー系」素顔
NEWSポストセブン
三田寛子と中村芝翫夫婦の家で、芝翫と愛人が同棲しているという
【不倫真相スクープ】三田寛子、実家を乗っ取られた? 中村芝翫と愛人の生活が“通い愛”から同棲に変化 ガレージには引っ越しの段ボールが山積み
女性セブン
黄色の旗を掲げることで安否を確かめ合う「黄色い旗運動」
迷惑を最小限に抑える「理想の孤独死」を叶えるにはどうすればいいのか? 「早く見つけてもらう」ために活用すべき官民サービス、アプリなど
女性セブン