芸能

推定資産15億円の役所広司 都内豪邸の「隣の土地」を購入検討の狙い

ハウス食品『ザ・カリー』のCMで共演した役所夫妻(左はさえ子さん)

ハウス食品『ザ・カリー』のCMで共演した役所夫妻(左はさえ子さん)

「とはいえすぐに俳優として芽が出るわけもなく、お酒に溺れる日。そんなときに親身に面倒を見てくれたのが、同じ無名塾の先輩女優で、後に妻となるさえ子さんでした」(演劇関係者)

 すぐに転機を迎える。結婚から1週間後に大河ドラマ『徳川家康』(NHK)に織田信長役での出演が決まり、翌年には同じくNHKの『宮本武蔵』でテレビドラマ初主演を果たした。役者人生を大きく動かしたのは40才、1996年公開の映画『Shall we ダンス?』が日本アカデミー賞の各賞を独占し、役所は最優秀主演男優賞を獲得。空前の社交ダンスブームを巻き起こした。

 以降、『失楽園』や『劒岳 点の記』『日本のいちばん長い日』『三度目の殺人』といった重厚な作品から、三谷幸喜作品の『THE 有頂天ホテル』や『清須会議』といったコメディータッチの映画まで幅広く出演。現在はハリウッドにまで活躍の場を広げている。

 一方のプライベートでは、1985年にさえ子夫人との間に一男をもうけた。息子の名前は橋本一郎(36才)。役所と同じく役者の道を志し、『JIN -仁-』(TBS系)や『龍馬伝』(NHK)などに出演する傍ら、映画監督としても活動している。

「オダギリジョーさん(45才)や田中哲司さん(55才)、小林稔侍さん(80才)といった実力派の俳優ばかりが集う事務所に所属しています。役所さんは親の名前に頼らず、自分の力で勝負したい息子さんの考えを尊重しています。それゆえ、まだ顔と名前が一致しない人が多いでしょう。いい役者さんですけどね」(テレビ局関係者)

2階建てログハウスを手作りした

 私生活をあまり語らない役所は、休日に外出したりすることに消極的だという。

「仕事のスタンスとして、複数の仕事をかけもちすることを好んでいません。なので、1本作品を撮り終えたら、インターバルが空くことが多い。長く海外に行く人もいますが、役所さんの場合は、時間を忘れるほどに、何かに没頭して過ごすそうです。

 あるときは習字に凝って三日三晩書き続けたり。植木に凝ったときは、日に何度もガーデニングのお店に足を運んで質問攻めしたり。木工にハマったときには、プロ顔負けの道具を買い集めて、家具をDIYしたこともあったみたいです。役所さんご自慢の自宅の日本庭園も、そんな凝り性の結果なのかもしれませんね」(前出・芸能関係者)

 こだわりが高じて、ついには庭に手作りの2階建てログハウスまで建ててしまったというのだから驚きだ。いくら豪邸とはいえ、手狭になってしまうのも頷ける。「隣の土地は借金してでも買え」とは有名なことわざだが、役所はそれを地で行っている。

関連キーワード

関連記事

トピックス