• TOP
  • 芸能
  • 推定資産15億円の役所広司 都内豪邸の「隣の土地」を購入検討の狙い

芸能

2021.11.25 16:00  女性セブン

推定資産15億円の役所広司 都内豪邸の「隣の土地」を購入検討の狙い

(時事通信フォト)

(時事通信フォト)

 押しも押されもせぬ日本を代表する俳優の役所広司(65才)。すべてを手に入れたように見える一方で、趣味が高じた自宅の“拡大計画”は止まらない。だが、65才の役所にとっては後々、憂いを残すかもしれない。

「じいさんのロードムービーがやりたいです。もう、いいじいさんになってきたので(笑い)」

 11月21日、『TAMA映画賞』の授賞式で、最優秀男優賞に輝いた役所は今後の目標をそう明かした。20才のときに観劇した劇団俳優座の舞台『どん底』に衝撃を受け、演技の道を志してからすでに45年──日本トップレベルの名優は、プライベートに目を向けると“じいさん”と自虐するには早すぎるほど野望は尽きないようだ。

「都会のオアシス」として親しまれている、緑豊かな都内の閑静な住宅街。四季折々の自然を楽しめる散歩コースのところどころにヨーロッパ風のカフェや雑貨店が充実し、小学校から大学まで教育施設が並ぶ。その一角、ゆるやかな坂道を上ったところにある、白い壁で覆われた3階建ての豪邸が役所の自宅だ。

「純和風の造りで、まるで高級料亭と間違えそうになるほどの風情あるたたずまいです。立派な日本庭園は、役所さんのこだわりがつまっているといいます」(芸能関係者)

 近隣住民が話をつなぐ。

「いまから20年ほど前に、役所さんが引っ越してきました。その時点で築50年は過ぎていた邸宅があったんですが、役所さんがいたく気に入って、購入を決めたと聞いています。とはいえかなりガタがきていたみたいで、早々にいろいろと工事をしていましたね。引っ越し翌年には、隣地を買って増築。いまから5年ほど前にも、大きく増改築していました」

 そうして“自分の城”を作り上げた役所だが、最近になってこんな話が持ち上がっているという。

「実は、近々新たにお隣の土地が空く予定があるそうで、その土地を購入するか悩んでいるそうなんです。自宅の増改築は役所さんの趣味のようなものですが、それを継ぐ人にとっては相続という厄介事になりかねません。役所さんもさまざまなことを考えていると思います」(前出・芸能関係者)

「役所勤め」だったから“役所”広司

 長崎県出身の役所は、高校卒業後に東京への憧れを胸に上京。公務員試験を受け千代田区役所に就職したが、遅刻を繰り返すような不良職員だった。そんなとき、知り合いからチケットを譲ってもらった『どん底』の舞台を見て俳優を志し、仲代達矢(88才)が主宰する演技塾「無名塾」の門を叩いた。「役所」という芸名は、役所勤めをしていたからという理由で仲代がつけたものだ。

関連記事

トピックス