芸能

鬼束ちひろのビジュアルに影響を与えた「元カレと結婚相手」

2002年日本ゴールドディスク大賞で『月光』を披露した鬼束は当時21歳

2002年日本ゴールドディスク大賞で『月光』を披露した鬼束は当時21歳

 歌手の鬼束ちひろ容疑者(41)が11月28日、東京・渋谷区で救急車を蹴ったとして、器物損壊の疑いで警視庁に現行犯逮捕された。鬼束容疑者は「通行人に嫌味を言われ、パニックになって蹴ってしまった」と容疑を認めているといい、11月30日午後、東京湾岸署から釈放された。

 鬼束には“お騒がせ”というイメージがつきまとう。2000年に歌手デビューした鬼束は、同年リリースの2枚目のシングル『月光』で一躍脚光を浴びた。透明感と力強さを併せ持つ歌声と独特の世界観は多くのファンを魅了したが、一方で騒動とも呼べる話題も事欠かなかった。

 ファーストアルバムがミリオンヒットを記録し、20歳にして絶頂を迎えた鬼束だったが、音楽番組での「買っていたハムスターがうるさいのでベランダに放置したら熱射病で死んだ」といった発言に批判が殺到し、当時の所属事務所が謝罪する事態となった。

 また、短期間での成功は過労による体調不良とともにパニック障害も引き起こし、約8か月の休養を余儀なくされる。2003年になると今度は声帯結節を発症して活動休止。手術を経て復活した後も、事務所移籍と活動休止を繰り返すなど安定することはなく、2005年にはストーカー被害に遭い渋谷署が男を逮捕するという事件も起きた。

過激化する鬼束のメイク

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

2014年、映画『呪怨 −終わりの始まり−』の公開初日舞台あいさつに登場した鬼束ちひろ。主題歌を担当(時事通信フォト)

 2010年には当時交際中だった同棲相手の男に殴られて全治1か月の重症を負った。男は懲役2年6月の実刑判決を受けたが、鬼束と男が都内の雑貨店で出会ってすぐに同居を始め、同棲開始から2週間で起きた事件だったことも世間に衝撃を与えた。私生活がゴタゴタしたことも影響しているのか、この頃からメイクや衣装が派手になるなど、明らかに鬼束の見た目が変化している。タトゥーを入れ始めたのも同時期だ。

 さらに2012年、Twitterを始めた鬼束は〈あ~和田アキコ殺してえ〉〈なんとか紳助も殺してえ〉と過激な投稿を連発した。その後、所属事務所は「鬼束ちひろのTwitterでの発言につきまして、本人の大人げないいたずらな書き込みで波紋が広がり、問題の箇所は弊社にて即時削除致しましたが、関係各位に大変ご迷惑をおかけした事、世間をお騒がせした事に対し、深くお詫びを申し上げます」と謝罪している。2013年に『アウト×デラックス』(フジテレビ系)に初出演した際も奇抜なメイクとキャラが大きな反響を呼び、すっかり「変わった人」というイメージが定着してしまった。

ビジュアルに変化を与えたのは

 しかし、2015年頃から鬼束のビジュアルにまた変化が起きる。同年8月、自身が楽曲提供した新人歌手・花岡なつみのイベントにサプライズ出演し、それまでのイメージとは真逆のナチュラルなメイクとファッションを披露したのだ。

 ネット上でも〈鬼束ちひろが普通になった〉と驚きの声が相次いだが、その変化の裏には、もしかするとパートナーの存在があったのかもしれない。鬼束は2018年、約3年前に一般男性と結婚したことをInstagramで突然公表していた。〈夫はすごくいいいみでふつうなんです。過剰すぎる私のブレーキをかけます〉(原文ママ、以下同)とつづっていた通り、パートナーの存在が鬼束に落ち着きをもたらしたのだろうか。

 鬼束は〈ケンカしすぎで1ヶ月に5回くらい離婚しかける〉としつつも、〈喧嘩したら、ゆめきちに荷物をいれます。そしていえで。3じかんくらいで、三軒茶屋あたりでほかくされし〉〈シャモナベは旦那からのプレゼントです〉〈だんなにも家族にも皆様にも『ちいちゃん』とよんでいただいています〉などと幸せそうな結婚生活について明かしていた。

 2020年2月、デビュー20周年を迎えて初登場した『SONGS』(NHK総合)でもシックな黒いドレス姿で、いかにも正統派の歌姫といった雰囲気だった。

 私生活の変化が、見た目にも表れる鬼束。すっかり落ち着いたと見せかけて、今回の騒動だ。現在も婚姻関係が続いているのかは不明だが、“いい意味で普通”なパートナーによるブレーキは効かなかったようにも思われる。“過剰すぎる”鬼束はどこへ行く……。

関連キーワード

関連記事

トピックス

ヤクルトの若き主砲・村上宗隆(時事通信フォト)
ヤクルト・村上宗隆が史上最年少40号!「外れ1位」が清宮幸太郎をはるかに凌ぐ理由をスカウトが説明
NEWSポストセブン
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
かたせ梨乃が語る五社英雄監督「アメとムチの使い分けが上手な“父”でした」
週刊ポスト
役者として急上昇中(時事通信フォト)
『石子と羽男』有村架純・中村倫也の間の「おいでやす小田」 名バイプレーヤーの季節到来か
NEWSポストセブン
インタビューに応じた女子大生
「18歳女子大生」独占インタビュー【第1回】吉川赳議員のついたウソ「私の年齢に食いついた」「愛人契約しないか」
NEWSポストセブン
若い世代に邦ロックが流行している背景にTikTokの拡散力も(Getty Images)
邦ロックが再流行 Z世代に突き刺さる「TikTokの拡散力」と「エモい歌詞」
NEWSポストセブン
吉川議員の名刺を手にする女子大生
「18歳女子大生」インタビュー【第2回】吉川赳議員はホテルで「揉んじゃって御免なさい」「おじさんムラムラしちゃった」
NEWSポストセブン
背番号「12」を付けていた柴田貴広(現・大東文化大3年。撮影/藤岡雅樹)
佐々木朗希・高校3年の夏【前編】岩手大会決勝で投げた「背番号12」の思い
週刊ポスト
幹部補佐になっていた
「好きで好きで仕方なかったから」刺されたホスト、歌舞伎町で「幹部補佐」に昇進していた
NEWSポストセブン
シュガージャンキーから抜け出すためには
“シュガージャンキー”から抜け出すには?「抗酸化作用のある食材」を摂るのが重要
女性セブン
松田聖子を目撃
松田聖子、沙也加さんの初盆に“もう1つの遺言”と「新しいお墓」への願い
女性セブン
中林大樹の姿を目撃
竹内結子さん三回忌 中林大樹が子供のために決断、家族3人新生活は「海辺の街」で
女性セブン
「同伴的なので」と自分の意思を伝えた吉川議員
「18歳女子大生」インタビュー【第3回】吉川赳議員から大量の「LINEメッセージと電話」
NEWSポストセブン