国内

オミクロン株は何が違うのか ワクチン有効性判断に「2~3か月」とも

今までと何が違う?(写真/共同通信社)

今までと何が違う?(写真/共同通信社)

 11月11日にボツワナのコロナ患者から初めて検出された新たな変異株が、わずか2週間で世界保健機関(WHO)によって警戒レベルがもっとも高い「懸念される変異株」に指定され、オミクロン株と名付けられた。

 国外ではすでに感染例が相次ぎ、日本国内でも複数例の感染が確認されているが、オミクロン株は今までの変異株と何が違うのか。ウイルスに詳しい長崎大学大学院の森内浩幸教授が解説する。

「オミクロン株には、ウイルス表面の突起部分に32か所の変異が確認されています。国内で猛威を奮ったデルタ株の約2倍の変異です。この突起は『鍵』のようなもので、人間の細胞の表面にある『鍵穴』に結合して細胞内に入り込みます。変異で鍵が鍵穴にさらにフィットするようになると、細胞内に侵入しやすくなるため、これまでの変異株以上に感染しやすくなった可能性があります」

 南アフリカのハウテン州では11月12~20日までの感染者77人を調べたところ、すべてオミクロン株であったことが判明している。

 今、世界中で流行っているデルタ株を押しのけて、オミクロン株が広がっているということで、これまでもっとも感染力が強いとされたデルタ株を上回るのではないかと見られている。医療問題に詳しいジャーナリストの村上和巳氏はこう言う。

「香港で確認された2例は、国籍も入国ルートも異なる入国者が、入国者隔離専用ホテルの向かいの部屋に泊まっていただけで感染しています。2人ともワクチン接種済みだったため、ブレイクスルー感染だったこともわかっています。現在、世界で研究が進められていますが、こうした事例から感染力は非常に強いと考えられます」

ワクチンで感染は防げるのか?

 現行のワクチンは、最初の野生株(武漢株)をベースに作られたため、変異株が出現するたびに効果が少しずつ落ちてきている。

「変異を重ねたオミクロン株には、ワクチンなどでできる免疫から逃れる力があると予想されます。そのためブレイクスルー感染が懸念されています」(森内教授)

関連記事

トピックス

再び「フリー転身」が噂される日本テレビの水卜麻美アナ
水卜麻美アナ「フリー転身」の噂が再び日テレ社内で浮上 背景に久野静香アナの退社か
NEWSポストセブン
食事を受け取ってオフィスに戻る小室圭さん
小室圭さん3度め試験の詳細判明 「学歴エリートの彼なら大丈夫」エールの声
NEWSポストセブン
小林麻耶
小林麻耶 「國光真耶」への改名は小林家・両親との完全決別宣言か
NEWSポストセブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
「プーチン氏の後継者」に浮上、36歳大富豪の子息・コヴァリョフ氏の素顔
週刊ポスト
なぜ悠仁さまは最寄り駅近くから徒歩通学を?
悠仁さま、最寄り駅近くで送迎車降りて徒歩通学 「特別扱い求めない」ご意向か
週刊ポスト
薬局を視察する金正恩(写真/EPA=時事)
北朝鮮・金正恩がコロナ感染拡大を公表 「防疫部門は無能」発言に党幹部震え上がる
週刊ポスト
パチンコ店で時間を過ごす浅田舞
浅田舞、パチンコ店で合計6時間のスロット打ちに居合わせた客は「スマートな打ち筋」
NEWSポストセブン
布袋寅泰と今井美樹が食事
今井美樹、布袋寅泰のツアーにあわせて同伴帰国 「ロンドンひとり生活」に不安か
女性セブン
「月100万円しかない」という発言をした細田博之・衆院議長(時事通信フォト)
国会議員の歳費“2割カット”の詭弁 夏冬のボーナスは満額支給されていた
週刊ポスト
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
えなりかずき「俳優業ゼロ」泉ピン子の逆鱗に触れテレビ出演激減の今を尋ねた
NEWSポストセブン
三浦百恵さんはキルトを続ける
三浦百恵さん 三浦友和とのキューピッドだった「芸能界の父」と最後の別れ
女性セブン
プーチン大統領の体調に様々な指摘が(Getty Images=共同)
プーチン大統領の「健康不安説」 足を引きずって歩いている様子も確認
週刊ポスト