国内

マル暴刑事が振り返る 稲川会と住吉会の一触即発3年間と獄中の殺人告白

元マル暴・櫻井裕一氏が当時の事件について振り返る

元マル暴・櫻井裕一氏が当時の事件について振り返る

 元警視庁暴力団担当刑事・櫻井裕一氏は数々の暴力団関連捜査に携わった元有名刑事だ。自身の体験を新刊『マル暴 警視庁暴力団担当刑事』(小学館新書)にまとめた櫻井氏が、40年近く「マル暴刑事」一筋で過ごした熱い半生を語った。【全3回の第2回】

 * * *
 心は刑事、見た目はヤクザの出で立ちで、櫻井氏は名だたる大事件の捜査に加わっていく。

 極東会の五代目会長・松山眞一を引退に追い込むきっかけとなった2本の小指【エンコ】の捜査(※1)から、生活保護受給者を巧妙に使った山口組のシノギの追跡、全国で200億円以上の被害が出た岡本倶楽部事件……。マル暴としての華々しい経歴の白眉は、四ツ木斎場暗殺事件を皮切りに勃発した稲川会と住吉会の一触即発の3年間だろう。

【※1/2013年、60代の極東会系組長が、別の組織に属する組員に自宅に乱入され、小指を切断された事件。実行犯の組事務所にガサ入れすると、被害者の小指と、もう1本の別の小指が発見された】

 2001年8月、東京・四ツ木斎場で行なわれていた通夜に潜入した稲川会のヒットマンが、住吉会の大幹部2人を撃ち殺した。警視庁はただちに2人の実行犯を確保して両組織を手打ちさせたが、水面下の憎悪の炎は消し去れなかった。

 2002年2月、謎のヒットマンに襲撃されて重傷を負い、駒込の日医大病院に入院していた住吉会・幸平一家系組織の組長が、あろうことか病室で射殺されたのである(日医大病院ICU射殺事件)。

 駒込署のマル暴だった櫻井氏は捜査を主導し、その後に発生した前橋スナック銃乱射事件の解決にもつながる重要人物を逮捕、自供を得ることに成功した。

「四ツ木斎場から日医大、前橋スナック銃乱射は、1本の線で繋がっていました。日医大で身内の組長を射殺し、スナックで稲川会系の元組長を襲撃して3人もの一般人の命を巻き添えにした男を、社会に野放しにしておくわけにはいきませんでした」

関連キーワード

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト