スポーツ

ライコネンがF1引退 日本人はなぜ「アイスマン」を愛したのか

アルファロメオでの最終戦はリタイアに終わった(dpa/時事通信フォト)

アルファロメオでの最終戦はリタイアに終わったがファンはその走りを支持した(dpa/時事通信フォト)

 2021年のF1は奇跡のような最終戦で激動のシーズンを締めくくった。このレースで「ドライバー・オブ・ザ・デイ」に選ばれたのは、引退レースとなるキミ・ライコネンだった。42歳の現役最年長ドライバーはなぜこれほどファンに愛されたのか。F1を追い続けるライター・砂田明子氏が指摘した。

 * * *

「容姿端麗」で男性ファンも多かった

 レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンがラスト1周で勝利をもぎ取り、チャンピオンに輝いた今年のラストレース。ファン投票による「ドライバー・オブ・ザ・デイ」にはキミ・ライコネンが選ばれた。チャンピオン争いに注目が集まる一方で、42歳の現役最年長ドライバーの引退レースを世界中の多くのファンが惜しみながら見守ったということだろう。個人的にはフェルスタッペンをこれ以上ないほど予選からアシストしたぺレスでもよかったと思うが、ファンが選んだのはライコネンだった。本当に愛されたドライバーだった。

 かくいう私も、20年来のライコネンファンである。

「どうせ顔でしょ?」

 私がF1ファンでライコネン推しだと表明すると、こういう反応をする人はいた。

 この反応はある意味正しい。だってライコネンは美しいから。しかし、ある意味で正しくない。顔以上に、惹きつけられる理由があるからだ。ライコネンには男性ファンも多いし、今回のドライバー・オブ・ザ・デイが示すように、世界中にファンはいる。母国フィンランドでは英雄で、ライコネンの自伝(『知られざるキミ・ライコネン』)は人口550万人の国で20万部売れたという。

妻のミントゥ・ヴィルタネンさん、長男のロビンくん、長女のリアナちゃんとともに(dpa/時事通信フォト)

妻のミントゥ・ヴィルタネンさん、長男のロビンくん、長女のリアナちゃんとともに(dpa/時事通信フォト)

 ライコネンの魅力の一つは、言うまでもないことだが、その速さだ。2002年にマクラーレンに移籍した時、まずその純粋な速さに魅せられて、私はライコネン推しになった。2003年には皇帝ミハエル・シューマッハを2ポイント差まで追い詰め、2005年にはチャンピオンになったフェルナンド・アロンソと並ぶ勝利数を挙げている。2007年、フェラーリへの移籍一年目で初戴冠。

 17位からスタートし、ファイナルラップの1コーナーでフィジケラをアウトからオーバーテイクして勝った2005年の鈴鹿グランプリを、ライコネンのベストレースに挙げるファンは多い。現地で目撃した私からすれば、あれを見て彼の虜にならないのは難しいと思う。日本人ファンの心をがっちりと掴んだ瞬間だった。

関連記事

トピックス

京都の街を歩く舞妓のイメージ(写真/イメージマート)
元舞妓の〈16歳飲酒〉〈お風呂入り〉告発に、花街関係者も衝撃「未成年飲酒には厳しく対応しているはず」
NEWSポストセブン
前田敦子と篠田麻里子の女子会姿をキャッチ
前田敦子、篠田麻里子と六本木で4時間半女子会 元夫・勝地涼との関係は良好に
女性セブン
渡部
アンジャッシュ渡部建「応援の声」が増加 本格復帰は「グルメ路線」が現実的か
NEWSポストセブン
小泉を「ネエさん」と慕う満島(右)
ドラマで共演の満島ひかりと小泉今日子 意気投合した“私が男に飽きる時”
女性セブン
息の合ったコンビだった
『相棒』復帰の寺脇康文、登場シーンどうなる スーツ姿?警察学校で再教育?
NEWSポストセブン
謎めいたバッグを持つ広末涼子
広末涼子、“破壊力強すぎ”コーデは健在「背中に蜘蛛」私服に続き目撃された「謎バッグ」
NEWSポストセブン
すでに胴上げも(写真/共同通信社)
阪神逆転優勝「無理ではない」とOB 課題は鬼門の広島、心強い味方は巨人か
週刊ポスト
有権者に選ばれて当選したわけではない比例復活議員の中には…(時事通信フォト)
パパ活飲酒・吉川氏だけじゃない「比例復活ゾンビ議員」たちの不適切行為
週刊ポスト
結婚し、日本メディアが情報をキャッチしづらいNYで、デイリーメールが追跡取材(写真/JMPA)
小室圭さん・眞子さん夫婦が「離婚で終わったとしても…」英デイリー・メールが報じた「茨の道」
NEWSポストセブン
氷川きよしの買い物を目撃
氷川きよしが庶民派スーパーに!“圧倒的なオーラ”と“無駄のない動き”に感動
女性セブン
なぜ小室圭さん・眞子さん夫婦にこだわるのか?(時事通信フォト)
小室圭さん・眞子さん夫婦を追い続ける英紙「デイリー・メール」執念の源泉
週刊ポスト
吉川赳・衆院議員は執拗に“悪あがき”を…(写真は騒動の夜)
パパ活飲酒・吉川議員の“悪あがき” 女子大生のバイト先に押しかけていた
週刊ポスト